CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 英語学習に役立つ国内盤BD 2月22日発売分 | main | キング・オブ・エジプト(レンタルBD) >>
素敵なウソの恋まじない(DVD)
素敵なウソの恋まじない [DVD]
アメイジングD.C.

 

原題: Roald Dahl's Esio Trot (2015)
上映時間:1:27:28
国内劇場未公開(BBC TVM)
公式サイト(英文):http://www.bbc.co.uk/programmes/b04w5btr​

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(1.78:1): B+
  音質(Dolby Digital Stereo 2.0): B+
  英語学習用教材度: B-/C+

 

ジュディ・デンチダスティン・ホフマン主演の英BBC製作のロマンティック・コメディTV映画。イギリスでは、2015年1月1日に放映。

 

共演は、『ワン チャンス』(2013)『はじまりのうた』(2013)『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)のジェームズ・コーデン、TV出演の多い、『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』(2013)のリチャード・コーデリー

 

監督は、TV『ナイトメア 〜血塗られた秘密〜』(2014)のダーブラ・ウォルシュ

 

脚本・製作総指揮は、『フォー・ウェディング』(1994)でアカデミー脚本賞にノミネートされた、『ノッティングヒルの恋人』(1999)『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)『ラブ・アクチュアリー』(2003)『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2004)『パイレーツ・ロック』(2009)『戦火の馬』(2011)『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』(2013)のリチャード・カーティスとTVで活躍するポール・メイヒュー=アーチャー

 

原作は、ロアルド・ダールの1990年に出版された『Esio Trot』。

 

Esio Trot
Puffin

 

エミー賞では、最優秀男優賞をダスティン・ホフマンが受賞し、最優秀女優賞にジュディ・デンチがノミネート。

 

☆英語字幕もついていないDVDだけど……

 

アカデミー主演男優賞に7回ノミネートされて2度受賞しているダスティン・ホフマン(1937年8月8日生まれ)とアカデミー主助演女優賞に7回ノミネートされて、助演女優賞を1度受賞しているジュディ・デンチ(1934年12月9日生まれ)が共演したTV映画です。ふたりの大ファンである貧乏英語塾長、ぜひとも観たいとおもっていました。

 

ところが、これがアメリカでもイギリスでもBlu-ray Discになっていないのです。唯一リリースされているのは、ドイツ盤だけで、それには英語字幕すらつきません(独語字幕のみ)。

 

これでは買う気がせず、どうしたものかとおもっていたところに、2月3日にDVDがリリースされましたので、英語字幕もついておらず、音声もドルビーデジタル・ステレオと寂しい仕様のものですが、取り寄せることにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

舞台は、現代のロンドン。

 

ヘンリー・ホッピー(ダスティン・ホフマン)は、引退してロンドンの瀟洒なアパートにひとりで住む老人です。生きがいは、ベランダで花を育てることしかありません。

 

そのアパートに、ラヴィニア・シルヴァー(ジュディ・デンチ)という未亡人が、ホッピーの1階下に引っ越してきます。ホッピーはシルヴァーにひと目惚れし、交際したいとおもうのですが、内気なホッピーは気持ちを打ち明けられません。せいぜい、ベランダ越しにおしゃべりするのが精一杯でした。

 

そんなホッピーを尻目に、同じアパートに住むプリングル(リチャード・コーダリー)がシルヴァーに色目を使い、ホッピーは不愉快でなりません。

 

そんなときに、シルヴァーがカメをペットとして飼いだします。しかし、シルヴァーがアルフィーと名づけたカメがなかなか大きくならないことを心配するため、これがシルヴァーとつきあう接点だとおもったホッピーは、100匹近いカメを買いそろえ、少しずつ大きなカメと交換することで、シルヴァーの願いをかなえようとするのでした……。

 

☆ほのぼの感がたまらない

 

大ベテランの名優ふたりが、ほのぼのと愛を紡ぎあう姿が最高です。ほとんどがアパートの建物の中で進行するのですが、緻密な演技のおかげで、スリリングさがうまれ、退屈することもありません。

 

もっとも感心したのは、ダスティン・ホフマンがトレードマークである激しい感情爆発を封印し、控えめで内気なホッピーを演じきったことです。セリフ回しも、静か。そうであるがゆえに、カメを大量に飼って、シルヴァーに喜んでもらおうとする姿が胸を打つのです。七三の髪型と地味な服も、温厚なホッピーの人柄を表して、心に残ります。

 

ジュディ・デンチの可愛らしさにも、ビックリ。胸元が大きく空いた花柄のワンピースを着こなしたり、ウサギの耳をつけて登場したりするあたり、撮影当時82歳の老婆(失礼!)とはおもえない若々しさです。ここには、エリザベス女王の貫禄も、Mの凛々しさも、老いた恋に苦しむイヴリンの姿も、ありません。ただ恋する乙女が、そこにいるのです。その千変万化に、デンチの女優魂を見ます。

 

