CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< チリ33人 希望の軌跡(BD) | main | 『ミス・シェパードをお手本に』の英盤BD、6.99ポンドの最安値に >>
ズートピア(BD)
ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2016
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

原題:Zootopia  (2016)
上映時間:1:48:32
2016年4月23日 国内劇場初公開
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html

ゴウ先生総合評価: A+
  画質(2.39:1): A+
  音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+
  英語学習用教材度: A

『ボルト』(2008)『塔の上のラプンツェル』(2010)のバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』(2012)のリッチ・ムーア監督・原案によるアドベンチャー・ミステリー・ディズニー・アニメ。

 

共同監督・原案・脚本は、TV番組の脚本・原案・製作をしていたジャレド・ブッシュ

 

原案は、『ウォーリー』(2008)『シュガー・ラッシュ』(2012)のジム・リアドン、ストーリー・アーティストとして活躍していたジョシュ・トリニダッド、『シュガー・ラッシュ』(2012)『アナと雪の女王』(2013)のジェニファー・リー

 

共同原案・脚本は、『シュガー・ラッシュ』(2012)のフィル・ジョンストン

 

製作は、『リロ&スティッチ』(2002)『ルイスと未来泥棒』(2007)『ボルト』(2008)『シュガー・ラッシュ』(2012)のクラーク・スペンサー

 

製作総指揮は、『トイ・ストーリー』(1995〜2010)『バグズ・ライフ』(1998)『カーズ』シリーズ(2006・2011)の監督を務め、ディズニー・アニメのほとんどの作品の製作総指揮をしている大御所ジョン・ラセター

 

声の出演は、ジニファー・グッドウィン、ジェイソン・ベイトマン、イドリス・エルバ、ネイト・トレンス、J・K・シモンズ、ジェニー・スレイト、オクタヴィア・スペンサー、シャキーラ、ボニー・ハント。

 

☆大ヒットディズニーアニメBDには、英語字幕がついている

 

本作には関心があったのですが、劇場公開時には日本語吹替え版の上映が多くて、字幕版を観たい貧乏英語塾長は劇場行きを断念してしまいました。

 

しかし、世界で10億ドル以上売り上げた上に、評論家からの受けもすこぶるよい本作です(Rotten Tomatoesでは10点満点中8.1点、Metacriticでは100点満点中78点)。見逃すわけにはいきません。

 

しかも、ディズニー製Blu-ray Discの常で、本BDには英語字幕がついています。8月24日にリリースされると、3D盤は高すぎて無理ですが、2D盤をすぐに取り寄せたのでした。

 

☆あらすじ

 

主な舞台は、文明成熟度では人間界の現代と変わらない時代の動物たちの大都会ズートピア。


ウサギのジュディ・ホップス(ジニファー・グッドウィン)は、ズートピアから211マイル離れた田舎町バニーバロウに暮らしていた9歳のころから、警察官になるのが夢でした。

 

ところが、ウサギが警官になった例はなく、父スチュー(ドン・レイク)・母ボニー(ボニー・ハント)を含め周囲の動物たちから、その夢を断念するようにと何度も諭されます。

 

しかし、ジュディはあきらめません。15年後、身体の小ささとパワーのなさを必死の勉強と訓練で補い、警察学校を首席で卒業し、大都会ズートピアで警察官として働くことになります。もちろん、史上初のウサギの警察官です。歌姫ガゼル(シャキーラ)の「Try Everything」を聴きながら、親元を離れ、ズートピアに向かいます。

 

立派な警察官をめざして意欲満々のジュディでしたが、周囲は小さなウサギに務まるはずないと半人前扱いです。

 

ズートピアのライオンハート市長(J・K・シモンズ)とベルウェザー副市長(ジェニー・スレイト)の鳴り物入りでズートピア警察署(ZPD)に務めだしたものの、署長のボゴ(イドリス・エルバ)は、ジュディの実力を認めず、駐車違反の取締係(meter maid)で使います。唯一の味方は、人のよい受付のクロウハウザ(ネイト・トレンス)だけでした。

 

落ち込むジュディですが、それでも決してへこたれません。ジュディが知り合ったニック・ワイルドというキツネの詐欺師(ジェイソン・ベイトマン)の影響もあって、何としても、ズートピアで起きている14件もの連続行方不明事件の捜査にに参加することにします。

 

駐車違反の取締中にイタチのひったくりを逮捕したことで、がむしゃらにボゴ署長に捜査参加を訴えたジュディは、事件捜査を許可されます。しかし与えられた時間はたったの48時間。しかも、それに失敗すればクビという厳しい条件です。

 

そこでジュディは、この街をよく知るニックに協力を頼み、ふたり(2匹?)で少しずつ事件の核心へと迫っていくのでした……。

 

☆大傑作!

