CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『バッド・ママ』は、米盤BDで観るしかない | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 5月10・12日発売分 >>
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(レンタルBD)
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

原題:Rogue One (2016)
上映時間:2:13:57
2016年12月16日 国内劇場初公開
公式サイト:http://starwars.disney.co.jp/movie/r1.html

劇場レビュー:2016.12.21 Wednesday ローグ・ワン/
 スター・ウォーズ・ストーリー(3D字幕+Dolby Atmos)


ゴウ先生総合評価: A-
  画質(2.39:1): A+/A
  音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+/A
  英語学習用教材度: A

 

『スター・ウォーズ』シリーズの実写映画スピンオフ作品第1弾。

 

主演は、『博士と彼女のセオリー』(2014)でアカデミー主演女優賞にノミネートされた、『エレン・ターナン 〜ディケンズに愛された女〜』(2013)『インフェルノ』(2016)のフェリシティ・ジョーンズ

 

準主演は、『天国の口、終りの楽園。』(2001)『ターミナル』(2004)『ミルク』(2008)『エリジウム』(2013)のディエゴ・ルナ

 

共演は、ベン・メンデルソーンドニー・イェンチアン・ウェンアラン・テュディックリズ・アーメッドマッツ・ミケルセンフォレスト・ウィテカー

 

ジェームズ・アール・ジョーンズが、ダース・ベーダ―の声を担当。

 

監督は、『モンスターズ/地球外生命体』(2010)『GODZILLA ゴジラ』(2014)のギャレス・エドワーズ

 

脚本は、『アバウト・ア・ボーイ』(2002)でアカデミー脚色賞にノミネートされた、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(2007)『ニュームーン/トワイライト・サーガ』(2009)『シンデレラ』(2015)のクリス・ワイツ、『フィクサー』(2007)でアカデミー監督賞・脚本賞にノミネートされた、『ディアボロス/悪魔の扉 (1997)『プルーフ・オブ・ライフ』(2000)『ボーン・アイデンティティー』(2002)『ボーン・スプレマシー』(2004)『ボーン・アルティメイタム』(2007)『デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜』(2009)『消されたヘッドライン』(2009)『ボーン・レガシー』(2012)のトニー・ギルロイ

 

原案・製作総指揮は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)『ランゴ』(2011)の視覚効果を担当したジョン・ノール、『ザ・ウォーカー』(2010)『アフター・アース』(2013)の脚本を書いたゲイリー・ウィッタ

 

アカデミー賞では、視覚効果賞・音響賞(調整)にノミネート。

 

☆英語字幕つきBDで観直す

 

昨年12月にTOHOシネマズ日本橋において3D字幕+TCX・ドルビーアトモス上映で本作を観たときは、実に悲惨でした。ボケボケでクロストークだらけの3D映像に、大味の音声のおかげで、最初から最後まで作品に集中できなかったのです。とても本作の本領を味わった気にはなれませんでした。

 

そのため、Blu-ray Discが出たら観直したいとおもっていました。ディズニー製BDですから、英語字幕もついています。そこで、4月28日にリリースされたBDを、貧乏英語塾長は高すぎて購入できないので、レンタル盤(2D通常盤の本編ディスク)を借り出すことにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

舞台は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)直前の銀河系宇宙。

 

ダース・ベイダー(声:ジェームズ・アール・ジョーンズ)擁する帝国軍は、究極兵器「デス・スター」を完成しようとしていました。その圧倒的な破壊力をもって、銀河全体を恐怖で支配しようというのです。

 

他方、有名な科学者ゲイレン・アーソ(マッツ・ミケルセン)を父にもつジン・アーソは、家族と離れ離れとなってしまいます。ソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)という帝国軍に逆らう運動家に救われたものの、16歳のときにソウともはぐれ、たったひとりで生きのびてきました。

 

成長したジン(フェリシティ・ジョーンズ)は、反乱軍の将校キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)から、父ゲイレンがデス・スターの設計に関わっていたと知らされます。

 

そこで、真相を突き止めるべく、盲目のチアルート・イムウェ(ドニー・イェン)、 ベイズ・マルバス(チアン・ウェン)などのならず者で構成された反乱軍の極秘チーム「ローグ・ワン」の一員となり、デス・スターの設計図を盗み出すことに命を懸けるのでした……。

