CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ショート・レビュー:母と暮せば(BD) | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 6月23・24日発売分 >>
気になる英語表現(16‐21):英国民よ、英国をEUから離脱させるな

The Washington Postが、最新社説でイギリスのEU離脱問題について論究しています。

A ‘Brexit’ would be perilous for not just for the U.K., but for the world
By Editorial Board June 16 at 7:10 PM

どんな内容なのでしょう。大いに気になります。早速分析してみましょう。

社説は、ヘッドラインを入れて、総数8段落541語

それほど長くはないのですが、かなり難解な単語が混じっていて、正確に理解するのは難しい英文です。7分半でざっくりと和訳できたら、TOEIC900点以上。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

***********

A ‘Brexit’ would be perilous for not just for the U.K., but for the world

THE EUROPEAN Union is not popular just now. The E.U.’s median favorability rating in 10 major nations, encompassing 80 percent of its 508 million inhabitants, is a tepid 51 percent, according to a recent Pew Research Center survey. This is not surprising given the crises — economic, migratory and security-related — confronting Europe.

In the United Kingdom, the E.U.’s approval rating is an even lower 44 percent, even though Britain has opted out of Europe-wide institutions that euroskeptics most dislike — such as the common currency — and has negotiated other special exemptions from E.U. strictures. In this skeptical mood, British voters will go to the polls June 23 and choose whether to stay in the E.U. or begin a negotiated departure. “Brexit” would be the first such secession in E.U. history but, if successful, possibly not the last. The latest polls — taken before Thursday’s shocking assassination of Jo Cox, a pro-E.U. Labour Party member of Parliament, prompted a suspension of the referendum campaign — suggest British voters may well vote “leave.”

This would be contrary to the pleas of Prime Minister David Cameron, President Obama and practically every elected leader across Europe. It would be contrary to the internationalist example set by Ms. Cox, a committed and thoughtful campaigner for the rights of refugees and supporter of a vigorous British response to the Syrian war that has forced so many to flee.

It also would be dangerous for the world, for Europe and, not least, for Britain.

We understand the populist impulse behind the Brexit surge. Brussels and its multiple officious agencies are remote; their ponderous processes offer no prompt resolution to the issues that worry Britons most, including a surge of immigrants via the borderless E.U. That this impulse is understandable, however, does not make it any less, well, impulsive; there’s nothing particularly new, or particularly admirable, about the politics of anti-immigrant backlash. Any control Brexit would “take back,” to paraphrase the Leave campaign slogan, would be offset by increased economic uncertainty and political tension, to include conflict, potentially, with Scotland, which might rethink its recent vote to remain in the U.K. rather than join a flight from Europe. Brexiteers promise a boom born of deregulation; practical people grasp that Britain’s global financial center and export economy require regulation and standard-setting, including some that will inevitably be carried out multilaterally. Leaving the E.U. won’t change that reality, just render Britain less influential in shaping it.

For all its defects, the European Union is still a force for comity and commerce among the peoples of the continent, and a multiplier of their power and influence on the world stage. The E.U. is a strong partner with the United States, especially so when it includes Britain’s economy, the world’s fifth largest, and its military, the fifth most powerful . What’s more, it is a force for stability, possibly the most important of all the public goods that governing institutions provide — but, alas, the one most often taken for granted. Sensible citizenries prize stability as well as grievance and don’t lightly vent the latter at the risk of the former.

Come June 23, we hope the British people will vote accordingly.

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

***********

A ‘Brexit’ would be perilous for not just for the U.K., but for the world

*****語句の説明*****
 

Brexit  英国のEU離脱:“Britain”(英国)と”exit”(退出する)の造語
perilous  危険な

 

*****対訳*****

英国がEUから離脱すれば、英国にとってだけではなく、世界にとっても災厄なものになるだろう

***********

THE EUROPEAN Union is not popular just now. The E.U.’s median favorability rating in 10 major nations, encompassing 80 percent of its 508 million inhabitants, is a tepid 51 percent, according to a recent Pew Research Center survey. This is not surprising given the crises — economic, migratory and security-related — confronting Europe.