 

キャラクター、ストーリー展開、演出、アニメの質、声優、音楽すべてが高次元で結びつき、深い感動を与えます。ディズニーアニメ55作の中でも、トップクラスの傑作と評します。

 

とにもかくにも、ジュディ・ホップスのキャラクターがすばらしい。常に夢と希望を追い求める前向きな性格だけでも泣かせるのに、『バックスバニー』の伝統にしたがうその可愛らしい絵にしびれるのです。

 

耳をピンと立ててハツラツと活躍する姿も頼もしいですし、耳を後ろに寝かせている自信喪失の姿にもはかなさを感じ、共感を覚えます。

 

そのうえに、顔の半分を占める大きな目がものをいって、ジュディを見つめているだけで、心がわしづかみされてしまいました。これだけ魅力的なアニメ・キャラクターは、『トイ・ストーリー』(1995)のウッディ以来です。

 

ジュディほどではないものの、その他のキャラクターも侮れません。そして、それらがすべて絶妙なストーリー展開と結びつくのに、感心します。ずるがしこいキツネのニックから、すべてがスローモーな陸運局のナマケモノの窓口係員まで、ユニークな魅力を放つのです。

 

クライム・サスペンスとして行方不明事件の謎を解決していくストーリー展開も、秀逸。予測できたこととはいえ、どんでん返しもうまく決まって、大人の視聴に堪えます。

 

そのうえ、多くの種類の動物、特に草食動物と肉食動物を対比させることで、人種・言語・民族の違いをお互いに尊重しようという人間界に通じる貴重なメッセージを声高なお説教にならずに主張していて、その手際のよさに感銘を受けた次第です。ディズニーアニメには、このような直接的な道徳的教訓が本当によく似合います。

 

演出も、粋です。笑いがふんだんに織り込んでありますし、ボゴ署長がジュディに向かって『アナと雪の女王』(2014)の名セリフ“Let it go”を使ったり、ギャングの親分に『ゴッドファーザー』(1972)のマーロン・ブランドの名セリフのパロディをやらせたり、過去のディズニーアニメや名画へのオマージュも含まれ、映画ファンであればあるほど、にやりとできるようになっています。

 

動物を擬人化したアニメも、各動物に抱く一般的なイメージをフル活用して、着用している服まで決めてあり、月並みに陥りません。とりわけ、ジュディの着衣のキュートさは格別です。

 

声優も、素晴らしい限り。特に、ジニファー・グッドウィンは、まさにジュディそのものです。文句をつけるとすれば、ジェイソン・ベイトマンがいまひとつに思えたのが、本人のファンとしては残念でした。

 

『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009)でアカデミー作曲賞を受賞し、ディズニーアニメにかなり起用されているマイケル・ジャッキノの音楽も、その受賞作以上に記憶に残るスコアを書いており、称賛を惜しみません。

 

もちろん主題歌の「すべてにがんばれ」と訴えるコロンビアの歌姫シャキーラが唄う「Try Everything」も、本作の趣旨に合っていて、最高です。

 

久しぶりに、心底感動させられる映画に出会いました。

 

内容: A++/A+

++++++++++

画質(2.39:1): A+/A

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、3 Mbpsから43 Mbps。

 

マスター・フォーマットは、DI(2K)。オリジナル・アスペクト比も、2.39:1。

 

高画質ではありますが、高画質のCGアニメのBD画質に慣れてきた目から見ると、現在最高レベルからやや劣るように思えます。

解像度は、十分です。細部までくっきりと描かれた絵は、彫りも深いし、奥行き感も十分に出ています。

 

発色は、ニュートラル。色数も多く、色乗りも、べたつくことはありません。しかし、なぜか、特に背景が白浮きしたように霞んでいるのは賛成しかねます。奥行きを感を強調するための策なのでしょうが、やや艶消しです。ただし、手前の色あいは鮮明そのものです。

暗部情報も、黒の階調が滑らかで、十分。CGアニメ映画でこういうことを書くのははばかれますが、見づらいシーンはどこにもありません。

 

大画面の近接視聴も、何の問題もなしです。

 

音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

一部の劇場では、ドルビーアトモスで上映された作品です。しかし、ディズニーBDでは、依然としてドルビーアトモスは搭載されず、本BDもDTS-HD Master Audio 7.1仕様となりました。

 

とはいえ、ディズニーBDのDTS-HD Master Audio 7.1の音のよさは、定評のあるところ。貧乏英語塾長も、全幅の信頼を置いています。

 

ところが、本作では、それがイマイチ不発なのです。

 

左右前後に音が定位し、やや露骨なくらい音の出所が正確にわかる音響設計のおかげで、立体音場も濃密そのもので、包囲感は十分です。

 

しかし、それだけでは、いまは当たり前。驚きがありません。特に、サラウンドバック・スピーカーの活躍度が限定的であるために、前後の移動感にものたりなさを覚えますし、左右の移動感も目覚ましいものではありません。

ノイズ・フロアは、最低レベル。細かい効果音も十分です。音楽も団子状にならず、すっきりとしています。弦楽器の響きも滑らかです。

 

セリフの抜けも、やや問題。ジュディ役のジニファー・グッドウィンの声はすっきりと響くのですが、なぜかニック役のジェイソン・ベイトマンの声がこもっています。ただし、サ行は滑らかですし、発音は明瞭です。

 

超低音成分は、出ると、かなりのものです。大型動物の警官たちが机をドンと叩くだけでも、部屋が揺れます。ブーミーになるほどではありませんが、大迫力です。部屋によっては、調整が必要でしょう。

 

英語学習用教材度: A+
 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹替えつき

セリフは、大量。しかも、ディズニーアニメですから、俗語・卑語がまったく登場しません(PG指定)。安心して、テクストとして使えます。

 

しかも、使われる英語も正統的なものですし、声優たちの発音も見事に美しく、大いに勉強になります。非常にすばらしい教材と断言できます。

 

さらに、英語字幕が完璧にセリフをフォローし、とても勉強しやすい素材です。

 

惜しむらくは、特典は多いのに、これはディズニーBDの悪い癖なのですが、それに英語字幕がつきません。これさえ修正されれば、A++以上の評価にしていました。

 

++++++++++
  
気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆原題も、Zootopia。もちろん、“zoo”と“utopia”をあわせた「動物たちの理想郷」という意味の合成語です。ユートピアを否定するディストピア映画が多い昨今、立派な戦略だと高く評価します。

☆1億5000万ドルの製作費で、アメリカで3億4127万ドル、海外で6億8196万ドル、計10億2323万ドルのメガヒット。当然の結果でしょう。

 

特典は、次の映像特典です。

 

  ‥按譽螢機璽繊本物の動物たち(9:58)
 ◆〕き出るアイデア(9:15)
  製作スタッフを囲んで (イントロダクション付き)(18:23):
    キャラクターの特徴 (5:47)
    楽園のデザイン (5:44)
    アニメーションの技法 (6:52)
 ぁBGM 収録:スタジオツアー (4:59)
 ァ ̄れキャラを探せ! (3:23)
 Α.潺紂璽献奪ビデオ ♪トライ・エヴリシング by シャキーラ (3:21)
 А―弍蕕鯑┐靴織ャラクターたち (3:14)
 ─〔じ開シーン(監督のイントロダクション付き)(28:03):
    もうひとつのオープニング (4:08)
    ニックの新規事業 (2:44)
    早くもホームシック (3:26)
    捜査開始! (1:39)
    ジュディとニックの出会い (2:59)
    彼がボーイフレンド? (2:45)
    パーティーに遭遇 (3:11)
 

映像:
  Ν・ぁA
 ◆ΝΑΝАAを基本に、Bを挿入
 ァΝ─覆燭世掘▲ぅ鵐肇蹐蓮A) B

 A ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B シネスコ・サイズ(2.39:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)

 

音声: ドルビーデジタル・ステレオ

 

上述どおり、残念ながら、英語字幕はつきません。なお、BDプレーヤーの言語設定を英語にしても、米盤仕様になることもありません。

 

Α岷れキャラを探せ! 」は、最高です。本作の中に隠れている過去のディズニーアニメ作品へのオマージュ描写を紹介してくれていて、ディープなファンならば、この特典をヒントにBDを何度も見返して、オマージュ描写を探したくなるはずです。

 

А崕弍蕕鯑┐靴織ャラクターたち」も、十分に面白い必見特典です。出演できなかったキャラクターだけで一本の長編アニメができそうです。

 

☆この通常盤以外に、本作は3D盤を含め3種類のBDが入手可能です。

 

ズートピアMovieNEXプラス3D:オンライン予約限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2016
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】 ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] (ジュディのニンジンペン[ 録音機能なし ]付) [Blu-ray]
2016
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】 ズートピア MovieNEXプラス3D:オンライン予約限定商品(ジュディのニンジンペン[ 録音機能なし ]付) [Blu-ray]
2016
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

++++++++++

 

映画ファン、必見。ディズニーアニメ・ファン、必携。BDは、絵と音が完璧でなく、特典に英語字幕がつかないことは残念ですが、映画自体は絶品です。貧乏英語塾長、3D盤を購入したくなりました。強くオススメします!

 

| 外国映画(サ行) | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック