CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ギドン・クレーメル&リュカ・ドゥヴァルグ デュオ・リサイタル2016 第2日 | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 6月22日発売分 >>
気になる英語表現(16‐20):グルテンフリー・ダイエットに、科学的根拠なし
Los AngelesTimesが、論説欄(Op-Ed)でグルテンフリー・ダイエットについての論文を掲載しています。

The truth about gluten-free diets
Peter H.R. Green and Rory Jones
June 9, 2016, 5:00 AM

どんな内容なのでしょう。大いに気になります。早速分析してみましょう。
論文は、ヘッドラインを入れて、総数10段落674

かなり長くて、医学の専門用語が多用されています。ゆえに、通常のTOEIC受験者には正確に理解するのは大変な文章です。しかし、主張自体は平明なので、語彙力さえあれば、読みやすい英文だともいえます。

しかも、その語彙も、英米の大学院に行くには、medical schoolはもちろん、他の分野の大学院でも、必須の単語ばかりです。留学志望者の人は、この際覚えてしまいましょう。

9分でざっくりと和訳できたら、TOEFLリーディング・セクション26点以上。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

***********

The truth about gluten-free diets

“We bake our own pastry, gluten is now Satanreads a knowing sign in San Francisco. The gluten-free diet has now surpassed all others searched for on Google in the United States, beating the South Beach, Atkins and Paleolithic diets along with veganism, low-carb, low-calorie and organic food in terms of Internet interest. Best-selling books tout gluten as the main source of health problems affecting everything from the brain to the belly. It’s the topic of cartoons in the New Yorker and fodder for late-night comedy shows. Movie stars, television personalities and major sports figures all sing the praises of a gluten-free diet. They say it makes them feel healthier, stronger and even happier.

And yet, there is little scientific evidence to support these claims. People seem to be drawing wild conclusions from the fact that those who suffer from celiac disease must cut every trace of gluten out of their diet, deciding illogically that if cereal grains such as wheat, rye and barley are harmful to a small slice of the population, then they must be harmful to everyone. The association with celiac disease seems to give the gluten-free diet more medical legitimacy than other diets.

Celiac disease occurs in about 1% of the population. Those who develop it mount an immune reaction to gluten resulting in inflammation in the small intestine and malabsorption of nutrients. The skin, teeth, bones, liver, and the nervous system may all be affected, with manifestations ranging from short stature and failure to thrive in childhood to gastrointestinal symptoms at any age and anemia or osteoporosis in adulthood.

For those with celiac disease, gluten is toxic. But for the vast majority who don’t have the disease, it may actually be detrimental to eliminate it. A gluten-free diet frequently lacks fiber. And while wheat flour is enriched with vitamins and iron, non-gluten containing flours are not fortified. As a result we see people on a gluten-free diet who are vitamin deficient. Many gluten-free products also have added sugar and fat to ensure palatability, which can cause weight gain.

Of course a gluten-free diet is also socially inconvenient and requires constant vigilence, as anyone with celiac disease can tell you. Not only are staples such as pasta, bread and beer suddenly off limits, but wheat flour and vital gluten (a purified commercially available form of gluten) are often added to products such as seasoning and sauces, soy sauce and sushi, candies and dietary supplements. Communion wafers and matzah contain gluten as well.

Some physicians and nutritionists recommend a gluten-free diet to prevent autoimmune diseases, reduce inflammation or treat depression and fatigue. Gluten-free diets are even prescribed for those with autism. None of these indications have a scientific basis. Nor is it true that removing gluten from one’s diet increases energy, as is often claimed. One study of competitive cyclists found that a gluten-free diet did not increase energy output.

All that said, there are individuals with irritable bowel syndrome who improve on a gluten-free diet, in the absence of celiac disease. These people appear to have a gluten or wheat sensitivity. But the number of people who have non-celiac wheat sensitivity is unclear. At any rate, it is a small percentage of those who have adopted the diet. Most people who believe that they are wheat-sensitive, without medical confirmation, are probably not.

The gluten-free food industry now occupies a multibillion-dollar niche, so who knows how long this trend will last? We understand why many people look for a dietary cause for their fatigue or other symptoms; removing gluten from one’s diet is a relatively easy fix, especially for those who have already sought medical help without a satisfactory result. We wish we could at least say that gluten-free diets are perfectly harmless, if not particularly helpful. But that’s not what the evidence suggests.

What gluten-free faddists don’t seem to realize is that in excluding gluten, they’re also excluding a host of nutrients that keep them out of the doctor’s office, not in it.

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

***********

The truth about gluten-free diets

*****語句の説明*****

gluten-free  グルテンフリーの,グルテン(麦類に入っているタンパク質)のない

*****対訳*****

グルテンフリー・ダイエットの真実

***********

“We bake our own pastry, gluten is now Satanreads a knowing sign in San Francisco. The gluten-free diet has now surpassed all others searched for on Google in the United States, beating the South Beach, Atkins and Paleolithic diets along with veganism, low-carb, low-calorie and organic food in terms of Internet interest. Best-selling books tout gluten as the main source of health problems affecting everything from the brain to the belly. It’s the topic of cartoons in the New Yorker and fodder for late-night comedy shows. Movie stars, television personalities and major sports figures all sing the praises of a gluten-free diet. They say it makes them feel healthier, stronger and even happier.

*****語句の説明*****

Satan  悪魔,サタン,魔王
read  …と書いてある
surpass  …を上回る,しのぐ
South Beach diet  サウスビーチ・ダイエット:炭水化物と脂質を
 「体に良いもの」と「体に悪いもの」に分け、体に良いものだけを食べることで、
 肥満予防及び減量を目指したダイエット法
Atkins diet  アトキンス・ダイエット:糖質制限ダイエット
Paleolithic diet  パレオダイエット:原始人のように、穀類を食べず、
 肉・魚・野菜などを食べるダイエット法
veganism  ヴィーガニズム:純菜食主義
tout  …を大げさに宣伝する;押し売りする,うるさく勧誘する
belly  
cartoon  風刺漫画
fodder  (風刺の)素材;飼料,餌
television personality  テレビ・タレント
sing the praises of  …をほめたたえる

*****対訳*****

「自分たち独自のペーストリーを焼いています。グルテンはいまや悪魔ですから」とサンフランシスコのわけしり顔の標識には書いてある。グルテンフリー・ダイエットは、いまや米国におけるグーグルで検索される他のダイエット法すべてよりも検索されている。つまり、ヴィーガニズム、ローカーボ、低カロリー、有機食品ダイエットとともに、サウスビーチ・ダイエット、アトキンス・ダイエット、パレオダイエットよりもインターネットで関心が高いのだ。ベストセラーの本は、グルテンを脳からお腹に至るあらゆることに影響する健康問題の主な原因として大げさに書きまくっている。グルテンは、『ニューヨーカー』誌の風刺漫画の主題となり、深夜のコメディ番組の素材となっている。映画スター、TVタレント、有名スポーツ選手がすべてグルテンフリー・ダイエットをほめたたえている。みんな口をそろえて、そのダイエットのおかげで、より健康で、より強く、さらにはより幸せになったというのだ。

***********

And yet, there is little scientific evidence to support these claims. People seem to be drawing wild conclusions from the fact that those who suffer from celiac disease must cut every trace of gluten out of their diet, deciding illogically that if cereal grains such as wheat, rye and barley are harmful to a small slice of the population, then they must be harmful to everyone. The association with celiac disease seems to give the gluten-free diet more medical legitimacy than other diets.

*****語句の説明*****

and yet  それにもかかわらず
conclusion  結論
suffer from  …に悩まされる
celiac disease  セリアック病,グルテン拒否症
illogically  非論理的に
wheat  小麦
rye  ライ麦
barley  大麦
association  関連
legitimacy  合法性,妥当性

*****対訳*****

にもかかわらず、こうした主張を支持する科学的証拠はほとんどない。人々は、セリアック病で苦しんでいる人たちがその食事からあらゆるグルテンを摂取してはならないという事実から、狂気じみた結論を引き出し、小麦、ライ麦、大麦といった穀物がほんの一部の人々に対して害があるのなら、それはすべての人々に対しても害があると非論理的に決めつけているように見える。セリアック病との関連が、グルテンフリー・ダイエットに他のダイエット法よりも医学的な合法性を与えているようなのだ。

***********

Celiac disease occurs in about 1% of the population. Those who develop it mount an immune reaction to gluten resulting in inflammation in the small intestine and malabsorption of nutrients. The skin, teeth, bones, liver, and the nervous system may all be affected, with manifestations ranging from short stature and failure to thrive in childhood to gastrointestinal symptoms at any age and anemia or osteoporosis in adulthood.

