CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< はじまりへの旅(UK BD / Region B) | main | 『俺たちサボテン・アミーゴ』、やっとBDで観られる >>
『マリリン 7日間の恋』の英盤BDを買ってしまった

 

マリリン 7日間の恋』(2011)の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで2.92ポンドになっています。最安値ではないようですが、安いことには違いありません。欲しかった1枚です。購入してしまいました。

 

本作は、本作を含めアカデミー主・助演女優賞に4回ノミネートされているミシェル・ウィリアムズ主演により『王子と踊子』(1957)の製作の裏側に秘められた女優マリリン・モンロー(1926年6月1日−1962年8月5日)の恋物語を描く人間ドラマです。

 

 公式サイト: http://www.marilyn-7days-love.jp/

 

準主演は、『博士と彼女のセオリー』(2014)でアカデミー主演男優賞を受賞し、『リリーのすべて』(2015)で同賞にノミネートされたエディ・レッドメイン

 

その他、アカデミー監督・脚色・主・助演男優賞にノミネート経験があるケネス・ブラナー、『美女と野獣』(2017)が話題を呼んでいるエマ・ワトソン、アカデミー助演女優賞受賞、その他同主・助演賞に6回ノミネートされている名女優ジュディ・デンチを始め、ドミニク・クーパージュリア・オーモンドゾーイ・ワナメイカーダグレイ・スコットが共演しています。

 

監督は、本作が長編劇映画デビューとなった、『黄金のアデーレ 名画の帰還』(2015)のサイモン・カーティスが務めています。

 

原作は、コリン・クラークによる次の2種類のベストセラー・ノンフィクションです。

 

マリリン・モンロー7日間の恋 (新潮文庫)
コリン クラーク
新潮社

 

My Week with Marilyn
HarperCollins

 

The Prince, the Showgirl, and Me: Six Months on the Set With Marilyn and Oliver
St Martins Pr

(訳書なし)

 

本作は、次の実話をもとにしたものです。

 

舞台は、1956年のロンドン。30歳のマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)が『王子と踊子』の撮影のためにロンドンへやってきます。ですが、監督・主演のローレンス・“ラリー”・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)との関係がうまくいきません。マリリンに怒ったラリーは、23歳の第三助監督のコリン・クラーク(エディ・レッドメイン)をマリリンの見張り役に命じます。マリリンにあこがれていたコリンはマリリンのそばにいられてうれしく、マリリンもコリンに心を許すようになっていくのでした……。

 

評論家からは、高く評価された作品です。Rotten Tomatoesでは、支持率83%で、10点満点中7.1点。Metacriticでは、100点満点中65点という具合です。

 

映画賞でも話題になり、アカデミー賞では主演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)、助演男優賞(ケネス・ブラナー)にノミネートされました。

 

国内盤BDも、入手可能です。ただし、英語字幕はつきません。

 

マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]
角川書店

 

貧乏英語塾長は、特典のつかないレンタルBDで観て、内容:A-、レンタルBD総合評価:B(画質:A/A-、音質:A/A-、英語学習教材度:C+)と評価しています(レビューは、こちら!)。この評価をざっくりと説明いたしますと、映画の内容には満足し、レンタルBDにはかなり不満をもったということです。

 

ずっと英語字幕で丁寧にセリフを追いながらじっくりと観直したいとおもっていたのですが、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016:米盤BDレビューは、こちら!)でミシェル・ウィリアムズの凄絶な演技を見て、我慢しきれなくなったという次第です。

 

米盤BDでもよかったのですが、これだと英盤より高くつきます(米アマゾンで、今日現在7.88ドル)。

 

 

というわけで、選んだ2012年3月16日に発売された英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。Region Bですから、お間違いなく。

 

 Region B
 容量:1層25GB
 映像:1080p/2.35:1/MPEG-4 AVC (20.00 Mbps)
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1 (48kHz, 16-bit)(英語)
 字幕: 英語

 

特典は、1層25GBの米盤BDと同じ内容です。

 

 Audio Commentary    with Director Simon Curtis
 The Untold Story of an American Icon (480p, 19:07)

 

なお、2層50GBの容量を誇る国内盤は独自の特典がついて、次のようになっています。

 

 監督コメンタリー
 ミシェル・ウィリアムズ スペシャル映像~初来日&インタビュー他(15分)
 マリリン・モンロー誕生秘話(19分)、
 ソングシーン×2 (2分)
 予告編集

 

まあ、この追加特典だったら、なくてもいいかなという感じです。

 

その他格安BD2本といっしょに注文して、送料(スタンダード便)込みで15.36ポンド、2167でした。本BDをたったの599.21円で購入できたことになります。笑いがこらえられません。

 

到着は5月22日となっていますが、米アマゾンと違ってよい仕事をする英アマゾンですから、うまくいけば、来週末には観られるはず。セクシーなミシェル・ウィリアムズとの再会が楽しみです。

 

| BD購入ガイド | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063429
トラックバック