*****語句の説明*****

 

median  平均;中央値

favorability rating  好感度

encompass  …を包含する;取り囲む

inhabitant  住民,居住者

tepid  熱意に欠ける,気のな

migratory  移住の

 

*****対訳*****

欧州連合は、いま現在人気がない。EU主要10か国(EU全人口5億800万人の8割を占める)におけるEUの平均好感度は、最近のピュー・リサーチ・センターの調査によれば、気の抜けるような51パーセントだ。この結果は、ヨーロッパが直面している(経済、移民、安全保障に関連した)危機を考えれば、驚くべきことではない。

***********

In the United Kingdom, the E.U.’s approval rating is an even lower 44 percent, even though Britain has opted out of Europe-wide institutions that euroskeptics most dislike — such as the common currency — and has negotiated other special exemptions from E.U. strictures. In this skeptical mood, British voters will go to the polls June 23 and choose whether to stay in the E.U. or begin a negotiated departure. “Brexit” would be the first such secession in E.U. history but, if successful, possibly not the last. The latest polls — taken before Thursday’s shocking assassination of Jo Cox, a pro-E.U. Labour Party member of Parliament, prompted a suspension of the referendum campaign — suggest British voters may well vote “leave.”


*****語句の説明*****

approval rating  支持率

opt out of  …から脱退する

euroskeptic  ユーロに懐疑的な人,ユーロ懐疑論者

negotiate  …を取り決める,協定する

exemption  免除;控除

stricture  拘束

poll  投票;世論調査

secession  離脱

assassination  暗殺

pro-  …に賛成の

Parliament  英国会

suspension  停止

referendum  国民投票,住民投票

*****対訳*****

英国におけるEUの支持率は、さらに低い44パーセントである。英国がヨーロッパ全体を網羅する制度、すなわちユーロ懐疑論者たちがもっとも嫌うたとえば共通通貨から離脱し、EUの拘束から他の特別な免除を取り決めで手に入れたにもかかわらず、この数字なのである。この懐疑的なムードの中で、英国の有権者たちは6月23日に投票に行き、EUにとどまるか取り決められた離脱を始めるかを選ぶのだ。「英国のEU離脱」が実現すれば、EU史上初めての離脱となるが、もし成功したら、おそらくこれが最後にならない。最新の世論調査によれば、それはEU支持の労働党国会議員であるジョー・コックスの衝撃的な木曜日の暗殺の前に行われたものだが、国民投票運動の停止を促したものであり、英国有権者たちが「EU離脱」に投票すると示唆されている。

***********

This would be contrary to the pleas of Prime Minister David Cameron, President Obama and practically every elected leader across Europe. It would be contrary to the internationalist example set by Ms. Cox, a committed and thoughtful campaigner for the rights of refugees and supporter of a vigorous British response to the Syrian war that has forced so many to flee.

*****語句の説明*****

contrary to  …に反して

plea  嘆願;答弁;罪状認否

practically  ほとんど

committed  熱心に取り組む;献身的な

refugee  難民

vigorous  激しい,精力的な,活気あふれる

flee  …が逃げる

*****対訳*****

この現状は、デヴィッド・キャメロン首相、オバマ大統領、そして選挙で選ばれたほとんどすべてのヨーロッパの国家指導者たちの嘆願に反するものである。それはまた、コックス氏のなした国際主義的事例に反するものである。氏は、難民の権利のために熱心かつ思慮深い運動家であり、非常に多くの人々を逃げざるを得なくしたシリア戦争に対して激しく英国が対応することを支持した人であった。

***********

It also would be dangerous for the world, for Europe and, not least, for Britain.

*****語句の説明*****

not least  特に,とりわけ

*****対訳*****

また、英国のEU離脱が実現すれば、世界、ヨーロッパ、そしてとりわけ英国にとって、このことは危険なものとなるだろう。

***********

We understand the populist impulse behind the Brexit surge. Brussels and its multiple officious agencies are remote; their ponderous processes offer no prompt resolution to the issues that worry Britons most, including a surge of immigrants via the borderless E.U. That this impulse is understandable, however, does not make it any less, well, impulsive; there’s nothing particularly new, or particularly admirable, about the politics of anti-immigrant backlash. Any control Brexit would “take back,” to paraphrase the Leave campaign slogan, would be offset by increased economic uncertainty and political tension, to include conflict, potentially, with Scotland, which might rethink its recent vote to remain in the U.K. rather than join a flight from Europe. Brexiteers promise a boom born of deregulation; practical people grasp that Britain’s global financial center and export economy require regulation and standard-setting, including some that will inevitably be carried out multilaterally. Leaving the E.U. won’t change that reality, just render Britain less influential in shaping it.

*****語句の説明*****

impulse  衝動;誘発要因,傾向

surge  急に高まること,急上昇;躍進;うねり

Brussels  EU本部,欧州委員会

officious  非公式の

ponderous  重たい;扱いにくい,動かしにくい

prompt  迅速な

resolution  決議

Briton  英国人

via  …を経由して

admirable  賞賛に値する,立派な

backlash  反発,反動

take back  …を取り消す

offset  …を相殺する

flight  逃亡

deregulation  規制緩和

standard-setting  基準設定

inevitably  不可避的に,必然的に

multilaterally  多国間で,多面的に

render  …を…の状態にする

*****対訳*****

英国のEU離脱運動の高まりの裏にポピュリズム的衝動が隠れていることをわれわれは理解する。EU本部とその多数の非公式組織は、遠く離れている。その重々しい決定プロセスは、国境のないEUを経由した移民の急増などの英国人たちをもっとも心配させる問題への迅速な決議をなんら行わない。しかし、この衝動が理解できるものであることが、それを衝動的に行ってもよいということではない。移民反対という反発に関しては、新しいことも、賞賛に値するようなことも特にない。英国のEU離脱が「取り消す」(これはEU離脱運動のスローガンをいい換えたものだ)ことを望むあらゆる管理体制は、増大する経済の不確実性と政治的緊張によって相殺されることだろう。その中には、将来起こりうるスコットランドとの衝突が含まれる。というのも、スコットランドはEUからの離脱よりも英国にとどまるために行われた最近の住民投票を考え直すかもしれないからだ。英国のEU離脱論者たちは、規制緩和が生み出す好景気を約束する。しかし、実務的な人々は、英国のグローバルな金融センターと輸出経済が規制と基準設定を必要としていることを把握している。その中には、多国間で不可避的に実行されるものが含まれている。EUを去ることが、この現実を変えることにはならないのだ。ただ英国を現実を作る際に影響力がなくなるだけのことである。

***********

For all its defects, the European Union is still a force for comity and commerce among the peoples of the continent, and a multiplier of their power and influence on the world stage. The E.U. is a strong partner with the United States, especially so when it includes Britain’s economy, the world’s fifth largest, and its military, the fifth most powerful . What’s more, it is a force for stability, possibly the most important of all the public goods that governing institutions provide — but, alas, the one most often taken for granted. Sensible citizenries prize stability as well as grievance and don’t lightly vent the latter at the risk of the former.

*****語句の説明*****

for all  …にもかかわらず

comity  礼譲

multiplier  乗算機;増加させるもの

on the world stage  世界のひのき舞台で、国際舞台で

what’s more  さらに

alas  嗚呼

take for granted  …を当然だと思う

sensible  良識ある

citizenry  市民,国民

prize  …を尊重する

grievance  腹立ち,怒り;不満,不平

vent  …を発散させる,爆発させる

at the risk of  …を犠牲にして

*****対訳*****

欧州連合は、欠陥を抱えているにもかかわらず、依然として欧州大陸の人々の間の礼譲と商業のための力をもち、国際舞台での欧州人のパワーと影響力を増大させている。EUは米国の強力なパートナーであり、それが世界で5番目の英経済と5番目に強力な英軍隊を含めると、特にそうである。さらに、EUは安定性、すなわちおそらく統治機構が提供する公共財の中で最も重要なを与える力がある。しかし、残念なことに、安定性は当たり前のように思われている。良識ある市民たるもの、安定性を不満とともに尊重し、前者を犠牲にして後者を軽々しく爆発させるようなことはしないものだ。

***********

Come June 23, we hope the British people will vote accordingly.

*****語句の説明*****

come  …になると

accordingly  適切に;それに応じて

*****対訳*****

6月23日がやってくる。英国民が適切に投票することをわれわれは望んでいる。

++++++++++

Brexitがどうなるのか。予断を許しません。

個人的に英国人に感心するのは、彼らが他国の思惑に左右されずに、自分たちの考えで行動していることです。そこに、英国の伝統的個人主義を感じます。周囲を気にして、付和雷同になりがちな日本人からは理解しがたいことですが、事の善悪は別にして、EU離脱を唱える態度が英国人らしいと思ってしまうのです。

こういう微妙な国民性は、その国の動向をしっかりとフォローしていないと、なかなか理解できません。だからこそ、英語で情報を集めることが必要になってくるのです。ぜひとも高度な英語力を身につけ、世界の動きに敏感になるように努めてください。

当英語塾INDECは、いつでもお手伝いをいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

| 気になる英語表現 | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック