CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』は、米盤BDで観る | main | 『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』は、7ポンドの英盤BDで >>
『カフェ・ソサエティ』は、英盤BDでひと足お先に

 

ウディ・アレン最新監督作『カフェ・ソサエティ』(2016)の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで8.99ポンドの最安値をつけています。注文してしまいました。

 

本作は、ウディ・アレン監督・脚本によるロマンティック・コメディ・ドラマです。

 

 公式サイト:http://movie-cafesociety.com/

 

主演は、『ローマでアモーレ』(2012)に続いて、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)でアカデミー主演男優賞にノミネートされたジェシー・アイゼンバーグが務めます。

 

準主演は、ウディ・アレン監督作には初出演となるクリステン・スチュワートブレイク・ライヴリーです。

 

その他、スティーヴ・カレルジーニー・バーリンパーカー・ポージーコリー・ストールケン・ストットが共演しています。

 

舞台は、1930年代のハリウッド。敏腕エージェントのフィル・スターン(スティーヴ・カレル)のもとにニューヨークから甥のボビー・ドーフマン(ジェシー・アイゼンバーグ)がやってきて、フィルの下で働きだします。そうすると、まずフィルの秘書「ヴォーニー」と呼ばれるヴェロニカ(クリステン・スチュワート)と恋に落ちますが、もうひとり気になるヴェロニカ(ブレイク・ライヴリー)が現れ、そちらにもボビーはほれてしまい、三角関係のドタバタが始まるのでした……。

 

評論家の評価は、ウディ・アレン作品としては平凡なものです。Rotten Tomatoesでは、支持率70%で、10点満点中6.1点。Metacriticでは、100点満点中64点という結果です。

 

とはいえ、興行的には、全米1110万ドル、世界で4376万ドルを売り上げ、なかなかがんばっています(製作費は3000万ドル)。

 

ともあれ、長年のウディ・アレン・ファンとしては、81歳になるウディ・アレン(1935年12月1日生まれ)が、エマ・ストーンよりも若いクリステン・スチュワートとブレイク・ライヴリーを使って何をやりたがっているのか、興味を覚えます。

 

さらに、ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートは、『アドベンチャーランドへようこそ』(2009)『エージェント・ウルトラ』(2015)に次ぐ3作目の共演。このケミストリーにも期待したいところです。

 

にもかかわらず、日本での劇場公開は5月5日。とても待ちきれません。

 

それでも、BD購入を悩んだのは事実です。というのも、この映画、ソニー・シネアルタ・F65とソニー・シネアルタ・PMW-F55で4K撮影されたうえに、マスターフォーマットのDIファイルが4Kなのです。ゆえに、4Kプロジェクター設置館で観れば、ネイティブ4K映像を楽しめます。TOHOシネマズシャンテでネイティブ4K上映を楽しむか。それとも、BDで早く観るか。悩んだ挙句、後者を選んだのでした。

 

ただし、Blu-ray.comの米盤BDレビューによると、画質は5点満点中5点ですから、高画質であることは間違いなさそうです。

 

ともあれ、『地獄の黙示録』(1979)『レッズ』(1981)『ラストエンペラー』(1987)でアカデミー撮影賞を受賞した、ベルナルド・ベルトルッチの右腕であった巨匠ヴィットリオ・ストラーロが、ウディ・アレンと初めて組んで、どのような映像を見せてくれるのか楽しみです。

 

2016年12月26日に発売された英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。Region Bですから、お間違いなく。

 

 Region B
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.00:1/MPEG-4 AVC (34.60 Mbps)
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1 (48kHz, 24-bit)(英語)
    Dolby Digital 5.1 (640 kbps)(伊語)
 字幕: 英・伊語

 

オリジナル・アスペクト比も、2.00:1。シネスコとビスタの中間のアスペクト比で、TV『ハウス・オブ・カード 野望の階段』シリーズ(2013〜2016)で採用されたものと同じであるのが、興味深いところです。

 

英盤の特典内容は、よくわかりません。米盤BDと同じだとすれば、つぎのようなものになります。

 

 On the Red Carpet (1080p; 2:13)
 Photo Gallery (1080p)

 

もう1本日本未公開作品のBDといっしょに注文して、送料(スタンダード便)込みで18.39ポンド、2670でした。本BDを1501.14円で購入したことになります。これならば、日比谷シャンテまで観に行くよりも安くつきます。喜ばしい限りです。

 

到着は、3月末の予定。クリステン・スチュワート嫌いの貧乏英語塾長、それが治りそうな予感がします。

 

| BD購入ガイド | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063390
トラックバック