CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『狙撃者』の英盤BDが4.99ポンド、買わねばなるまい | main | 『狼たちの処刑台』は、英盤BDで観直そう >>
気になる英語表現(16‐18):オバマ広島演説:言葉よりも行動だ
The New York Timesが、最新社説でオバマ大統領の広島訪問について論究しています。

Turning Words Into a Nuclear-Free Reality
By THE EDITORIAL BOARD MAY 27, 2016

どんな内容なのでしょう。大いに気になります。早速分析してみましょう。
社説は、ヘッドラインを入れて、総数9段落506。それほど長くありませんが、やや難しい専門用語が使われていますので、一般的なTOEIC受験者には理解しづらいかもしれません。しかし、内容は平易です。挑戦してみてください。7分でざっくりと和訳できたら、TOEIC900点以上。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

***********

Turning Words Into a Nuclear-Free Reality

“We come to ponder a terrible force,” President Obama said of his purpose in going to the Hiroshima memorial on Friday, the only sitting American president to do so in the 71 years since the United States dropped the first atomic bomb, killing 140,000 people. He mourned the victims and called for a global “moral awakening” on nuclear weapons. His message would have been all the more powerful had he also announced concrete plans for bringing the world a step closer to his nuclear-free vision.

Visits to war memorials are often fraught, and this one more than most. There were debates about whether Mr. Obama should go at all, whether he should meet survivors of the attacks on Hiroshima and Nagasaki and whether he should apologize for America’s decision to drop the bombs, which ended World War II in the Pacific.

Mr. Obama made no apology and affirmed that Japan was responsible for the war, which “grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes.” That was important, given that Japan’s prime minister, Shinzo Abe, has often sought to rewrite the history, portraying Japan as a victim of the war as well.

As for the future, Mr. Obama said it could be one in which “Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.” Reprising the soaring words of his 2009 speech in Prague, he declared, “We must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without” nuclear weapons, while acknowledging that it is unlikely to happen soon.

Mr. Obama made headway by concluding the 2010 New Start Treaty, which mandates cuts in the strategic nuclear warheads deployed by America and Russia, and by achieving the 2015 nuclear deal to keep Iran from gaining a nuclear weapon. Beyond that, his vision has run aground. Much fault lies with Russia, which opposes more arms reduction; the Senate, which refuses to ratify the Comprehensive Test Ban Treaty; and Pakistan, which has blocked talks on a treaty to halt production of fissile material.

Yet Mr. Obama has undercut his own record with a $1 trillion program to rebuild the American nuclear arsenal over the next 30 years. A new Pentagon report shows that he has eliminated fewer nuclear weapons than any president since the end of the Cold War.

Neither Mr. Obama nor Mr. Abe addressed Japan’s 47 tons of separated plutonium from its energy program. It could be used to make thousands of nuclear weapons, is a tempting terrorist target and raises the risk of a wider race to stockpile plutonium. South Korea and China, for instance, have expressed interest in acquiring reprocessing plants. A plan to end Japan’s reprocessing would have been a fitting achievement for the historic visit.

Other initiatives, like canceling America’s new air-launched, nuclear-armed cruise missile, are still possible. Soaring words alone will not rid the world of nuclear weapons.

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

***********

Turning Words Into a Nuclear-Free Reality

*****語句の説明*****

nuclear-free  核兵器のない

*****対訳*****

言葉を核兵器のない現実へ

***********

“We come to ponder a terrible force,” President Obama said of his purpose in going to the Hiroshima memorial on Friday, the only sitting American president to do so in the 71 years since the United States dropped the first atomic bomb, killing 140,000 people. He mourned the victims and called for a global “moral awakening” on nuclear weapons. His message would have been all the more powerful had he also announced concrete plans for bringing the world a step closer to his nuclear-free vision.

*****語句の説明*****

ponder  …を熟考する
sitting  現職の
mourn  …を哀悼する
victim  犠牲者
call for  …を求める
all the more  いっそう,なおさら

*****対訳*****

「われわれは、恐ろしい力について思いを致すためにここに来る」とオバマ大統領は金曜日に広島平和記念公園へ来た目的について語った。オバマ氏は、米国が最初の原子爆弾を投下し14万人を殺してから71年間において広島を訪問した唯一の現職アメリカ大統領である。氏は犠牲者を追悼し、核兵器に関するグローバルな「道徳の目覚め」を要求した。そのメッセージが、もし氏の核兵器なきビジョンに世界を一歩近づかせる具体的な計画を同時に発表していたならば、よりいっそう強力なものになったことだろう。

***********

Visits to war memorials are often fraught, and this one more than most. There were debates about whether Mr. Obama should go at all, whether he should meet survivors of the attacks on Hiroshima and Nagasaki and whether he should apologize for America’s decision to drop the bombs, which ended World War II in the Pacific.

*****語句の説明*****

fraught  困難な,複雑な,悲惨な

*****対訳*****

戦争追悼施設への訪問は、しばしば困難なものである。そして今回のものは、もっとも困難なものよりも困難であった。オバマ氏が行くべきかどうか、広島と長崎の原爆の生存者たちと会うべきかどうか、原爆を投下したアメリカの決定に関して謝罪すべきかどうか、そういうことについて、多くの議論があったからだ。2発の原爆が太平洋における第二次世界大戦を終わらせたのはまちがいないとしてもだ。

***********

Mr. Obama made no apology and affirmed that Japan was responsible for the war, which “grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes.” That was important, given that Japan’s prime minister, Shinzo Abe, has often sought to rewrite the history, portraying Japan as a victim of the war as well.

*****語句の説明*****

tribe  部族,種族

*****対訳*****

オバマ氏は謝罪しなかったし、日本に戦争の責任があることを確認し、その戦争が「初期の部族間であった支配や征服と同じような本能から生まれてきた」と述べた。これは重要なことだ。というのも、日本の首相安倍晋三は、しばしば歴史を書き換えようとし、日本を戦争の犠牲者として描こうともしてきたからである。

***********

As for the future, Mr. Obama said it could be one in which “Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.” Reprising the soaring words of his 2009 speech in Prague, he declared, “We must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without” nuclear weapons, while acknowledging that it is unlikely to happen soon.

*****語句の説明*****

dawn  夜明け
warfare  戦争行為
reprise  …を反復する
soaring  高邁な,遠大な
pursue  …を追求する

*****対訳*****

未来に関していえば、未来は「広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、我々の道義的な目覚めの始まりとして記憶される」ものになりうるとオバマ氏は述べた。氏は2009年のプラハ演説の高邁な言葉を繰り返し、「われわれは恐怖の論理から抜け出し」核兵器「のない世界を追求する勇気を持たなければならなかった」と断言した。ただし、それがすぐには起きえないことを認めてはいたが。

***********

Mr. Obama made headway by concluding the 2010 New Start Treaty, which mandates cuts in the strategic nuclear warheads deployed by America and Russia, and by achieving the 2015 nuclear deal to keep Iran from gaining a nuclear weapon. Beyond that, his vision has run aground. Much fault lies with Russia, which opposes more arms reduction; the Senate, which refuses to ratify the Comprehensive Test Ban Treaty; and Pakistan, which has blocked talks on a treaty to halt production of fissile material.

*****語句の説明*****

make headway  …が前進する
New Start Treaty  新戦略兵器削減条約
           (New Strategic Arms Reduction Treaty)
mandate  …を命じる
warhead  弾頭
deploy  …を配置する,展開する
run aground  …が浅瀬に乗り上げる,座礁する
Senate  米上院
ratify  …を批准する
Comprehensive Test Ban Treaty  核実験全面禁止条約
halt  …を停止する
fissile material  核分裂性物質

*****対訳*****

オバマ氏は、アメリカとロシアによって配備された戦略核弾頭の削減を命じる2010年の新戦略兵器削減条約を締結し、イランに核兵器を保有させない2015年の核取引きを達成することによって、前進した。しかし、それ以上のことになると、氏は座礁してしまった。多くの失敗の原因は、ロシアがさらなる核兵器の削減に反対し、米上院が核実験全面禁止条約に批准することを拒絶し、パキスタンが核分裂性物質の生産を停止させる条約に関する協議を妨害したことにある。

***********

Yet Mr. Obama has undercut his own record with a $1 trillion program to rebuild the American nuclear arsenal over the next 30 years. A new Pentagon report shows that he has eliminated fewer nuclear weapons than any president since the end of the Cold War.

*****語句の説明*****

undercut  …の価値を低下させる
trillion  
arsenal  貯蔵兵器;兵器庫
Pentagon  米国防省
eliminate  …を廃絶する;除外する

*****対訳*****

そのうえ、オバマ氏は、アメリカの核兵器を次の30年間で再建するという1兆ドルの計画によって、自らの過去の経歴の価値を低下させてしまった。新しい国防省の報告書によれば、氏は、冷戦終結以来の大統領の中で廃絶した核兵器がもっとも少ない大統領なのである。

***********

Neither Mr. Obama nor Mr. Abe addressed Japan’s 47 tons of separated plutonium from its energy program. It could be used to make thousands of nuclear weapons, is a tempting terrorist target and raises the risk of a wider race to stockpile plutonium. South Korea and China, for instance, have expressed interest in acquiring reprocessing plants. A plan to end Japan’s reprocessing would have been a fitting achievement for the historic visit.

