CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ルーム(US BD) | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 4月13日発売分 >>
気になる英語表現(16‐12):ホワイトハウスの菜園を存続させよ
The Washington Postが、最新社説でホワイトハウスの菜園について論究しています。

The next administration should continue this delightful tradition of Ms. Obama’s
By Editorial Board April 7 at 7:36 PM 

どのような内容なのでしょう。大いに気になります。早速分析してみましょう。
社説は、ヘッドラインを入れて、総数6段落402。第1段落以外は難解な語彙が少なく、そこさえ我慢すれば、わかりやすい英文です。6分でざっくりと和訳できたら、TOEIC860点以上。太字の重要語句に注意して、どうぞ。

***********

The next administration should continue this delightful tradition of Ms. Obama’s

THE IDEA eight years ago, according to first lady Michelle Obama, was to “dig up some dirt on the South Lawn” and plant a garden that would be “a space for us to talk about the food we eat.” This being Washington, nothing is ever taken at face value: There was speculation about hidden agendas (advancing leftist causes), criticism about gardening (too trivial to be a priority for the first lady), self-interested lobbying (from promoters of pesticides aghast at plans to go organic) and dire predictions (the garden would be short-lived once the first family found out weeding is a chore). There were even conspiracy theories after the first harvest proved so bountiful that skeptics were sure it had been trucked in.

But in the real world, the White House Kitchen Garden has more than lived up to its mission of encouraging a national conversation about healthy eating. We hope, as Ms. Obama said she does, that this year’s planting won’t be the last. The next first spouse should recognize the value of the garden and turn Ms. Obama’s delightful contribution into a tradition.

“This is my baby,” Ms. Obama said Tuesday at the planting of the kitchen vegetable garden that will be her last as first lady. As is the custom, she was joined by schoolchildren — including some of the D.C. students who helped with the first garden in 2009. “You might be a little more interested in eating your vegetables if you know what they look like,” said Ms. Obama.

The exuberance of those children in lending a hand while learning about nutrition and interacting with the first lady is one reason the garden should continue. The cost in seeds is minimal; the produce feeds not only the first family and official guests but also residents of area homeless shelters. Besides, there is something “very American,” as one writer observed in the New York Times when the garden started, about its “simplicity and beauty and self-reliance.”

To be sure, not every White House occupant will share Ms. Obama’s love of digging in the dirt. But the garden has been successfully maintained with help from staff and volunteers. And perhaps Ms. Obama, who plans to stay in Washington until her younger daughter finishes high school, could drop by from time to time with her trowel and lend a hand.

***********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

***********

The next administration should continue this delightful tradition of Ms. Obama’s

*****語句の説明*****

administration  政権;管理;行政
delightful  楽しい,愉快な

*****対訳*****

次の政権は、オバマ夫人のこの喜ばしい伝統を継続すべきだ

***********

THE IDEA eight years ago, according to first lady Michelle Obama, was to “dig up some dirt on the South Lawn” and plant a garden that would be “a space for us to talk about the food we eat.” This being Washington, nothing is ever taken at face value: There was speculation about hidden agendas (advancing leftist causes), criticism about gardening (too trivial to be a priority for the first lady), self-interested lobbying (from promoters of pesticides aghast at plans to go organic) and dire predictions (the garden would be short-lived once the first family found out weeding is a chore). There were even conspiracy theories after the first harvest proved so bountiful that skeptics were sure it had been trucked in.

*****語句の説明*****

dig up  …を耕す,掘り起こす;を掘り出す
plant a garden  …が庭に植物を植える,ガーデニングをする
take X at face value  Xを額面通りに受け取る,解釈する
leftist cause  左派の主張
speculation  推論,憶測;投機
trivial  些末な
self-interested  自己本位の,利己的な
pesticide  殺虫剤,農薬
aghast at  …に驚いて[発音は「アガースト」]
dire  悲惨な
prediction  予測,予言
weeding  除草
chore  面倒な作業;雑用
conspiracy  陰謀
harvest  収穫
bountiful  豊富な
skeptic  懐疑論者,疑い深い人
truck in  …をトラックで持ち込む

*****対訳*****

8年前の発想は、ミシェル・オバマ大統領夫人によると、「サウス・ローンで土を耕し」て、「自分たちが口にする食べ物について話ができる空間」になるように菜園を作ることだった。しかし、これがワシントンで起きたものだから、額面通りには解釈されなかった。(左派の主張を推し進める)秘められたアジェンダとか、(ファーストレディの最優先事項にしてはあまりに些末すぎるという)ガーデニングに対する批判とか、(有機農法の計画に驚く農薬推進論者からの)利己的なロビー活動とか、そして(その庭園は、草むしりが厄介な仕事だと大統領の家族が分かったとたん、短命に終わるだろうという)悲惨な予測というような憶測が存在した。最初の収穫があまりに大量だったので、それがトラックで持ち込まれたのは間違いないと懐疑論者たちが主張する陰謀説さえあったのだ。

***********

But in the real world, the White House Kitchen Garden has more than lived up to its mission of encouraging a national conversation about healthy eating. We hope, as Ms. Obama said she does, that this year’s planting won’t be the last. The next first spouse should recognize the value of the garden and turn Ms. Obama’s delightful contribution into a tradition.

*****語句の説明*****

live up to  …に沿う,かなう,応える
spouse  配偶者
contribution  貢献

*****対訳*****

しかし、現実の世界では、ホワイトハウス・キッチンガーデンは、健康的な食事に関して全米の対話を奨励するという使命に応える以上の働きをしてきた。今年の作付けが最後にならないことを、オバマ夫人が望むと発言したように、われわれも望んでいる。次の大統領の配偶者はこの菜園の価値を認識し、オバマ夫人の喜ばしい貢献を伝統に変えるべきだ。

***********

“This is my baby,” Ms. Obama said Tuesday at the planting of the kitchen vegetable garden that will be her last as first lady. As is the custom, she was joined by schoolchildren — including some of the D.C. students who helped with the first garden in 2009. “You might be a little more interested in eating your vegetables if you know what they look like,” said Ms. Obama.

*****語句の説明*****

schoolchild  学童

*****対訳*****

「この野菜は、私の子供です」とオバマ夫人は、今回のキッチンガーデンにおける作付けがファーストレディとして最後のものになる火曜日に語った。いつものように、夫人は学童たちに囲まれた。その中には、2009年の最初の菜園を手伝ったワシントンD.C.の学生たちもいた。「自分が作った野菜を食べることに少しは関心を持つようになるのではないでしょうか。野菜がこんな風にできることをみんなが知ったら」とオバマ夫人は語った。

***********

The exuberance of those children in lending a hand while learning about nutrition and interacting with the first lady is one reason the garden should continue. The cost in seeds is minimal; the produce feeds not only the first family and official guests but also residents of area homeless shelters. Besides, there is something “very American,” as one writer observed in the New York Times when the garden started, about its “simplicity and beauty and self-reliance.”

*****語句の説明*****

exuberance  元気いっぱい,満ち溢れた活力;熱狂
lend a hand  …が手を貸す,手伝う
nutrition  栄養
interact with  …と交流する
produce  農産物
self-reliance  自立,自助

*****対訳*****

栄養について学ぶとともにファーストレディと交流をしながら、子供たちが元気いっぱいに手伝う姿こそ、菜園が存続すべき理由である。種の費用など、取るに足らない。ここの農産物は、大統領の家族と公式賓客だけでなく、地域のホームレス・シェルターに住む人々の口に入るのだ。そのうえ、この野菜作りには、ニューヨーク・タイムズ紙の記者がその菜園が始まったときに取材して書いたように、その「素朴さ・美しさ・自立」にまつわる「非常にアメリカ的な」ものがある。

***********

To be sure, not every White House occupant will share Ms. Obama’s love of digging in the dirt. But the garden has been successfully maintained with help from staff and volunteers. And perhaps Ms. Obama, who plans to stay in Washington until her younger daughter finishes high school, could drop by from time to time with her trowel and lend a hand.

*****語句の説明*****

to be sure  確かに
occupant  居住者
drop by  …が立ち寄る
from time to time  時おり

*****対訳*****

確かに、すべてのホワイトハウスの居住者たちがオバマ夫人の土いじりへの愛情を分かち合えることはないだろう。しかし、この菜園は、職員とボランティアの人々の手助けで成功裏に維持されてきた。そして、たぶん、オバマ夫人のことだから、次女が高校を卒業するまでワシントンに住む計画でいる以上、ときどきタオルをもって立ち寄っては、手助けをするのではなかろうか。

++++++++++

ファーストレディの試みは、本当にすばらしいことです。ぜひとも、次の政権も、この菜園を継続してもらいたいものです。

笑ってしまったのは、“first spouse”という言葉が使われていることです。つまり、もしヒラリー・クリントン大統領が誕生したら、ビル・クリントン元大統領が“first husband”になるわけですが、ドナルド・トランプ候補者が大統領になる可能性も否定できず、いくらトランプ氏を毛嫌いしているThe Postであっても、“first spouse”という公平な表現を使わざるを得なくなったと解釈できます。

それでも、トランプ大統領が誕生したら、菜園など見向きもしそうにありませんから、最後の段落で“not every White House occupant will share Ms. Obama’s love of digging in the dirt”と書いたのでしょう。皮肉が利いています。

ともあれ、こういう形で国家元首が地元の子供たちと触れ合い、食の大切さを教えるのは立派な行為です。日本の首相夫人もそれをやれればよいのですが、現在の首相官邸では狭すぎて、養蜂箱(beehive)を置くのが精一杯かもしれません。

オバマ大統領には不満だらけの貧乏英語塾長ですが、オバマ夫人の菜園経営には賛辞を贈ります。

それにしても、アメリカの大手紙の社説でこういう文章を読めるとは思いませんでした。とても心が安らぎます。とはいえ、それも、英語ができる人だけの特権です。その特権を味わうためにも、しっかりと英語を勉強してください。

当英語塾INDECは、いつでもお手伝いをいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

公式サイト:http://indec.jp 
| 気になる英語表現 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1062960
トラックバック