CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 美女と野獣(レンタル3D BD) | main | ビトレイヤー(BD) >>
秋の夜長の“あまちゃん”ライブ〜大友良英と仲間たち大音楽会〜


2013年9月13日(金)午後10時〜11時
公式サイト:http://www1.nhk.or.jp/amachan/rel/0907.html

ゴウ先生総合評価:A
『あまちゃん』の番外編として先週の金曜日に放送されたライブです。当英語塾INDECの会員が録画したBlu-ray Discを持ってきてくれたので、感涙にむせびながら見てしまいました。○○君、ありがとう!

『あまちゃん』を構成する名曲からの選択もよく、構成・演出も良好。じっくりと楽しめる番組に仕上がっています。

Gump Theatreの120インチのスクリーンに映した映像で紹介していきましょう。

まずは、オープニングです。NHKアナウンサーと並んだアキは、ちょっと緊張しています。



でも、すぐにこんな笑顔を見せてくれます。



そして、最初の曲です。第1話で、アキが北三陸に初めて来たときに流れます。



作曲家大友良英、登場です。笑うと歯茎が見えるが嫌なのか、頻繁にアキは両手で口を隠します。



2曲目は、勉さんの曲です。



3曲目。



アキも、参戦します。



4曲目は、豪華な音の響きが印象的なこれです。パーカッション兼マリンバの女性が魅力的ですよね。



5曲目。



やっぱり、アキは、笑わないと。



ここで、太巻、登場です。



6曲目は、当然、太巻のテーマです。



脚本家・宮藤官九郎もビデオで乱入(?)します。なぜか右目をこすり続けています。大友、古田、宮藤とボルサリーノをかぶっていて、いまの時代を象徴しています。





7曲目は、このヒット曲。歌詞がつかないと「のメモリー」もつきません。



アキも、しんみりと聴き入ります。



8曲目は、名曲中の名曲。ハーモニカが泣かせます。貧乏英語塾長、感極まりました。



『あまちゃん』の撮影が終わって、みんな寂しがっていると語る太巻です。



ラスト8曲目は、「地元に帰ろう」。



GMTの中では海のない埼玉県出身の入間しおりちゃんが、第一のお気に入りなんです、恥ずかしながら。



ついでに、お気に入りの3人の女優のカットも記録しておきましょう。まずは、失踪前の足立よしえ。



この浴衣姿は、やばいでしょう。足立ユイ。



大女優・鈴鹿ひろ美のこの幸せそうな笑顔。ご結婚、おめでとうございます。



そして、エンディング。このバンドは、優秀です。



アコーディオン、味がありました。



当然、アキも拍手します。



音は、AACステレオですが、Gump Theatreで聴いた限りでは、薄手にならず、なかなかの高音質でした。『希求』のハーモニカの高音にはやられてしまいましたから。

このライブ放送のBD、永久保存版となってしまいました。CDも欲しくなります。


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ
ビクターエンタテインメント


連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 2

ビクターエンタテインメント


あまちゃん 歌のアルバム

ビクターエンタテイメント株式会社

『あまちゃん』放送終了は、28日。寂しいけれど、最後までがんばって見続けることにします。
| テレビ | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1061825
トラックバック