CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 気になる英語表現(13-43):北京大学による教授解雇を弾劾する | main | 気になる英語表現(13-44):福島第一原発、除染は国の力で >>
探偵物語(BD)

探偵物語 ブルーレイ [Blu-ray]

角川書店

1983年製作
上映時間: 1:51:38
1997年7月16日 国内劇場初公開
公式サイト: N/A

ゴウ先生総合評価: B
  画質(1.78:1): A-/B+
  音質(Linear PCM 2.0/Mono): B
  英語学習用教材度: F
あまロス症候群が、まだ続いています。特に、大女優鈴鹿ひろ美こと薬師丸ひろ子への想いは募るばかりです。というわけで、わが愛する松田優作と共演した本作のBlu-ray Discを取り寄せることにしました。

監督は、『遠雷』(1981)、『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』(2009)の根岸吉太郎。脚本は、TVでも大活躍した鎌田敏夫。

他の出演は、秋川リサ、岸田今日子、北詰友樹、坂上味和、鹿内孝、財津一郎、藤田進。

舞台は、当時の東京。

田園調布の豪邸に住む新井直美(薬師丸ひろ子)は、叡智大学(ロケは、立教大学)に通う女子大生。父親がアメリカにいて、あと1週間で女中の長谷沼君江(岸田今日子)と渡米することになっています。

直美は、好きな先輩・永井裕(北詰友樹)に誘われます。送別会をしてくれるというのです。直美は喜んで逗子までバイクで出かけ、食事を供にし、ホテルに泊まることにします。すると、そこへ突然怪しい男が現れます。尾行していた市立探偵の辻山秀一(松田優作)です。渡米までの直美のボディガードを命じられていたのです。

最初は反発したものの、長身でハンサムな辻山に直美は惹かれます。翌日の夜に友だちが開いてくれた送別会で直美は辻山とチークダンスを踊ることができて、夢見心地です。

その翌朝、辻山の元妻直木幸子(秋川リサ)が辻山のアパートをいきなり訪ねてきます。愛人関係にあったナイトクラブの経営者国崎和也(鹿内孝)が殺されたと泣きついてきたのです。

幸子が容疑者になっていることを知った直美は、辻山のことが気になりだしていたため、辻山のアパートに様子を見に行きます。すると、国崎組の若頭である岡野(財津一郎)が辻山のアパートへ殴りこんできます。和也が、暴力団国崎組の親分国崎剛造(藤田進)のひとり息子だったからです。

万事休すの状態です。しかし、直美の機転によりその場を乗り切ります。そして、直美は幸子の無罪を証明するために、探偵のまねごとを始めるのでした……。

映画としてみれば、かなり作りの粗い作品です。しかし、薬師丸と松田の魅力がその欠点を補っています。今回久々に見直して、旬の俳優の持つパワーの凄さを改めて実感させられました。

お気に入りの場面を撮った写真を紹介しながら、ふたりの魅力を確認していきましょう。

トップ・メニューです。玉川大学に合格して、『セーラー服と機関銃』(1981)以来の映画出演となる、撮影当時18歳の薬師丸が可愛らしい限りです。



松田が最初に登場する場面です。撮影当時、33歳。本作では、ずっとこの茶色のスーツを着続けます。



松田とチークダンスをする直前の薬師丸です。いやあ、こう見ると、申し訳ないけれども、能年玲奈や橋本愛とはものが違うオーラが出ています。



松田とチークダンスを踊る場面です。とても、チークは触れ合いません。何せ、公開当時大変な話題となった31cmの身長差ですから。



直美の家にお世話になった辻山と幸子が話し合う場面です。秋川リサ、いい女です。本作では乳房丸出しのセックス・シーンにも挑戦してくれています。



辻山のことを好きになりかけていた矢先、辻山と幸子がセックスをしている声を聞いてショックを受ける直美。薬師丸の放心の演技がたまりません。



傷心の直美は、夜の渋谷に向います。赤のハイヒールが、強烈です。



本作で最も美しい薬師丸のショットだと思っています。赤いルージュと赤いイヤリングが衝撃的です。



忠兵衛さん(蟹江敬三)も出ています。中央やや右で薬師丸の腕をつかんでいる刑事です。



そして、最後の強烈なディープ・キス・シーンのシークエンスです。直美は、前夜辻山のアパートを訪れて想いを伝えますが、辻山はそれを拒絶します。直美は、傷心状態でひとり成田空港に到着します。