*****語句の説明*****

mount  …を備え付ける;に乗る
immune reaction  免疫反応
result in  …という結果になる
inflammation  炎症
small intestine  小腸
malabsorption  吸収不良
nutrient  栄養素
manifestation  兆候;発現;明示
short stature  小人症,低身長症
thrive  …が健康に育つ;繁栄する
gastrointestinal symptom  胃腸症状
anemia  貧血
osteoporosis  骨粗しょう症

*****対訳*****

セリアック病が発生するのは、人類全体の約1パーセントだ。それを発症する人々は、グルテンに対する免疫反応を組み込んでいる。その結果、小腸の炎症と栄養素の吸収不良を起こすのである。皮膚、歯、骨、肝臓、神経系がすべて影響を受けてしまうことがあり、小人症や子供の時の成長障害からあらゆる年代での消化器疾患や成人してからは貧血もしくは骨粗しょう症を引き起こす。

***********

For those with celiac disease, gluten is toxic. But for the vast majority who don’t have the disease, it may actually be detrimental to eliminate it. A gluten-free diet frequently lacks fiber. And while wheat flour is enriched with vitamins and iron, non-gluten containing flours are not fortified. As a result we see people on a gluten-free diet who are vitamin deficient. Many gluten-free products also have added sugar and fat to ensure palatability, which can cause weight gain.

*****語句の説明*****

toxic  有害な
detrimental  有害な,不利益な
eliminate  …を除去する
frequently  頻繁に
be enriched with  …に富んでいる
fortify  …の栄養価を高める;を強化する
vitamin deficient  ビタミン欠乏の
palatability  おいしさ

*****対訳*****

セリアック病患者にとって、グルテンは有害である。しかし、その病気を抱えていない大半の人々にとって、グルテンを除去するほうが実際には不利益となるだろう。グルテンフリー・ダイエットは、頻繁に繊維質不足となる。さらに、小麦粉はビタミンと鉄分に富んでいるのに、ノングルテン粉は栄養価が高くない。その結果、グルテンフリー・ダイエットをしている人々はビタミン欠乏症になるとわれわれは見ている。また、多くのグルテンフリー製品は、砂糖と脂肪を追加して美味しくしている。このことが体重増加を引き起こす可能性がある。

***********

Of course a gluten-free diet is also socially inconvenient and requires constant vigilence, as anyone with celiac disease can tell you. Not only are staples such as pasta, bread and beer suddenly off limits, but wheat flour and vital gluten (a purified commercially available form of gluten) are often added to products such as seasoning and sauces, soy sauce and sushi, candies and dietary supplements. Communion wafers and matzah contain gluten as well.

*****語句の説明*****

inconvenient  不都合な
vigilence  忍耐
staple  主食
off limits  使用禁止の;立ち入り禁止の
vital gluten  バイタルグルテン
purified  精製された
communion  聖体拝領
matzah  マツァ:ユダヤ人が過越の祭りで食べる種なしパン

*****対訳*****

もちろん、グルテンフリー・ダイエットは人と付き合ううえで不都合でもあり、絶えず忍耐を求める。そのことは、セリアック病患者ならだれでも口にすることだ。パスタ、パン、ビールといった主要食品が突然使用禁止になるばかりでなく、小麦粉とバイタルグルテン(商業用に使われる精製されたグルテン)は調味料とソース、醤油つきの寿司、お菓子、栄養補助食品のような製品にしばしば付加されているのだ。聖体拝領用のウェハースとマツァも、グルテンを含んでいる。

***********

Some physicians and nutritionists recommend a gluten-free diet to prevent autoimmune diseases, reduce inflammation or treat depression and fatigue. Gluten-free diets are even prescribed for those with autism. None of these indications have a scientific basis. Nor is it true that removing gluten from one’s diet increases energy, as is often claimed. One study of competitive cyclists found that a gluten-free diet did not increase energy output.

*****語句の説明*****

autoimmune disease  自己免疫疾患
depression  うつ病
fatigue  疲労
prescribe  …を処方する
autism  自閉症

*****対訳*****

一部の医師と栄養士が、自己免疫疾患を予防し、炎症を抑え、うつ病と疲労を治療するためにグルテンフリー・ダイエットを推奨している。グルテンフリー・ダイエットは、自閉症患者にまで処方されている。このような指示のどれも、科学的根拠をもたない。よく主張されていることだが、グルテンを食事から取り除くとエネルギーが高まるということも正しくない。自転車競技者たちに関するある研究では、グルテンフリー・ダイエットがエネルギー出力を増加させないことがわかっている。

***********

All that said, there are individuals with irritable bowel syndrome who improve on a gluten-free diet, in the absence of celiac disease. These people appear to have a gluten or wheat sensitivity. But the number of people who have non-celiac wheat sensitivity is unclear. At any rate, it is a small percentage of those who have adopted the diet. Most people who believe that they are wheat-sensitive, without medical confirmation, are probably not.

