CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ゴーン・ガール(UK BD/Region Free) | main | 『赤い靴』は、UK盤BDで見ることに >>
ルディプロジェクト エクセプション

ルディプロジェクト公式サイト:http://www.rudyproject-japan.com/

ゴウ先生総合評価: A 
昨日、ルディプロジェクトの「エクセプション」を銀座和真新宿Annex店で購入しました。大満足です。

実は、過去7年弱、エクセプションの下位モデルである、すでに型落ちした「パーセプション」を使っていました。




ところが、この日曜日、花見ジョギングに出かけ、その後銭湯・もつ焼き屋2軒を回っているうちに、そのどこかに置き忘れてしまったのです。

翌日、銭湯・もつ焼き屋に電話をして問い合わせました。ですが、どこもないというつれない返答。すでにボロボロになったものですが、有名メーカーのものだけに、だれかが持っていってしまったのでしょう。世知辛い話ですが、置き忘れた自分が悪いので、だれも恨むわけにはいきません。

しかし、齢53を数え、実父が罹患した白内障を恐れる人間としては、サングラスなしでジョギングやサイクリングに出かける勇気はまったくありません。そこで早急に代替品を探すことにしたのでした。

条件は、次の3つです。

 (1)近眼矯正用のレンズがつけられること。
 (2)サングラスが跳ね上げ式(flip-on)であること。
 (3)紫外線をできるだけ完璧にさえぎること。

貧乏英語塾長は、右0.1、左0.15の近眼ですから、走ったり自転車に乗ったりするときには、近眼矯正メガネをかけないと怖くてなりません。ゆえに、(1)は絶対です。

(2)も重要です。いまはどのサングラスでもほとんど問題なく度つきのレンズを装着できるようですが、色の濃いサングラスをつけていたら、早朝・夜間・曇天下・トンネル内の走行が困難になります。

明るさによってレンズの濃さを変えられる調光レンズもありますが、一瞬に濃さが変わるわけではありません。ゆえに、個人的には没です。

近眼でない人なら、そのときだけメガネをはずせばよいのですが、近視人間はそういうわけにもいきません。

以上のことを鑑みると、一瞬にして明るさを取り戻せる跳ね上げ式がベストなのです。


問題は、(3)です。

いまのサングラスのほとんどはUVカットがほぼ100%に近く、レンズから紫外線が入ってくることはほとんど考えられません。ですが、フレームやレンズの構造によっては、上下左右の隙間から紫外線が混入してきます。それを防ぐためには、隙間ができるだけ少ないサングラスが望ましいのです。

白内障に罹患して手術した父親も、海釣りが趣味だったために、かなり若いときからサングラスを使っていました。にもかかわらず、白内障に罹ったのは、オーソドックスなフレームのサングラスを使っていたので、上下左右の隙間から紫外線が入り、眼球を損傷したのでしょう。

この(3)を考える過程で、最初は第一候補であった昨年秋に発売されたエクセプションの後継モデル「インパルス」が脱落してしまいました。


デザインはカッコよいのですが、店頭でかけてみると、左右の回り込みが少なく、横からの紫外線の侵入が心配になったのです。

それに比べて、エクセプションは回り込みがかなりきつく、頼もしく思えます。どうしてインパルスは回り込みを少なくしたのか。それさえなければ、購入したのに、残念でなりません。


というわけで、すでにカタログ落ちしているエクセプションを選ぶことにしたのですが、在庫が品薄になっているために、選択肢が少なくなってしまいました。

結局、「デミ・タートル・グロス」という鼈甲調のフレームに「アクション・ブラウン」のサングラス・レンズを合わせたものを購入することにしました。

このデザインを選んだ理由は、そのシックさにありました。ルディプロジェクトの場合、跳ね上げ式のサングラス・レンズはどれも簡単に取り外せます。ゆえに、普通のメガネのように街中で使うことも可能です。その場合、この鼈甲フレームだと、サングラスの流用っぽくなくて、どんどん使いたくなると思ったのです


ちなみに、この度つきレンズとサングラス・レンズを入れ替えることもできます。そうすると、普通のスポーツタイプのサングラスができあがります。



貧乏英語塾長がこの交換をするとすれば、野外で本などを読むときです。老眼ですから、近眼鏡の機能は邪魔なので、度つきレンズをはずして、サングラス・レンズだけで読みたいわけです(幸い、いまでも老眼鏡を使わずに裸眼で本は読めます)。

レンズは簡単な差し込み式ですから、慣れれば1分もかからずに全部交換できます。インパルスではこれができなくなったらしいのですが、明らかな改悪でしょう。

ケースに関していえば、パーセプションは、低価格であったために、小さなメガネケースがつくだけでした。しかし、持ち運びには便利です。


他方、エクセプションのケースというかボックスは、巨大です。縦20cm×横17.5cm×厚さ7cmもあります。


開けると、予備レンズを入れるスペースまでたっぷりと確保されています。


この豪華なケースは、これまた大型の箱に入っています。


しかし、このケースではとても携帯用には使えません。パーセプションのものを使うか、メガネ拭き代わりになる備え付けの布製のメガネ袋に入れて使うことになるでしょう。


というわけで、7年前に買いたかったエクセプションを手に入れてご機嫌な気分になったのですが、背中を押してくれたのは、銀座和真新宿Annex店でした。

入念な視力検査を行ってくれたうえに、レンズの在庫があるからと、当日1時間半待ちで完成してくれたのです。7年前に、御徒町の某有名店でパーセプションを買ったときには10日ほど待たされました。和真、恐るべしです。

さらに、入念な視力検査をしてくれたおかげか(担当の泉さん、ありがとうございました)、度つきレンズの具合がとてもよいのです。

構造上、通常のメガネと違ってカーブがややきつくなっていますから、通常は慣れるのに時間がかかるものなのですが、その違和感がまったくありません。普段使っているメガネよりも鮮明に見えるほどです。

その点、7年間絶えず違和感を持っていたパーセプションの度つきレンズとは雲泥の差です。エクセプションと和真の底力を見ました。

これで、価格もすべて込みで、37962円。顧客割引が5%ついていたとはいえ、良心的な価格です。大いに満足したと申し上げるゆえんです。

先週銀座の和真の本店に行ったときには、中国人が大声でわめていて和真も終わりかと思ったのですが、新宿店は別でした。スポーツ・サングラスの購入でも、和真は信頼できます。

ともあれ、最強のアイウェアを手に入れて、目の心配がなくなりました。おかげで、この春は楽しく走りこめそうです。
| 健康 | 09:13 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
こんにちは。

ワタシも、この記事に触発されて
早速メガネ屋さん行ってきました〜

色々と迷いましたが、インパルスに
決定。出来上がりに1週間ほど
かかるようですが、楽しみです^^

色々と参考にさせていただきました。

暖かくなってチャリに乗る機会も
増えますね。

そうそう、AmazonUKに注文した
ゴーンガールも1週間ほどで
到着しました。妻に観せて女性陣の
感想を聴きたいです(笑)
| Sasa | 2015/04/07 5:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック