CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(BD) | main | フィフス・ウェイブ(レンタルBD) >>
インデペンデンス・デイ:リサージェンス(BD)
インデペンデンス・デイ:リサージェンス 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
2016
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

原題:Independence Day: Resurgence (2016)
上映時間:1:59:44
2016年7月9日 国内劇場初公開
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/idr/

ゴウ先生総合評価: C+
  画質(2.39:1): A-
  音質(DTS:X/DTS-HD Master Audio 7.1): A
  英語学習用教材度: A/A-

 

オリジナルの『インデペンデンス・デイ』(1996)を大ヒットさせた、『GODZILLA』(1998)『パトリオット』(2000)『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)『紀元前1万年』(2008)『2012』(2009)『もうひとりのシェイクスピア』(2011)『ホワイトハウス・ダウン』(2013)のローランド・エメリッヒ監督・製作・原案・脚本によるSFパニック・アクションの第2弾。

 

共同製作・原案・脚本は、『インデペンデンス・デイ』(1996)『GODZILLA』(1998)『パトリオット』(2000)でエメリッヒと組んだディーン・デヴリン

 

共同原案・脚本は、『ホワイトハウス・ダウン』(2013)のニコラス・ライト、本作が脚本家デビューとなるジェームズ・A・ウッズ

 

共同脚本は、『ホワイトハウス・ダウン』(2013)でエメリッヒと組んだ、『ゾディアック』(2006)『アメイジング・スパイダーマン』(2012)『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)『ニュースの真相』(2015)のジェームズ・ヴァンダービルト

 

主演は、『ハンガー・ゲーム』シリーズ(2012〜2015)のリアム・ヘムズワース

 

前作に引き続いて出演するのが、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、ジャド・ハーシュ、ブレント・スピナー、ヴィヴィカ・A・フォックス。

 

その他、マイカ・モンロー、トラヴィス・トープ、ウィリアム・フィクトナー、シャルロット・ゲンズブール、ジェシー・アッシャー、アンジェラベイビー。

 

☆英語字幕つきBDに期待

 

実は、本作、劇場で観ています。109シネマズ木場シアター4(座席は、D-8)、8月2日(火)15時35分の回のことです。

 

ところが、あまりにつまらなくて、レビューを書くのをやめてしまいました。けなすレビューを書くのは好きではありませんから。

 

しかし、今月5日にリリースされたBlu-ray Discは、20世紀フォックス製らしく、本編に英語字幕がつきますし、ひょっとすると特典にも英語字幕がつくかもしれません。映画自体はつまらなくても、特典の量も多いですし、これは試してみる価値があります。

 

とはいえ、3D盤はパスです。

 

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(3枚組)[4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray]
2016
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】インデペンデンス・デイ:リサージェンス 3D&2D ブルーレイセット スチールブック仕様 (オリジナルポストカードセット付き) [Blu-ray]
2016
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

セル盤は、アマゾンですら、上の4K UHD BDとの抱き合わせが6116円で、下のスチールブック仕様が6696円とべらぼうに高いのです。

 

ただし、太っ腹の20世紀フォックス、3D盤をレンタルしています。ゆえに、いずれそれを観てもよいかと思いつつも、特典のついている2D盤を観ることにして、セル盤とまったく同じ仕様・特典内容のレンタルBDを借り出すことにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

主な舞台は、2016年のアメリカ。

 

1996年、人類はエイリアンとの戦いに辛うじて勝利し、独立を高らかに宣言します。その後、再び来るかもしれない有事に備え、多大な犠牲と技術革新の上に、強固な地球防衛軍(ESD:Earth Space Defence)を築き上げてきました。

 

そして、20年後、エイリアンが再び地球に襲来します。しかし、今回のエイリアンは、想像を遥かに超える進化を遂げており、世界中に大被害をもたらします。

 

ESD部長デイヴィッド・レヴィンソン(ジェフ・ゴールドブラム)とフランスの精神科医キャサリン・マルソー(シャルロット・ゲンズブール)は、エリザベス・ランフォード大統領(セーラ・ウォード)と米軍のジョシュア・アダムズ将軍(ウィリアム・フィクトナー)の指示の下、調査に当たることにします。