厄介な隣人プリングルを演じたリチャード・コーダリーも、いい味を出しています。他人の話を聴くふりをして、そのくせ相手に話をさせず、自分の話ばかりをする独りよがりぶりが、「あるある」と笑えます。

 

狂言回しとして登場するナレーター役の、ホッピー、シルヴァーと同じアパートに住む隣人役のジェームズ・コーデンも、嫌味がなくて、映画をうまくリードしています。

 

ルイ・‟サッチモ”・アームストロングが唄うを‟A Kiss to Build a Dream On”多用するのも、その歌詞と本作の内容と雰囲気がピッタリで、気が利いています(音楽は、ティム・フィリップス)。

 

一流の素材を、一流の脚本家が脚色して、超一流の名優が演じると、これだけ小粋なロマコメができるのかと関心するのでした。

 

内容: A-

++++++++++

画質(1.78:1): B+

Gump TheatreにてOppo BDP-93で480/60p信号をから1080/24p信号にアップコンバートして、HDMIケーブルによって直接ソニーVPL-HW30ESに送り込 み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。コーデックは、MPEG-2。伝送レートは、2.1 Mbpsから9.2 Mbps。
  
撮影は、『くたばれ!ユナイテッド -サッカー万歳!-』(2009)『マリリン 7日間の恋』(2011)『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』(2015)のベン・スミサード

機材その他、不明。オリジナル・アスペクト比も、1.78:1。

DVDとしては、かなりの高画質。ですが、細部はかなり甘くなって、フラット気味に見えるシーンが多くあります。仕方ないことです。

発色は、ニュートラル。色数は多いのですが、にじみがちになります。もう少しすっきりしていてくれたらとおもうのですが、ないものねだりです。それでも、肌の質感は悪くありません。

暗部情報は、そこそこ。黒の引き込みがどうしても早くなりますし、コントラストもそれほど高くないので、見づらい部分が生まれています。

 

大画面の近接視聴は厳しく、120インチだと5mは離れたいところです。

音質(Dolby Digital Stereo 2.0): B+

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明(448kbps?)。音量は、マイナス30デシベル。

フロントスピーカー2本によるデフォルト視聴です。しかし、これが意外と寂しさを感じさせません。もちろん、後方からは音はないのですが、映画の性格にピッタリ合っているために、不満が募らないのです。しかも、左右の広がりと奥行きがあるのも感心します。

雑味が残っていますが、それほど気になりません。音楽は団子にならず、弦楽器やピアノはかなりチャーミングです。


超低音成分は、当然ゼロです。それに文句をいいたくなる映画ではありません。

英語学習用教材度: B-/C+

日本語字幕・日本語吹替えつき。上述どおり、英語字幕はついていません。

セリフ量は多いのに、俗語卑語はゼロ(PG指定)。安心してテクストとして使える素材です。

 

しかも、セリフが洒落ているうえに、ジュディ・デンチの美しいクイーンズ・イングリッシュとダスティン・ホフマンの端正なアメリカン・アクセントを聴き比べらるのですから、最高のテクストです。

 

とはいえ、英語字幕がつかないので、どうしても上級者向きの素材となるのが、残念なところです。

そのうえ、特典は日本版予告編だけ。これ以上の評価は無理です。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆原題は、Roald Dahl's Esio Trot。直訳すれば、「ロアルド・ダールのイーシオ・トロット」。これではチンプンカンプンですが、‟Esio Trot”の部分がおまじないで、逆に綴れば、‟tortoise”となり、「カメ」を意味します。邦題は、なかなかの頑張りです。

 

☆劇中でホッピーとシルヴァーが好きだと語られるのが、映画『若草の祈り』(1970:原題は、The Railway Children)。ライオネル・ジェフリーズ監督・脚本、ダイアナ・シェリダン主演のイギリスの人間ドラマです。観たいとおもったら、日本ではDVDにもなっていないんです。海外盤を探さないといけません。

 

DVDの特典は、日本版予告(1:44)だけ。映像はビスタ・サイズ(1.78:1)で、音声はドルビーデジタル・ステレオです。日本語字幕だけつきます。

Blu-ray Discは、英米では発売されていないのに、なぜかドイツで出ています。

 

 

Blu-ray.comの当該サイトによれば、仕様は次のようになっています。

 Region B
 容量: 1層25GB
 映像: 1080/50i・1.78:1・MPEG-4 AVC (23.89 Mbps)
 音声: DTS-HD Master 5.1 (48kHz, 16-bit)(英・独語)
 字幕: 独語

特典は、わずかです。

 

 Trailer
 Trailershow

いま現在、独アマゾンで8.39ユーロで売られています。しかし、日本には送ってくれないとか。英語字幕がついてなくても、買おうかとおもったのですが、残念。

++++++++++

 

映画ファン、ロマ・コメ・ファン、名優ふたりの静かな名演をご覧あれ。絵と音はそこそこですし、英語字幕がつかないのはいただけませんが、英語のリスニング強化にはなります。オススメします!

 

| 外国映画(サ行) | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063363
トラックバック