搭乗手続きをすませて、エスカレーターで下っていたところ、直美はある人物を見つけます。



とっさに下りエスカレーターを駆け上り始めます。





そこにいたのは、辻山でした。スーツが、紺に変わっています。



辻山が直美の手を握ります。



激しくキスします。



カメラが逆側に移ります。







長いディープ・キス・シーンが終わっても、未練はのこります。もう一度軽いキスです。



いよいろ、別離。直美が、左手を振ります。



ひとり残された辻山の姿に、エンド・クレジットが流れます。稀代のプロデューサー角川春樹の名前が最初に出ます。



薬師丸が着せ替え人形のように、次から次へと衣装を替えて出てくるのが面白いし、1980年代の風俗も実に懐かしいものでした。

天野春子が上京した1983年を思い出しながら、ひとしきり感慨に耽ったのでありました。薬師丸も松田も、貧乏英語塾長も、みんな若かったんですよ。(カ・イ・カ・ンならぬ)カ・ン・ゲ・キ!

内容: B+

++++++++++

画質(1.78:1): A-/B+

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映して います。1層25GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、33 Mbpsから43 Mbps。

撮影は、松田とは『遊戯』三部作(1978-1979)を始め、『蘇える金狼』(1979)、『野獣死すべし』(1980)など、薬師丸とは『セーラー服と機関銃』(1981)、『里見八犬伝』(1983)、『Wの悲劇』(1984)で組んだ仙元誠三。

機材は、不明ながら、35mmフィルム・カメラを使用した模様。オリジナル・アスペクト比は1.85:1と推測。

大量のグレイン。ゆえに、フィルムルックなテクスチュアではあるのですが、それがノイズ状になって、細部がかなり甘くなっています。高画質なDVDのアップコンバートしたものよりも劣りそうです。輪郭が太らないのが、よいところではありますが。

色調は、ニュートラル。色数は 多め。色乗りはまずまず。白茶けることがないのは助かります。肌の質感も、違和感は少なめです。

暗部情報は、まあまあ。黒の引き込みが速く、階調の滑らかさやコントラストの高さにも不満は残りますが、見づらさはそれほどありません。

大画面の近接視聴も、何とか可能です。

音質(Linear PCM 2.0/Mono): B

Oppo BDP-93からパイオニアVSA-LX55にHDMI接続して、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネルによる再生。伝送レート は、不明。48kHz/16-bit。音量は、マイナス12デシベル。DSPは、Expanded Stereoを選択。

モノラルですから広がりは限定的。そこで、DSPをExpanded Stereoを選び、強引に7.1チャンネル化すると、かなり雰囲気が現代風になります。主題歌の響きも、悪くありません。もちろん、人工的な音場ですから、不自然さは残ります。

ヒス・ノイズが膨大なのには、ビックリ。絶えず、「ジー」という音がまとわりつきます。音量を下げれば気になりませんが、それでも消えません。おかげで、音の角が丸くなり、聴き取りづらくなる部分も出てきます。ただし、メタリックにはならないのは、助かります。

セリフの抜けは、まずまず。レンジが狭くて、やや高音が詰まり気味ですが、サ行がきつくなることはありません。

超低音成分は、言うまでもなく、ゼロです。

英語学習用教材度: F

英語は、まったく使われません。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

引きの映像と長回しの多用が、根岸吉太郎の特徴。でも、画質がよくないので、引きの映像だと何が何やらわからないことが小さな画面だと起きそうです。しかも、薬師丸ファンとしては、もっと寄りの絵が欲しいところでありました。

☆直美の家は大田区田園調布6-2-10にあるという設定ですが、田園調布は5丁目までしかありません。架空の住所です。でも、どこでロケしたのでしょう、あの立派な門は。

☆名優財津一郎が、コミックリリーフとしていい味を出していました。白のスーツから透けて見える赤のパンツだけで笑えます。

坂上味和が、オッパイ丸出しでがんばっていたんですねえ。忘れていました。いまどうしているのでしょう。

BDの特典は、次の予告編だけです。サビシーイ!

  〃狆貳罵醜霾圈2:58)
 ◆TV-CF 30秒A(0:32)
  TV-CF 30秒B(0:32)
 ぁTV-CF 15秒(0:18)

映像:スタンダード・サイズ(1.33:1?)のSD画質(MPEG-2/480p)

音声:ドルビーデジタル・モノラル 2.0 

++++++++++

薬師丸ファン必見。でも、BDの出来がもう少しよかったらと惜しまれます。まずは、レンタルBDでお試し下さい。
| 日本映画(た行) | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1061870
トラックバック