 

元合衆国大統領トーマス・ホイットモア(ビル・プルマン)は、現在は大統領補佐官をしている娘のパトリシア・ホイットモア(マイカ・モンロー)の介護を受けている身でしたが、再び戦いに身を投じる覚悟を決めます。

 

そんな中、20年前の戦いで両親を失った戦闘機パイロットのジェイク・モリソン(リアム・ヘムズワース)は、20年前の英雄スティーヴン・ヒラー大尉の息子ディラン・ヒラー(ジェシー・アッシャー)とともに、人類の存亡を懸けた過酷な戦いに身を投じていくのでした……。

 

☆やっぱりつまらない
 

設定・脚本・演出・俳優・映像、すべてに新鮮味がなく、2時間弱の上映時間がとても長く感じられる凡作です。

 

そもそも、エイリアンの来襲という設定自体で「またか」という意識にさせられます。それをアメリカ人(と協力する中国人)のおかげで撃退するという展開も「これしかないんだよな」とうんざりさせられるのです。セットやCGによる映像も、過去のSF作品に似ており、格別だとほめるところがない映画なのです。

 

これで俳優がよければよいのですが、リアム・ヘムズワースを始め、ヒロインのマイカ・モンロー、ライバルで親友のジェシー・アッシャーの主役3人に魅力がなく、地球がこの3人で救えるはずがないではないかと憤ってしまうのでした。

 

ビル・プルマン演じる元大統領がよぼよぼになっているのに、いきなり戦闘機に乗って敵の宇宙船に乗り込んでいくに至っては、その年齢で訓練もしていないの、そんなことはできないだろうといいたくなります。プルマンにその疑問をねじ伏せるオーラもなく、さらに白けてしまうのです。脚本・演出の失敗です。

 

ウィリアム・フィクトナーにしても、『アルマゲドン』(1998)でブルース・ウィリスたちをいびっていた大佐だったのが、18年経って米軍大将になっているのですが、これも貫禄なさすぎです。チンピラ兵士にしか見えません。

 

救いは、ジェフ・ゴールドブラムとジャド・ハーシュの父子です。やっとまともな俳優が出てきたと、ほっとできます。期待していたシャルロット・ゲンズブールも働き場がなく、かわいそうです。

 

愛国心に燃えるアメリカ人と中国人俳優の活躍を観に行く中国人を当てにしての製作なのでしょう。それはそれで、そこそこの成果はあがっていますが、それだけのこと。一映画ファンとしては「残念ながら、もうこの映画は観なくて結構」と申し上げるしかないのでした。

 

内容: C-

 

++++++++++

 

画質(2.39:1): A-

 

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、8 Mbpsから41 Mbps。

 

撮影は、『HELL』(2011)のマルクス・フォーデラー

 

機材は、レッド・エピック・ドラゴン、レッド・ウエポン・ドラゴンHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(4K)。

 

4Kプロジェクター上映で見た木場でも感じたことですが、パッとしない画質です。

 

解像度もそこそこなら、色調もくすんでいて、まるでDVDをアップコンバートしたかのよう。どうしたことでしょう。

 

そもそも、彫りが浅く、場面によっては、フラットに見えます。奥行き感にしても、大したことがなく、映像に物語に引き込ませる力が足りません。輪郭が太らないことが、救いです。

 

色温度は、高め。全体的にブルーが支配的な色調です。しかし、その色あいもどこかくすんでおり、すっきりしません。肌の質感にも違和感を覚えます。

 

暗部情報はそれなりにありますが、十分とはいえません。コントラストが高くなく、見づらいシーンが生まれています。

 

大画面の近接視聴は可能ではありますが、推奨できかねます。

 

音質(DTS:X/DTS-HD Master Audio 7.1): A

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

ドルビーアトモス、IMAX 12上映作品。

 

絵に比べると音はましですが、突き抜けた凄みがないのです。

 

左右前後に音が定位し、音の出所が正確にわかる音響設計ではありますが、こちらの度肝を抜くほどの斬新なものではありません。

 

立体音場の密度もそこそこ。包囲感にはもの足りなさを感じますし、戦闘機がこれだけ飛び交うのに、移動感のキレも最高とはいえません。高さの表現も、明確ではなく、面白みに欠けます。

ノイズ・フロアは低いものの、どこか雑味が乗っているように感じます。津波・爆発シーンにしても、腹に堪える迫力が不足していて、興趣が乗りません。音楽も、やや団子気味です。

 

セリフの抜けは、問題なし。サ行も滑らかで、音像も肥大しません。発音も明瞭です。

 

超低音成分は、膨大。ただし、出ると、ブーミーになるのはいただけません。

 

英語学習用教材度: A/A-

 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹き替えつき。

 

セリフ量は多く、それでいてF-wordは一度も登場せず、俗語卑語の使用も最少に抑えられています(PG-13指定)。英語学習用教材として、十分に使えます。

 

英語字幕も、セリフをフォローしており、軍事・技術英語が多用され、勉強になります。

 

しかしながら、特典は量は多いのですが、それらに英語字幕がつきません。A/A-評価で止まった所以です。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆原題は、Independence Day: Resurgence。訳せば、「独立記念日:復活」となります。

 

☆大統領への呼びかけは、男性ならば、‟Mr. President”です。しかし、本作では、ヒラリー・クリントンを意識してか、女性が大統領という設定なので、‟Madam President”と呼びかけられます。この場合、配偶者は‟First Gentleman”と呼ばれます。さて、今回の大統領選、Madam Presidentの誕生となるでしょうか。

 

☆1億6500万ドルの製作費で、最終的に、アメリカで1億314万ドル、海外で2億8652万ドル、計3億8967万ドルのメガヒット。とはいえ、全米3億617万ドル、世界8億1740万ドルを売り上げた前作には遠く及びません。

 

特典は、かなりのものです。まずは、音声特典。

 

 ローランド・エメリッヒ(監督)による音声解説

 

音声は、ドルビーデジタル・ステレオ。残念ながら、英語字幕はつきません。

 

 〔じ開シーン集
  (ローランド・エメリッヒ監督による音声解説付き)(8:34):
   もう1つのオープニング
   バス停
   破壊されるホワイトハウス
   チャーリー、レインをデートに誘う
   沿道の会話
   女王船の内部
   ランフォード大統領の死
   別れを告げるキャサリン
 △△寮錣いら20年(ロングバージョン)(5:11)
 レヴィンソン親子のテレビ出演(3:07)
 ぅ瓮ぅング(55:25):
   新世代
   20年後の地球
   未来の技術
   侵略者たち
 NGシーン集(6:14)
 Ε灰鵐札廛函Ε◆璽函弊纏濂莉/無音声):
   エイリアン(70枚/5:48)
   AI(9枚/0:43)
   人類(36枚/2:58)
   ロケーション(19枚/1:33)
   オリジナル・イメージ集(18枚/1:28)
 オリジナル劇場予告編&TVスポット集(5:18):
  Дリジナル劇場予告編(1)
  ┘リジナル劇場予告編(2)
  TVスポット
 

映像:
  Ν◆ΝА銑 A
 ・ΑB
 ぁΝァBをベースに、Aが挿入
 A シネスコ・サイズ(2.39:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声: 
  銑ァΝ ドルビーデジタル・ステレオ
 АΝ─.疋襯咫璽妊献織 5.1

 

残念ながら、英語字幕はつきません。

 

言語設定を「英語」に切り替えると、米盤モードになりますが、音声特典・映像特典には英語字幕はつきません。嗚呼。

 

☆上掲の3種類のBDとともに、次の2種類のBDが入手可能です。

 

【Amazon.co.jp限定】インデペンデンス・デイ:リサージェンス 2枚組ブルーレイ&DVD (オリジナルポストカードセット付き)(初回生産限定) [Blu-ray]
2016
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】インデペンデンス・デイ:リサージェンス (オリジナルポストカードセット付き)(3枚組)[4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray]
2016
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

++++++++++

 

監督・出演俳優のファン以外の方は、パスしても問題なしでしょう。英語勉強用としても中途半端です。関心を持たれた方は、まずは、レンタル盤でお試しになることを推奨します。

 

| 外国映画(ア行) | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063233
トラックバック