 

☆2D盤だと、泣けてきた

 

結論から申しましょう。本作は、絶対に、2D盤で観るべきです。

 

4月4日に米盤3D BDを取り寄せようとおもったのですが、Blu-ray.comの3D BDレビューを読むと、その3D画像が‟a fairly deep disappointment”(かなり深刻に失望させる出来)と書いてあり、5点満点中2.5点となっています。どうやら劇場同様、BDでも3D画像は満足できるレベルのものではないようです。

 

他方、2Dは違います。後述するように、くっきりとしていて鮮明。映画に素直に埋没できます。しかも、音声も劇場時よりもはるかによく感じられます。その結果、ベタな展開だとおもいつつも、自己犠牲を厭わずに帝国軍に向かっていく反乱軍のジン、キャシアン、チアルート、ベイズ、K-250たちの勇敢な行動に涙してしまったのでした。

 

確かに、部分部分を見ると、どこかで見たかのような既視感にとらわれて、新鮮味はないのですが、『スター・ウォーズ』という壮大なドラマの一部に、こうした名もなき者たちの犠牲があったことを描こうとする映画屋魂が胸に迫るのです。

 

ファザコンのジンが、父親の願いを受け入れて、デススターの設計図を盗みに行くあたりのフェリシティ・ジョーンズの引き締まった顔が、実に神々しく輝きます。

 

劇場では魅力を感じなかったディエゴ・ルナも、ジンという女王にかしずく下僕として精一杯の働きをしていることに気づき、その健気さが心を打ちます。

 

ドニー・イェン演じるチアルートにしても、ジェダイの騎士に憧れつつも、そうなれなかったベイズいわく‟dreamer”であるのに、その夢だけで(おそらく厳しい修行を耐え抜き)、盲目でありながら、あたかも本物のジェダイの騎士のように活躍するようになるのです。改めて、「夢」の重要性を教えられます。

 

そして、そのチアルートの相棒ベイズが、チアルートが死ぬと、その夢を引き継ぐように、チアルートの祈りの言葉‟I'm the one with the Force and the Force is with me.”を口ずさみながら(ただし、ベイズのそれは‟The Force is with me and I'm the one with the Foce”と順番が逆)、敵に向かっていく姿に、ベイズの友情と喪失感の深さを素直に感じられ、脚本の勝利であると評価するようになったのでした。

 

映画は、脚本・演出・俳優・映像・音声・音楽が高次元でそろって満足できるものだと痛感した次第です。

 

内容についての詳細は、上掲の劇場レビューを参照ください。今日は、BDの仕様と特典について主にコメントさせていただきます。

 

内容: A

 

++++++++++

 

画質(2.391): A+/A

 

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、17 Mbpsから4

 

撮影は、『ブライト・スター 〜いちばん美しい恋の詩(うた)〜』(2009)『モールス』(2010)『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)『ジャッキー・コーガン』(2012)『フォックスキャッチャー』(2014)『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』(2014)『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(2016)グレイグ・フレイザー

 

機材は、アリ・アレクサ・65 HDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(6.5K)。

 

マスター・フォーマットが6.5Kですから、4K UHD BDでも、その真価は計れません。しかも、残念なことに、ディズニーは4K UHD BDを出す予定がありませんので、2Kの通常BDで観るしかないのです。

 

結論からいえば、高画質であるが、現代最高のBD画質まであと一歩と判断しました。

 

解像度は高いのですが、ほんの少し細部に甘さを感じます。もちろん、劇場で観たボケボケの3D画質と比べれば、はるかにスッキリくっきりしているのですが。心配した彫りも深く、奥行き感も十分です。これならば、3D盤はいりません。

 

発色は、ほぼニュートラル。衣服が黒っぽい戦闘服なので華やかさに欠けますが、くすみもなく、鮮明です。肌の質感も、問題なし。違和感はありません。

 

暗部情報も、十分。黒はよく沈み、階調も滑らかで、見えづらいシーンは皆無です。

 

大画面の近接視聴も、まったく問題ありません。

 

音質(DTS-HD Master Audio 7.1​): A+

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

ディズニーはドルビーアトモス採用を渋っているため、本BDもDTS-HD Master Audio 7.1となっています。

 

