CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< キング・オブ・エジプト(レンタルBD) | main | 号外:『ラ・ラ・ランド』は、大傑作! >>
『メッセージ』は、英盤BDでひと足お先に観ることに

 

アカデミー賞の発表が、今度の日曜に迫ってきました。日本では今日から公開される『ラ・ラ・ランド』の圧勝と予想されていますが、実際にはどうなるのでしょう。ともあれ、映画ファンとしては、作品賞候補作だけはすべて観ておきたいものです。

 

その作品賞候補のひとつである『メッセージ』の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで14.99ポンドの最安値をつけています。日本では5月19日公開ですから、待ちきれません。ちょっと高いですが、米盤BDよりも安いのは魅力です。注文してしまいました。

 

アカデミー作品賞にノミネートされているのは、次の9作です。日本での劇場公開順に記します。
 

 最後の追跡(Netflixで配信中)
 ラ・ラ・ランド(今日から公開)
 LION/ライオン 〜25年目のただいま〜(4月7日)
 ムーンライト(4月)
 メッセージ(5月19日)
 ハクソー・リッジ(6月24日)
 マンチェスター・バイ・ザ・シー(5月13日)
 Hidden Figures(未定)
 Fences(未定)

 

このうち、貧乏英語塾長、『最後の追跡』は英盤BDで観ました。『ラ・ラ・ランド』も、今日中には観たいとおもっています。

 

というわけで、残り7作が問題です。そのほとんどが米盤BDでは発売されるか、発売日がわかっているのですが、米盤は送料のせいで、英盤や独盤よりも高くつきます。それでも、米盤が最も早く発売されますから、参考のために、米盤BDの発売日と今日現在の米アマゾン売価(単位は、米ドル)を記しておきましょう。

 

 最後の追跡 2016年11月22日 17.08
 ラ・ラ・ランド 4月11日 19.99
 LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 4月11日 34.99
 ムーンライト 2月28日 19.99
 メッセージ 2月14日 19.99
 ハクソー・リッジ 2月21日 19.99
 マンチェスター・バイ・ザ・シー 2月21日 19.96
 Hidden Figures 4月11日 39.99
 Fences 3月14日 19.99

 

デンゼル・ワシントンとメル・ギブソンの大ファンとしては、ふたりの監督作である『Fences』と『ハクソー・リッジ』のBDだけでも、できれば3月中に注文したいとおもっています。

 

そんな中、3月20日に発売される『メッセージ』の英盤BDが14.99ポンドまで値下がりし、これまた他の部門のアカデミー賞にノミネートされている作品のBDと購入すると、米盤よりも安くつくことを知ったために、英アマゾンに注文したというわけです。 

 

メッセージ』は、『プリズナーズ』(2013)『複製された男』(2013)『ボーダーライン』(2015)『ブレードランナー 2049』(2017)の奇才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督により、テッド・チャンのベストセラー小説『あなたの人生の物語』を映画化したSFドラマです。

 

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房

 

Arrival (Stories of Your Life MTI)
Vintage

 

主演は、『ジューンバッグ』(2005)『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』(2008)『ザ・ファイター』(2010)『ザ・マスター』(2012)でアカデミー助演女優賞に、『アメリカン・ハッスル』(2013)で同主演女優賞にノミネートされたエイミー・アダムスが務めます。

 

共演は、『ハート・ロッカー』(2009)で同主演男優賞に、『ザ・タウン』(2010)で同助演男優賞にノミネートされたジェレミー・レナー、『ラストキング・オブ・スコットランド』で同主演男優賞を受賞したフォレスト・ウィテカーです。

 

 公式サイト:http://www.message-movie.jp/

 

あらすじを申し上げると、世界中に12の謎の宇宙船が飛来したことを受けて、言語学の教授(エイミー・アダムス)が宇宙人との交信を図るというものです。

 

アカデミー作品賞にノミネートされているくらいですから、評論家からは絶賛されました。Rotten Tomatoesでは、支持率94%で、10点満点中8.4点。Metacriticでは、100点満点中84点という凄さです。

 

興行的にも、大成功です。4700万ドルの製作費で、全米1億3万ドル、海外で9535万ドル、計1億9538万ドルのメガヒットを記録しました。

 

アカデミー賞では、作品賞に加えて、監督・脚色・撮影・美術・音響(編集)・音響(調整)・編集の計8部門でノミネートされています。

 

正直、ライバルが手ごわいので、無冠に終わる可能性もありますが、ドゥニ・ヴィルヌーヴの才覚には一目置くところですし、エイミー・アダムスの大ファンですから、受賞の有無にかかわらず、絶対に観たいと思っていた一本です。ゆえに、少々高くても、早く観たかったのです。

 

英盤BDの仕様ですが、残念ながら、いま現在、よくわかっていません。おそらく、次の米盤BDの仕様に準ずると想像されます。なお、米盤には、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region Free
 容量: 2層50GB
 映像: 1080p/2.39:1/MPEG-4 AVC
 音声: DTS-HD Master Audio 7.1 (48kHz, 24-bit)(英語)
     Dolby Digital 5.1(西・仏語)
 字幕: 英・西・仏語

 

英盤は、Region Bになりそうです。

 

英盤BDの特典もよくわからないので、米盤BDのそれを紹介します。同じであることを祈る次第です。

 

 Xenolinguistics: Understanding Arrival (1080p, 30:03)
 Acoustic Signatures: The Sound Design (1080p, 13:59)
 Eternal Recurrence: The Score (1080p, 11:24)
 Nonlinear Thinking: The Editing Process (1080p, 11:20)
 Principles of Time, Memory, & Language (1080p, 15:24)

 

内容もよくわからない英盤BDを買うのも、米盤BDより安いからです。英盤の場合、本作と別のBDを注文して、送料(スタンダード便)込みで28.39ポンド、4184でした。本BDを2242.54円で購入したことになります。高いですが、劇場に行くことを考えると、特典もつくことですし(ホント?)、割安です。

 

他方、もし米盤と他の同一作品のBDを米アマゾンに注文すると、送料(スタンダード便)込みで50.95ドル、5979もしてしまいます。1800円も違えば、仕様と特典がよくわからなくても、英盤を買ってしまうのが、貧乏英語塾長なのです。

 

到着は、3月末の予定。それでも、日本での劇場公開よりもはるかに早く、うれしくなります。

 

| BD購入ガイド | 04:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063365
トラックバック