*****語句の説明*****

tempting  魅惑的な,そそられる
stockpile  …を貯蔵する
reprocessing plant  核再処理工場

*****対訳*****

オバマ氏も安倍氏も、日本がそのエネルギー計画とは別にプルトニウムを47トンも抱え込んでいることに触れなかった。これは何千もの核兵器を作れる量であり、魅惑的なテロリストの標的となり、プルトニウム貯蔵競争が拡大するリスクを高めている。たとえば、韓国と中国は、核再処理工場を建設することへの関心を表明した。日本の核再処理を終わらせる計画こそが、今回の歴史的訪問にふさわしい達成ごとではなかったのか。

***********

Other initiatives, like canceling America’s new air-launched, nuclear-armed cruise missile, are still possible. Soaring words alone will not rid the world of nuclear weapons.

*****語句の説明*****

initiative  新たな取り組み;構想
air-launched  空中で発射される
nuclear-armed  核武装された
cruise missile  巡航ミサイル
rid X of Y  XからYを除去する

*****対訳*****

他の新たな取り組み、たとえばアメリカの新しい空中発射核武装巡航ミサイルの建設計画を中止するということは依然として可能である。ともあれ、高邁な言葉だけでは、世界から核兵器を取り除くことはできないのである。

++++++++++

辛辣な内容ですが、オバマ氏の乏しい実績では「アメリカのゆうだけ番長」とThe Timesからいわれても仕方ないでしょう。

実際、今回の広島訪問に関しても、任期切れまであと1年もないレイムダック状態の大統領が思い出作りに行ったことと解釈している向きもアメリカでは多いようで、多くの新聞がいまのところ社説で取り上げてもいません。多くの関心は、オバマ氏の広島訪問ではなく、トランプ大統領の誕生に集中しているのです。

その意味で、もし安倍首相が今回の広島訪問で日米同盟が強化されたと喜んでいるとしたら、誤りです。首相は、去りゆく大統領に対してではなく、次期大統領に思いをはせるべきです。

「アメリカの朝日新聞」であるThe Timesですから、オバマ氏の実行力のなさを批判するだけではすみません。安倍首相を歴史修正主義者と決めつけたうえに、愚かな原爆投下必要論の正当性を訴えます。これでリベラル派を自負するのですから、あきれます。

日本は、原爆を2発も落とされなくても、昭和20年7月末の段階で虫の息でした。全国の主要都市がB29による無差別爆撃を受け、国家としての機能はほぼ停止し、戦争遂行能力はとうになく、いかにして戦争を終わらせるかに当時の日本政府は腐心していたのです。

そのことを当時の米政府と米軍が知らなかったはずもなく、ただ復讐と原爆を使ってみたいという好奇心でトルーマン大統領は無辜の民間人を虐殺することを承認したのです。

このことを昨年アメリカの女性研究者スーザン・サザードが本にまとめ、アメリカでベストセラーになりました。『ナガサキ:核戦争後の生活』というものです。
 
Nagasaki: Life After Nuclear War
Viking

サザード氏は、この本の中でも、そして今回Los Angeles Timesに寄稿した論文でも、原爆投下が不必要であったことを主張してくれています。

Op-Ed Apologize for Hiroshima and Nagasaki? First we need more empathy
By Susan Southard
May 27, 2015, 4:47 PM

“The United States burned alive more than 180,000 Japanese civilians before Hiroshima and Nagasaki and killed and irradiated hundreds of thousands more in  the atomic bombings. Before an apology is even possible to consider, these truths need to be acknowledged as meaningful parts of history — our history.”

「米国は、ヒロシマとナガサキの前に18万以上の日本の民間人を生きたまま焼き殺し、原爆投下によって何十万もの人々を追加して殺し、放射能に被爆させた。謝罪が考慮されうる前に、こうした真実が歴史の有意な部分として認められることが必要だ。それはまさにわれわれの歴史なのである」

ともあれ、歴史の真実を勉強しないのは、The Timesの論説委員も、朝日のそれと同じレベルです。今回のことで世界が先の大戦を正確に勉強してくれるとよいのですが。

少なくとも日本の若い人たちには、こうした真実を世界に伝えられる歴史の勉強と高度な英語力をもって、断固として原爆投下不要論をどこの国の人に対してでも訴えられるようにしておいてほしいものです。

当英語塾INDECは、いつでもお手伝いをいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

公式サイト:http://indec.jp 
| 気になる英語表現 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063014
トラックバック