劇場では不満を覚えた音声でしたが、BDはその不満を追い払ってくれます。現代最高のBDシネソニックと申し上げてよいでしょう。

 

左右前後に定位された音は、見事なリンケージを見せ、濃密な立体音場を作り上げます。おかげで、包囲感は最高。そして、劇場で不満を覚えた移動感も、最高です。音の出所がスクリーンとマッチしたうえで、各スピーカーのつながりがよい証拠です。ドッグファイト・シーンの迫力たるや、落涙ものです。

 

ノイズフロアは、最低レベル。マイナス30デシベルの大音量でも、まったく雑味を感じません。爆発音の重さと破壊力も十分に再現できているのに、メタリックな不快さもゼロです。

 

劇場で団子状に感じたマイケル・ジアッキノの手になるオーケストラ音楽も、その分離感がすばらしく、爽やかに映画を盛り上げます。

 

セリフの抜けも、文句なし。サ行はきつくならず、発音も明瞭です。

 

超低音成分は、かなり出ます。そのため、時おり部屋が揺れます。それでも、立ち上がり立下りが速く、下品に粘りません。ただし、部屋によっては調整が必要でしょう。

 

英語学習用教材度: A

 

日本・英語・日本語吹替えつき

 

セリフ量は、多め(劇場では「平均」だと感じましたが、冷静に見てみると、かなりの多さです)。ディズニー映画らしく、俗語・卑語はほとんど使われません。F-wordにいたっては、ゼロです(PG-13指定)。安心してテクストに使用できます。

 

英語自体も、それほど難しい言い回しが多くなく、例の奇怪な固有名詞さえ問題なければ、TOEIC860点ホルダーでも、字幕なしでほとんど理解できるはずです。

 

しかも、全編確認しましたが、英語字幕が100%セリフをフォローしています。実に勉強しやすい素材です。

 

なお、レンタルBDは特典がつきませんので、これ以上の評価はできません(とはいえ、ディズニーの国内盤BDの場合、特典には英語字幕がつかないはずです)。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆2億ドルの製作費で、最終的に、アメリカで5億3218万ドル、海外で5億2378万ドル、計10億5596万ドルの売り上げをあげています。『スター・ウォーズ』シリーズでは、『フォースの覚醒』(2015)に次ぐ売り上げです。

 

国内盤セルBDにつく特典は、特典ディスクに収められた次の映像特典です。

 

 ストーリー・オブ “ローグ・ワン”:
  プロローグ
  ジン・アーソ
  キャシアン・アンドー
  K-2SO
  ベイズとチアルート
  ボーディーとソウ・ゲレラ
  帝国軍
  世界を造りだす
  CG の技術
  エピローグ
 ローグ・コネクション

 

☆国内盤BDの特典は、次の米盤BDの特典と同じもののようです。

 

 A Rogue Idea (1080p, 9:00)
 Jyn: The Rebel (1080p, 1080p, 6:16)
 Cassian: The Spy (1080p, 4:14)
 K-2SO: The Droid (1080p, 7:43)
 Baze & Chirrut: Guardians of the Whills (1080p, 6:20)
 Bodhi & Saw: The Pilot & The Revolutionary (1080p, 8:35)
 The Empire (1080p, 8:18)
 Visions of Hope: The Look of Rogue One (1080p, 8:24)
 The Princess & The Governor (1080p, 5:49)
 Epilogue: The Story Continues (1080p, 4:15)
 Rogue Connections (1080p, 4:31)

 

☆国内盤は、通常盤以外に、3D BDも含め、次の8種類のBDが入手可能です。

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプラス3D:オンライン初回限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](オリジナルステッカー付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプラス3D:オンライン初回限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](オリジナルステッカー付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](オリジナルステッカー付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプレミアムBOX[ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](オリジナルステッカー付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプレミアムBOX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](オリジナルステッカー&ギフトバック付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプレミアムBOX[ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](オリジナルステッカー&ギフトバック付)
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

++++++++++

 

映画ファン、『スター・ウォーズ』シリーズ・ファン、必見。買うなら、2D盤です。オススメします!

 

| 外国映画(ラ行) | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063447
トラックバック