*****語句の説明*****

that said  とはいっても
irritable bowel syndrome  過敏性腸症候群
at any rate  とにかく
adopt  …を採用する

*****対訳*****

とはいえ、過敏性腸症候群をかかえていて、セリアック病でないのに、グルテンフリー・ダイエットによって改善する人もいる。こういう人々は、グルテン過敏症もしくは小麦過敏症である。しかし、セリアック病ではない小麦過敏症の人々の数は、はっきりしない。ともあれ、そういう人々は、グルテンフリー・ダイエットを採用している人々のほんの数パーセントである。自分が小麦過敏症であると信じている人々の大半は、医学的裏づけがない場合は、おそらくそうではない。

***********

The gluten-free food industry now occupies a multibillion-dollar niche, so who knows how long this trend will last? We understand why many people look for a dietary cause for their fatigue or other symptoms; removing gluten from one’s diet is a relatively easy fix, especially for those who have already sought medical help without a satisfactory result. We wish we could at least say that gluten-free diets are perfectly harmless, if not particularly helpful. But that’s not what the evidence suggests.

*****語句の説明*****

niche  ニッチ市場,隙間史上;裂け目
fix  解決策,処置
harmless  害のない

*****対訳*****

グルテンフリー食品産業がいまや何十億ドルものニッチ市場を占有している以上、このトレンドがどれだけ長く続くかはだれもわからない。多くの人々が自分の疲労や他の病状の食事の原因を求める理由については理解できる。グルテンを食事から取り除くことは比較的簡単な解決策であり、すでに医学的治療を受けているのにそれが満足いく結果にならなかった人にとっては、特にそうである。ゆえに、グルテンフリー・ダイエットが、たとえ特別な助けにならなくても、少なくとも完全に無害であるといえたらよいと願う。しかし、それも、証拠はない。

***********

What gluten-free faddists don’t seem to realize is that in excluding gluten, they’re also excluding a host of nutrients that keep them out of the doctor’s office, not in it.

*****語句の説明*****

faddist  流行を追う人
exclude  …を排他する
a host of  多くの

*****対訳*****

グルテンフリーの流行を追う人々が理解していないように見えるのは、グルテンを排除する際に自分たちが多くの栄養素も排除していることである。そして、その栄養素は、そういう人々を医者いらずにすませるものであり、病院にはないものなのである。

++++++++++

筆者のピーター・H.R.・グリーン博士は、コロンビア大学セリアック病センター所長。共同筆者のローリー・ジョーンズ博士は、バーナード大学における物語医療(Narrative Medicine)の准教授です。ふたりには、『仮面をはがれたグルテン:誇大広告の裏側の科学と健康的で病気なしの生活を送る方法』という本を今年の5月24日に出版しています。
 
Gluten Exposed: The Science Behind the Hype and How to Navigate to a Healthy, Symptom-Free Life
William Morrow

いまや大人気のグルテンフリー・ダイエットを批判するのですから、このふたりの勇気には感服しますし、その論文を載せたLA Timesのバランス感覚にも、先週の社説ともども、高く評価したくなります。

貧乏英語塾長自身も、小麦製品を口にすると腹部の膨満感がしばしば起きるので、グルテン・アレルギーではないかと疑い、しばらくグルテンフリー・ダイエットをやってみました。

しかし、どうやらグルテン・アレルギーではないらしく、その後は小麦を食べても異常が起きません。不快な膨満感を覚えるのは、米を含め炭水化物を食べすぎたときのようです。そのため、いまはできるだけ炭水化物を減らすようにしています。

実際のところ、この論文で指摘されているように、グルテンフリーにするメリットはそれほどないのかもしれません。それよりも、バランスのよい食事、適度な運動と睡眠、ストレスのない生活が、肥満その他を防ぐことにつながるのだと思います。

ともあれ、流行に躍らされることなく、自分に合った健康的な食生活をするのがいちばんです。

その意味で、グルテンフリー・ダイエット全盛のいま、こういう批判は非常に貴重です。しかし、こういう文章は日本ではなかなか読めません。少なくとも、貧乏英語塾長は、健康に関するインターネット情報にはできるだけ多く触れているつもりですが、読んだことがありません。

つまりは、英語が読めないと、自分に本当に合ったダイエットさえ見つけられないのかもしれません。健康は、成功の礎です。英語を勉強して、健康的な成功を手に入れましょう。

当英語塾INDECは、いつでもお手伝いをいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

公式サイト:http://indec.jp 
| 気になる英語表現 | 18:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063028
トラックバック