CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< シング・ストリート 未来へのうた(BD) | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 2月3日発売分 >>
ハドソン川の奇跡(BD)
ハドソン川の奇跡 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
2016
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

原題:Sully (2016)
上映時間:1:35:50
2016年9月24日 国内劇場初公開
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

劇場レビュー:2016.09.29 Thursday ハドソン川の奇跡(2D字幕版)

ゴウ先生総合評価: A+
  画質(2.39:1): A
  音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1): A+
  英語学習用教材度: A

 

クリント・イーストウッド監督・製作、トム・ハンクス主演により2009年1月15日に旅客機をハドソン川に不時着しつつも、すべての乗客・乗務員を生還させた実在のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長をめぐる人間ドラマ。

 

脚本は、『戦場のレジスタンス』(2003)『パーフェクト・ストレンジャー』(2007)のトッド・コマーニキ

 

原作は、チェズレイ・“サリー”・サレンバーガー、ジェフリー・ザスロウによる『Highest Duty』。

 

Highest Duty: My Search for What Really Matters
William Morrow Paperbacks

 

共演は、イーストウッド監督作品初出演となるアーロン・エッカート、『目撃』(1997)『ミスティック・リバー』(2003)に次いでイーストウッド監督作3作目となるローラ・リニー

 

アカデミー賞では、音響編集賞にノミネート。

 

☆街に舞った国内盤BD、英語字幕つきで登場

 

劇場で観て、大感激した作品です。Blu-ray Discで、絶対に観直したいと思っていました。それが、今週22日(水)に発売されたのです。すぐに取り寄せてしまいました。

 

もちろん、映画番長こと堀切日出晴さんが絶賛している4K UHD BDが欲しいのは山々です。

 

ハドソン川の奇跡 (初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

しかし、残念ながら、Gump Theatreはいまだ4K対応していません。泣く泣くあきらめてしまいました。いずれ、Gump Theatreが4K対応したころには、値下がりするであろう4K盤を購入することにします。

 

ともあれ、本BDは、映像こそ2Kですが、音声はドルビーアトモスですし、英語字幕もつきます。いまは、これで十分です。

 

☆あらすじ

 

主な舞台は、2009年1月のニューヨーク・シティ(NYC)。

 

2009年1月15日、乗客乗務員155人を乗せたUSエアウェイズ1549便が、NYCのラガーディア空港を離陸します。ところが、その直後に、バードストライクのために、全エンジンがその機能を止めてしまいます。

 

機体が急速に高度を下げる中、管制塔からはラガーディアに戻ることや近隣の空港に着陸するという指示を受けますが、空港までもたないと判断したチェズレイ・“サリー”・サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、ジェフ・スカイルズ副機長(アーロン・エッカート)の承認を受けて、ハドソン川への不時着を決断し、みごと機体を水面に着水させ、結果的に乗客乗務員全員の命を守ります。この偉業は「ハドソン川の奇跡」と讃えられ、サリーは英雄として人々に迎えられます。

 

ところが、その後、サリーの決断は本当に正しかったのか、その判断に疑義が生じ、英雄から一転、国家運輸安全委員会(NTSB:National Transportation Safety Board)の事故調査委員会による厳しい追及を受けることになってしまうのでした……。

 

☆何度観ても、泣かされる

 

劇場レビューで、「脚本・演出・役者・編集・音楽・映像・音響、すべてにハイレベル。感激のあまり、途中からは涙を浮かべ、鳥肌を立てながらの視聴となりました。クリント・イーストウッド、さすがです」と書きました。4か月経ちましたが、まったく同じ意見です。すばらしい作品であり、BDです。

 

今回観直して、改めて感心させられるのが、編集の巧さです。今回初めてイーストウッド組の正編集となったブル・マーリーが細かくカットし、セリフよりも映像で物語を綴るのが、緊迫感を高めるとともに、物語の推移が非常にわかりやすくなっています。

 

そのおかげで、トム・ハンクスだけではなく、エキストラを含めたすべての出演者たちがすべて印象に残る映画になっているのです。すばらしいことです。

 

残念ながら、アカデミー賞では、作品賞・監督賞・主演男優賞へのノミネートがかないませんでしたが、映画の価値は変わりません。(日本人には受けがよいのでしょう。『キネマ旬報』外国映画ベストテンでは第1位となりました。)

 

詳しい内容については、上掲の劇場レビューを参照していただくとして、今日は通常盤BDの仕様・特典について主にコメントさせてもらいます。

 

内容: A+

 

++++++++++

画質(2.39:1): A

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、20 Mbpsから41 Mbps。

 

撮影は、『ブラッド・ワーク』(2002)以来イーストウッドのすべての作品を担当しているトム・スターン。その他の作品に、エミリー・ローズ』(2005)『幸せはシャンソニア劇場から』(2008)『ハンガー・ゲーム』(2012)『人生の特等席』(2012)など。

 

機材は、アリ・アレクサ65、アリ・アレクサ・IMAX HDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(4K)。IMAXでは、1.90:1。

 

TOHOシネマズ新宿の絵とよく似ています。

 

