CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< アカデミー作品賞受賞『ムーンライト』の米盤BDを注文 | main | ラビング 愛という名前のふたり >>
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の米盤BDを、19.96ドルで購入

 

今年のアカデミー賞で主演男優賞と脚本賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)の米盤Blu-ray Discが、米アマゾンで19.96ドルの最安値をつけています。注文してしまいました。

 

本作は、ケイシー・アフレック主演による人間ドラマです。

 

 公式サイト:http://www.manchesterbythesea.jp/

 

準主演は、ミシェル・ウィリアムズルーカス・ヘッジズ

 

その他、カイル・チャンドラーが共演します。

 

監督・脚本は、『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』(2000)『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)でアカデミー脚本賞にノミネートされた、『アナライズ・ミー』(1999)『アナライズ・ユー』(2002)のケネス・ロナーガンです。

 

共同製作者のひとりに、マット・デイモンが名を連ねています。

 

アカデミー賞では、主演男優賞(ケイシー・アフレック)・脚本賞を受賞し、助演男優賞(ルーカス・ヘッジズ)・助演女優賞(ミシェル・ウィリアムズ)・監督賞にノミネートされました。

 

舞台は、マサチューセッツ州マンチェスター・バイ・ザ・シー。ボストンで便利屋をしていたリー・チャンドラー(ケイシー・アフレック)のところに、兄ジョー(カイル・チャンドラー)が死んだという知らせが突然届きます。帰りたくない故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーでしたが、葬式のために帰ると、ジョーの息子パトリック(ルーカス・ヘッジズ)の法定後見人に自分が選任されたことを知り、悩みます。そこへ、元妻ランディ(ミシェル・ウィリアムズ)が現れ、リーは戸惑うしかありません……。

 

個人的に、アカデミー主演男優賞は『Fences』のデンゼル・ワシントンが取るものとおもっていたので、はっきりいって、ケイシー・アフレックが受賞したのはショックでした。こうなれば、どんな演技をしたのか観たくなります。

 

確かに、評論家からの受けは大変よいものです。Rotten Tomatoesでは、支持率96%で、10点満点中8.9点。Metacriticでは、100点満点中96点というもの凄さです。『ムーンライト』(2016)がなかったら、本作がアカデミー作品賞を受賞してもおかしくありません。しかも、映画ファンによるIMDbの投票も、10点満点中8.0点という高得点です。

 

興行的にも、850万ドルの製作費で、全米4734万ドル、海外1459万ドル、世界6193万ドルのスマッシュ・ヒットを記録しています。これでは、無視するわけにはいきません。

 

ところが、日本での劇場効果は、5月13日。そこまで待つのは、腹正しい限りです。しかも、東京では新宿武蔵野館など4Kプロジェクター設置館ではやらなさそうです。それならば、売価は映画館入場料をはるかに超えますが、BDで観たほうが、特典もついていますから、得な気がします。

 

2月21日に発売された米盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region A
 容量: 2層50GB
 映像: 1080p/1.85:1/MPEG-4 AVC (29.97 Mbps)
 音声: DTS-HD Master Audio 5.1 (48kHz, 24-bit)(英語)
 字幕: 英・西語

 

特典は、上述通り、まずまずの量です。

 

 A Conversation with Director / Writer Kenneth Lonergan
 Emotional Lives: Making Manchester by the Sea (1080p; 16:00)
 Deleted Scenes (1080p; 5:50)

 

昨日紹介した『ムーンライト』(2016)のBDとあわせて注文して、送料(スタンダード便)込みで47.89ドル、5666でした。本BDを3065.20円で飼ったことになります。高いですが、アカデミー賞有力作品だけは別もの、仕方ありません。


到着は、3月24日から3月31日の間。個人的には、ミシェル・ウィリアムズとの久々の再会を楽しみにしています。

 

| BD購入ガイド | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063378
トラックバック