CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 二十四の瞳(BD) | main | ブルージャスミン(GR BD/Region B) >>
麦秋(UK BD/Region B)


英語題:Early Summer (1951)
上映時間:2:04:47
1951年10月3日 国内劇場初公開
2010年7月19日 UK BD発売
公式サイト: N/A

ゴウ先生総合評価: A++
  画質(1.33:1/モノクロ): A-/B+
  音質(Linear PCM 2.0/モノラル): B
  英語学習用教材度: C
日本を代表する巨匠小津安二郎監督・脚本によるちょっとコミカルな人間ドラマ。『晩春』(1949)、『東京物語』(1953)と並ぶ紀子三部作の第2作目。共同脚本は、盟友・野田高梧

主演は、原節子。共演は、笠智衆、杉村春子、三宅邦子、淡島千景、菅井一郎、東山千栄子、二本柳寛、高橋豊子、高堂国典、宮口精二、佐野周二。

1951年度キネマ旬報ベストテン第1位。ブルーリボン監督賞・主演女優賞(原節子)・助演女優賞(杉村春子)、毎日映画コンクール大賞・女優演技賞(原節子)受賞。

☆期待に違わぬBDの出来

4年近くも前に出されたBlu-ray Discですから、いま見るとアラが目立つのかと思って躊躇していました。ですが、紀子三部作をBDでそろえたいのは山々。思い切って、4月23日にイギリス・アマゾンに注文してしまいました。

それが到着してチェックしてみると、昨日レビューした『二十四の瞳』(1954)のBDをはっきりと上回る絵と音なのです。クライテリオンが所有しているフィルムをもとにBFIがリマスタリングしたBDなのですが、くっきりすっきりとした実に立派なモノクロ映像とモノラル音声を楽しめるのです。感嘆しました。

しかも、個人的には『東京物語』を抜いて小津作品ではいちばん好きな映画です。久し振りに見直しましたが、その想いは強まるばかりです。内容は、いつもどおり、婚期を逃しかけた娘が結婚するまでの経緯を描いた変哲のないものなのですが、活き活きとした原節子の美しさと親子の情愛が細かく描かれて、目はスクリーンに釘付けになってしまったのでした。

これで、送料を入れて、13.18ポンド(2358円)。安い買い物でした。

☆BD自体の作りも、丁寧

BDケースから見ていきましょう。



開くと、右側にピクチャーBD、左側に18ページのブックレットが目に止まります。



BDの下には、『麦秋』と『淑女は何を忘れたか』(1937)を収録したPAL-DVDが収められています。



メインメニュー画面は、本作の代名詞となっている写真撮影の場面です。



なお、本編だと子どもたちが帽子をかぶっています。



☆原節子が、光り輝く

日本映画では演技の上手さなら高峰秀子、美しさなら原節子がいちばんと思っている貧乏英語塾長としては、本作は大変なご馳走です。1920年6月17日生まれの原ですから、撮影当時31歳前後(劇中の紀子は、28歳)。美しさがスクリーンからほとばしり出ています。

冒頭の朝食の場面の笑顔だけで、もううっとりです。



紀子は、英語の文書も読めてタイプも打てる有能な専務秘書。そのうえに、この魅力。どうして佐竹宗太郎専務(佐野周二)は独身のくせに手を出さなかったのでしょう。



淡島千景と歌舞伎のラジオ中継を聴いているところです。



友人の結婚式から帰ってきて。



普段着のカーディガン姿もキュートです。



1個900円の高級ショートケーキを兄嫁たちと食べています。



昔の女優さんとは思えないみたいに、スタイルも抜群です。



由比ガ浜で、兄嫁と散歩する途中で腰を下ろしているときの笑顔です。見ているだけで、ハッピーになります。



兄嫁役の三宅邦子と。



兄嫁を呼んでいます。いいですなあ。



原の笑顔があふれかえった映画なのですが、さすがに結婚を決めるあたりでは深刻になります。

妻に死なれて娘ひとりをかかえる男やもめの矢部謙吉(二本柳寛)の母たみ(杉村春子)が、息子と結婚してくれないかと頼む場面です。



「こんな行き遅れでもいいんですの?」と結婚を承諾する紀子です。



とはいえ、家族の反対を押し切って結婚することを決めた以上、ひとりになると涙がこぼれてきます。



このあと場面は「大和」の麦畑に移りますから(麦秋とは、ちょうどいまの季節です)、なおのこと原の涙が記憶に残ります。



☆他の俳優も、すばらしい

紀子の兄を演じた笠智衆とその友人を演じた宮口精二が、横須賀線の車内で新聞を読んでいます(奥の学生服の美男子は、誰なんでしょう?)。



笠は、本当に若いです。『晩春』と『東京物語』では原の父親役だったのに、どうして本作だけ兄役になったのか、真意を小津に尋ねたいところです。



歌舞伎座の桟敷席で『河内山』を見ている紀子の母・間宮しげ(東山千栄子)、祖父・茂吉(高堂国典)、父・周吉(菅井一郎)。



三宅邦子も、笑顔が弾けています。



本作のキーパーソン、杉村春子。



何と言っても、最後のこの寂しげな顔で映画に余情を与えた名優東山千栄子の存在は忘れられません。紀子の将来を案じるとともに、間宮家の幸せが終わったことをはかなんでいるように見えます。



