CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ラン・オールナイト(BD) | main | C・イーストウッドの「名無しの男」三部作のBDは、UK盤が安い >>
国立演芸場 9月中席

国立演芸場 3列16番 2100円
2015年9月20日(日)1:00‐4:16

ゴウ先生総合評価: A
昨日、国立演芸場に行ってきました。9月中席で三遊亭円丈師匠を観るためです。期待通り、よかったです。大笑いしました。

出演者は、次の通りです。

 落語 三遊亭 粋歌
 落語 三遊亭 究斗
 ギター漫談   結城 たかし
 落語 柳家 はん治
 落語 林家 正雀

 ―仲入り―

 漫才 すず風にゃん子・金魚 
 落語 柳家 小ゑん
 奇術 アサダ二世
 落語 三遊亭 円丈

二つ目は女流の粋歌だけ。でも、面白かったです。銀座5丁目のハリー・ウィンストン(作中では、「パリー・ウィンストン」)と秋田のなまはげをめぐる新作落語。いいんじゃないですか、こういうの。笑えました。こういうのをどんどんやってほしいものです。

ふたりめで、真打が登場するという豪華さです。劇団四季出身の究斗が『番町皿屋敷』をミュージカルにしたという噺を演じるのですが、これも大笑い。この調子でがんばってほしいと願います。

たかし、はん治、正雀は、そこそこ。すべてがベストに動かないところが、寄席の面白さ。それでも、たかしのギター、正雀が最後に踊った「松尽くし」はなかなかのもの。こういう出会いがあるから、寄席に行きたくなります。

仲入りをはさんで、年齢不詳のすず風にゃん子・金魚の漫才。金魚はお得意のゴリラの物まねで迫りますし、間にはさむツッコミもなかなかの鋭さ。こういう漫才を観ると、なんだかホッとします。

そして、本日のベストパフォーマーが、次の小ゑんです。タイトルは何というのかわかりませんが、大空と大地が会話しながら、東京の現在をからかいまくる新作です。

マクラで、延々と高座を録音する客の話をするので、ふと前を見ると、2列15番の男がスマホでしっかり録音しているではないですか。それを小ゑん師匠、観たのでしょうね。やってはいけないとくりかえします。ただし、この男、ふてぶてしく録音をやめませんでした。国立演芸場は「盗み録音禁止」ともっとはっきり謳うべきです。

なお、高田馬場で「ドトール」の話が出てきましたが、残念ながら、8月で閉店。別のカフェがその場所にはすでにオープンしています。念のため。

若干、客いじりが気持ち悪かったのですが、それは盗み録音をする客への注意だったのでしょうから仕方ありませんが、その他の部分は十分に笑えました。とても、柳家小さんの弟子とは思えませんが、天文ファンの師匠らしい、ぶっ飛びぶりです。いいですねえ、この調子でがんばってほしいものです。

アサダ二世の奇術をはさんで、大トリが円丈です。ネタは「ランボー怒りの脱出」。

円丈ファンですから、CDはすべてもっています。しかし、恥ずかしいことに、生円丈は初めて。全く知らない「ランボー怒りの脱出」でしたから、大喜びです。

もちろん、このタイトルでわかるように、元ネタはシルヴェスター・スタローン主演の1985年映画です。これを「アクション落語」として再現するというのですから、「なんでまた?」と首を傾げさせるところが、師匠の本領発揮です。

マクラでCDにも何度も収められている前名の「ぬう生」と「ヌードショー」を混同した客の話をふると、落語における身振りの説明をします。

そのときの走るときの両手を前で交差しながら、身体を上下に揺らす動きのおかしいこと。スタローンの躍動感とのギャップがはなはだしく、師匠の笑いのセンスの鋭さを感じます。

「もう70になって、元気はありません」というのは、ウソ。その元気なこと。あの特徴的な高音の奇声が随所に発せられて、「若いなあ」と思ってしまいます。

なぜか師匠のランボーは着物を着ていて、途中でキセルで一服するのですが(?!)、とにもかくにも、眼前で本当にスタローンがそういうことをしているような気がして、笑いがはじけます。

サゲは、3種類用意されていました。個人的には自分をベトナム軍に捕まえさせたマードック氏例会を殺しに戻ってきたランボーが、マードックを探しに司令部に入ると、そこにはマードックがおらず、犬だけがいるのを観て、思わずランボーが「まあ、ドッグ」といったという最初のサゲがあまりにバカバカしくて好きです。

ともあれ、たまには歌舞伎だ、演劇だ、と身構えるものではなくて、こういう何でもありの寄席に行って、大笑いするのも楽しいものです。しかも、これだけ笑って、2100円ですむのですから、デフレ経済の申し子かと思ってしまいます。

また行きたいと思っていたら、円丈師匠が今日から池袋演芸場に出るというではないですか。しかも、今日は「グリコ少年」をやるとか。あれこれ仕事はあるのですが、師匠にまた会いたくなってしまいました。どうしましょう。
| 落語 | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック