CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 最高の家族の見つけかた(レンタルDVD) | main | 『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』は、米盤BDで観る >>
『ハリウッドにくちづけ』は、米盤BDで

 

ハリウッドにくちづけ』(1990)の米盤Blu-ray Discが、米アマゾンで8.99ドルの最安値をつけています。キャリー・フィッシャー、デビー・レイノルズの母娘追悼の意味を込めて、注文してしまいました。

 

本作は、『スター・ウォーズ』(1977〜2017)シリーズのレイア姫で有名なキャリー・フィッシャー(1956年10月21日‐2016年12月27日)が、麻薬中毒になっていた自分自身と『雨に唄えば』(1952)で知られる母親デビー・レイノルズ(1932年4月1日‐2016年12月28日)の関係をもとに描いた小説『崖っぷちからのはがき』(1989)を映画化したものです(日本語訳本は、すでに廃版)。

 

Postcards from the Edge
Simon & Schuster Ltd

 

キャリー・フィッシャーに準じるスザンヌ・ベイルを演じるのは、現代最高の女優のメリル・ストリープ。その母デビー・レイノルズに当たるドリス・マンを演じるのが、これまたオスカー女優のシャーリー・マクレーン

 

しかも、その他の共演者がすごいのです。引退してしまってファンとしては寂しくてならないジーン・ハックマン。1970年代から1980年代にかけて人気沸騰したリチャード・ドレイファス。そして、当時の新進スター、デニス・クエイドも出ます。

 

その他、アネット・ベニングオリヴァー・プラットロブ・ライナーも出演しているのですから、すごいものです。

 

監督・製作は、『卒業』(1967)でアカデミー監督賞を受賞し、『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966)『シルクウッド』(1983)『ワーキング・ガール』(1988)で同賞にノミネートされたマイク・ニコルズが務めています。

 

脚本は、キャリー・フィッシャー本人。これが、脚本家デビュー作です。

 

アカデミー賞では、主演女優賞(メリル・ストリープ)、主題歌賞にノミネートされています。

 

キャリー・フィッシャーにはそれほどおもい入れがあるわけではないのですが、このすごいキャストとスタッフをみたら、観てみたくなるのが、映画ファンの性というものでしょう。にもかかわらず、貧乏英語塾長、本作公開当時、アメリカ留学中であったのに、本作を見逃しているのです。嗚呼。

 

ところが、観たいとおもっても、国内ではDVDしか発売されていません(2013年5月13日発売)。

 

ハリウッドにくちづけ [DVD]
復刻シネマライブラリー

 

しかし、このDVD、英語字幕も特典もつかないのです。しかも、レンタルもされてもおらず、アマゾンでも4104円もします。

 

こんなものは買えないとおもっていたら、今年2月7日にアメリカでBDが発売され、8.99ドルとまあまあの売価まで米アマゾンで下がってきたので、購入することにしたのでした。

 

米盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region A,B
 容量: 1層25GB
 映像: 1080p/1.78:1/MPEG-4 AVC
 音声: LPCM 2.0 (48kHz, 16-bit)(英語)
 字幕: 英語

 

特典は、キャリー・フィッシャーによる音声解説だけです。

 

Blu-ray.comの当該レビューによると、画質・音質は決してよろしくないものの、音声解説は情報量があって興味深いものだとか。少しガッカリしますが、メリル・ストリープとシャーリー・マクレーンのファンとしては、それでもよしとせざるを得ません。

 

もう1本、国内でBDにもDVDにもなっていない映画のBDとあわせて注文して、送料(スタンダード便)込みで26.19ドル、3123でした。本BDを1844.66円で買ったことになります。ちょっと高いですが、国内盤DVDよりははるかにましです。

 

到着は、3月27日から4月3日の間。ちょっと興奮しています。

 

| BD購入ガイド | 04:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063386
トラックバック