劇場ではネイティブ4K上映を観たのですが、軟調の画質でした。その印象が、BD画質にもそのままあてはまります。細部が潰れるほどではありませんが、現代最高のBD解像度とはいえません。4K UHD BDならば、このあたりにすごい差があるのでしょう。それでも、彫りは深く、奥行き感も十分にあり、大きな不満とはなりません。。
 

ほぼニュートラルな発色。場面によって、色数を減らした印象がありますが、いつものイーストウッド映画ほどではありません。色乗りはあっさりとしたものです。

 

肌の質感は、ほぼナチュラル。違和感はほとんどありません。

暗部情報量は、文句なし。黒がよく沈み、コントラストはそれほど高くないのに、夜間シーンでも見づらさはまったくなしです。

 

大画面の近接視聴は、問題ありません。

 

音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1): A+

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

ドルビーアトモスBDですが、対応していないGump Theatreでは、ドルビーTrueHD 7.1で聴いています。

 

絵に比べると、音のすばらしさは、いくら称賛してもしきれないものがあります。

 

とにかく、左右前後に音が走り回るとともに、みっちりとした包囲感を出します。高さの表現も、Gump Theatreはサラウンドスピーカーとサラウンドバック・スピーカーを1.8mの高さに設置しているせいもあって、十分に高さを感じます。

 

さらに、スピーカーのつながりも、見事。頭の上を飛行機が飛び交います。もし、ドルビーアトモス対応してトップスピーカーを設置したら、驚嘆すべきサウンドデザインを体感できそうです。貧乏英語塾長、ドルビーアトモス対応に向けて、全力を傾けます(皆さん、当英語塾INDECに入会してください!)。

ノイズ感は、ゼロ。衝撃音が鋭く、それでいて分厚く響きます。ジェット音や着水音はもちろん、暗騒音や機内のしゃべり声など細かい環境音がリアリティを高めます。それでいて、メタリックな不快感はありません。

 

劇場で感激したイーストウッドが、ティアニー・サットンとJ.B.エッキとともに書いたテーマソング「Flying Home」も、BDで見事に再現されます(ただし、歌詞は英語字幕では出てきません)。

 

セリフの抜けも、まったく問題なし。サ行も滑らかで、ヒステリックにはなりません。発音も明瞭そのものです。

 

超低音成分は、かなりのもの。しかし、ブーミーになる場面は少なく、上品です。

 

英語学習用教材度: A

日本語・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。

 

セリフ量は、多め。それでいて、俗語卑語も、F-wordが1回のみしか登場せず、全体的に非常に穏当な英語が使われています(PG-13指定)。航空用語も、それほど難しい英語はなく、英語学習用教材として安心して使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしています。勉強しやすい素材です。しかも、見ごたえのある特典すべてに英語字幕がつきますから、評価が高まります。これで、音声解説がつけば、完璧でした。

 

++++++++++
  
気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆6000万ドルの製作費で、今日までのところ、アメリカで9466万ドル、海外で3640万ドル、計1億3106万ドルのメガヒットを記録しています。

 

特典はかなりの量です。

 

 \源爐鯤けた判断(15:44)
 奇蹟を起こした男:‟サリー”機長の素顔に迫る(19:49)
 撮影の舞台裏(20:17)

映像: Aを基本に、Bが挿入

 A ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B シネスコ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声:ドルビーデジタル ステレオ 2.0 

うれしいことに、すべてに英語字幕がつきます。

 

☆もっとも面白いのが、「撮影の舞台裏」。クリント・イーストウッドの静かな撮影現場がはっきりと描かれます。‟Action!”と叫ばずに、黙って右手を回すとカメラは回り、‟Cut!”と叫ぶこともなく、静かに‟Stop.”という。俳優を信頼して、演技の指示も出さない。リハーサルもしない。そして、最少のカット数で撮影を終わる。やっぱり、この人は、アメリカの成瀬巳喜男です。

 

☆「撮影の舞台裏」では、「現代のジェームズ・スチュワート」だから起用したとイーストウッドが述べるトム・ハンクスが、6年間働きどおしで新しい映画に出るのを嫌だったのに、脚本を20分で読み通して感激し出演を決めた、とハンクスらしく面白おかしく語ります。

 

☆◆奇蹟を起こした男:‟サリー”機長の素顔に迫る」も、サリー機長の奥さんのコメントが泣かせます。ヒーローではなく、家族全員が着水事件の後にはPTSDになったと告白し、夫への深い愛を語るのが心に残ります。

 

☆◆奇蹟を起こした男:‟サリー”機長の素顔に迫る」によると、ヨーロッパからの手紙も住所が「Hero American Pilot, USA」だけで着いたとか。まるで大東亜戦争中「日本国 高峰秀子」で手紙が着いたというのと同じ話です。どの国も郵便局はヒーロー、ヒロインには優しいものです。

 

++++++++++

 

映画ファン、ビジネスパーソン、必見。BDの画質はイマイチですが、音質は絶品。英語字幕もきちんとその機能をはたしています。特典も、観る価値のあるものです。強くオススメします!

 

| 外国映画(ハ行) | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063328
トラックバック