疑うことなく、傑作です。

内容: A+++

++++++++++

画質(1.33:1/モノクロ): A-/B+

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080/24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映して います。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、2 Mbpsから29 Mbps。 平均19.99 Mbps。

撮影は、小津作品には欠かせない厚田雄春。オリジナル・アスペクト比は、1.37:1。

かなり修復されたようですが、キズはかなり残っています。縦に走る白い傷がはっきりと目立ちます。それでも、鑑賞を邪魔することはなく、同梱のDVDとは比べようもない高画質です。

グレインがかなり残されていて、実にフィルムルック。彫りは深く、奥行きも十分です。輪郭が強調されすぎることもありません。自然なテクスチュアです。

恐るべきは、解像度の高さ。洋服の繊維、着物の細かい模様、室内に置かれた小道具、新聞の文字など、かなり明晰です。細部の見通しの高さは『東京物語』のBDよりも上のように思えます。

黒の階調も実に滑らか。黒がよく沈みます。コントラストも十分に高く、陰影の濃さを味わうことができます。

大画面の近接視聴も、まったく問題ありません。

なお、プロジェクターを次のように調整しました。



シャープネスを高めても、デジタルノイズが気にならないところが魅力です。そのおかげで、くっきり感が高まっています。明るさも安心して落とせ、深みを演出できます。なお、セピアっぽくないモノクロ映像に仕上げているのは、BDジャケットと所収の解説書の色あいに近けるためです。

音質(Linear PCM 2.0/モノラル): B

Oppo BDP-93からパイオニアVSA-LX55にHDMI接続して、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネルによる再生。伝送レート は、不明。48k/24-bit。音量は、マイナス12デシベル。DSPは、THXサラウンドEXを使用。

これまた、『早春』『東京物語』のBD同様、ケースの裏面には「48K/16-bit」と表記してありますが、BDP- 93で確認してみると「48k/24-bit」でした。DVDは48K/16-bitのドルビーデジタル2.0のモノラル(伝送レートは、320 kbps)ですから、その差は歴然です。

全編にわたって、ヒスノイズがかなり残っていますが、まったく耳障りではありません。音の角が丸くなることもなく、鮮度の高い音が聴けます。それでいて、メタリックさはありません。劇伴も、それほど団子状になっていません。

セリフの明瞭度は聞きもの。『二十四の瞳』BDとは比較になりません。レンジは広く、高音もほとんど詰まらない状態です。抜けも悪くなく、発音も明瞭。サ行がきつくなることもありません。

英語学習用教材度: C

英語字幕つき。ケースには、今回新しく作られた字幕となっています。ぜひ、英作文練習に使ってください。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆昭和26(1951)年1月、すなわち本作の製作直前に完成した第4期歌舞伎座が登場し、歌舞伎ファンの貧乏英語塾長を喜ばせてくれます。まず、正面玄関です。



上演されているのが『天花粉上野初花(くもにまごう うえののはつはな)』の『河内山』だとわかります。

ロビー風景です。



桟敷席が畳敷きであったことがわかります。



☆昭和26年に歌舞伎座で『河内山』は上演されていません。本作でも舞台は移りません。河内山役者のセリフが聞こえるだけです。どうやら、5月に明治座で九代目市川海老蔵(後の十一代目市川團十郎)が河内山宗俊を演じていますから、それを音声に収録したのではないかと想像します。なお、セリフは有名な「
悪に強きは善にもと」の部分です。

☆昭和26年当時、国道134号線は舗装されていません。奥に見えるのが江ノ島です。



☆このBDについている18ページに及ぶ解説ブックレットには、マイケル・アトキンソンの解説、トニー・レインズによる小津の紹介、笠智衆が小津について書いた文章が英訳されて掲載されています。写真も多いし、読み応え十分です。

☆残念ながら、映像特典は一切ついていません。

++++++++++

映画ファンならびに海外の映画好きな知識人と伍して戦いたい英語学習者、必見です。UK盤BDは、十分な完成度。Region Bが再生できる方ならば、購入して損はありません。オススメします!
| 小津安二郎 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1062111
トラックバック