CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 気になる英語表現(13-36):TPPタバコ交渉、マレーシアに感謝 | main | 誘惑のアフロディーテ(BD) >>
野蛮なやつら/SAVAGES(BD)

野蛮なやつら/SAVAGES-ノーカット版- ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル

原題: Savages  (2012)
上映時間: 2:21:09
2013年3月8日 国内劇場初公開
公式サイト: http://yabanna-yatsura.jp/

劇場レビュー:2013.03.27 Wednesday 野蛮なやつら/SAVAGES

ゴウ先生総合評価: B+
  画質(2.40:1): A+/A
  音質(DTS-HD Master 5.1): A
  英語学習用教材度: A/A-
テイラー・キッチュ、アーロン・ジョンソン、ブレイク・ライヴリー主演による大麻ビジネスをめぐるクライム・サスペンス。共演は、ジョン・トラヴォルタ、ベニチオ・デル・トロ、サルマ・ハエック、デミアン・ビチル、エミール・ハーシュ。

監督は、オリヴァー・ストーン。原作は、ドン・ウィンズロウの同名小説。脚本は、シェーン・サレルノ、ドン・ウィンズロウ、オリヴァー・ストーン。

3月に劇場で見て、大いに気に入った作品です。8月28日にBlu-ray Discが発売になりましたので、早速取り寄せました。

絵と音は、ハイレベル。英語字幕もしっかりとついています。しかし、ふたつ欠点があります。

ひとつは、劇場版よりも12分ほど長いノーカット版を収録してくれているのはよいのですが、何と劇場版が入っていないのです。US盤とUK盤には両方とも収録しているのに、どういうことでしょう。国内盤でも、ノーカット版、エクステンデッド版、アンレイテッド版を収めたBDはよくありますが、劇場版を割愛したものは記憶にありません。どうなっているのでしょう。

もうひとつは、音声特典が削除されているのが許せません。US盤には(UK盤は未確認)、オリヴァー・ストーンがひとりで行う音声解説とプロデューサーたちが集まって行う音声解説の2種類がついているのですが、国内盤には両方とも収録されていません。嗚呼。

それでも、劇場と変わらない感動を与えてくれればよいのですが、ノーカット版はやや間延びした感があって、感激が薄れてしまいました。

追加された部分ではっきりと確認できたのは、カルテルの手下ミゲル・“ラド”・アロヨ(ベニチオ・デル・トロ)と米麻薬捜査局捜査官デニス(ジョン・トラボルタ)のプライベートな生活を描くシーンです。

確かに、離婚を迫る妻に悩まされるラドや末期がんで死期の近い妻の前で泣きくれるデニスを描くことで、映画に多少厚みが生まれています。しかし、映画全体から見れば、あってもなくてもよいような印象です。アクション映画は、テンポのよさがすべて。それを補うだけの意味があるようにも思えないのです。

とにもかくにも、本作は、チョン(テ イラー・キッチュ)とベン(アーロン・ジョンソン)とオフィーリア(ブレイク・ライヴリー)の物語。ラドとデニスのプライベートを描くことは省いたほうが、一本筋が通ります。ゆえに、劇場版のほうが絶対によいと思うのです。

にもかかわらず、劇場版を国内盤では見られず、選択肢がないのは本作へのこれからの評価を損じることになるのではないでしょうか。実に残念なジュネオン・ユニバーサルの判断です。

詳しい内容については劇場レビューを参照していただくとして、今日は主にレンタルBDの仕様についてコメントさせていただきます。

内容: A-/B+

++++++++++

画質(2.40:1): A+/A

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、20 Mbpsから39 Mbps。


撮影は、『エネミー・オブ・アメリカ』(1998:レビューは、こちら!)、『シャンハイ・ヌーン (2000)、『スパイ・ゲーム (2001)、『ふたりにクギづけ』(2003:レビューは、こちら!)、『ドミノ』(2005:レビューは、こちら!)、『M:i:III』(2006:レビューは、こちら!)、『スター・トレック』(2009:レビューは、こちら!)、『ジョン・カーター』(2012:レビューは、こちら!)のダン・ミンデル。

機材は、アリフレックス35 IIC、パナビジョン・パナフレックス・ミレニアムXL2 35mmフィルム・カメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(2K)。

かなりの量のグレインを残しつつも、テクスチュアはすっきりとしています。フィルムルックでありながら、解像度はとても高く、スクリーン間近に寄っても、ブレイク・ライブリーの肌など細部までくっきりと描き出されていることを容易に確認できます。

色温度は、やや低め。ですが、ほとんどニュートラルと言ってよいでしょう。場面によって変化させているようです。それでも、ほんのりと暖色系が支配している場面を多く感じます。肌の質感もとてもナチュラルです。

暗部情報も、十分。暗いシーンに見づらさはありません。

大画面の近接視聴も、まったく問題なしです。記憶に残る劇場体験に近いものを感じられます。


音質(DTS-HD Master 5.1): A

Oppo BDP-93からパイオニアVSA-LX55にHDMI接続して、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネルにより再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス12デシベル。DSPは、THXサラウンドEXを選択。

音も、劇場に迫る迫力。左右前後に音を定位させ、劇伴のみならず、環境音・効果音が後方からどんどん出てきます。そのおかげで、できあがった立体音場の音密度は濃厚。包囲感も移動感もかなり派手に味わえます。

ノイズ・フロアも、最低レベル。純度の高い厚手の音が、響きます。これで、もう少し楽器の音がクリアであったらと惜しまれます。それでも、銃声・爆発音を含め、金属的でヒステリックな音はなく、ゆっくりと楽しめます。


セリフの抜けも、十分。レンジも非常に広く、サ行きつくなることなく、発音も明瞭です。

超低音成分の使われ方は、出るときと出ないときの区別がしっかりとついた上品なもの。出ると、かなり出ますが、ブーミーになることはありません。

英語学習用教材度: A/A-

日本語・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。

セリフ量は、アクション映画にしては多め。ただし、F-wordを含め、俗語・卑語は大量に使われ(R指定)、テクストに使うには注意が必要です。

ただし、英語字幕は、ほぼ100パーセントセリフをフォローしますので、勉強する使い勝手は悪くありません。映像特典もまずまずの量ですし、英語字幕がつくのは好材料です。


英語字幕は、シネスコ・スクリーンの中に定置するタイプです。

++++++++++
 
気になるところを、アト・ランダムに

4500万ドルの製作費で、結局アメリカで4738万ドル、海外で3558万ドル、計8297万ドルのスマッシュヒット。ちょっともの足りないものの、悪くはない結果です。

BDの特典は、次の内容です。

  〔じ開シーン(9種/16:01)
 ◆\作の裏側(5章/33:53)

映像: 
 
 シネスコ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)
 ◆.咼好拭Ε汽ぅ此1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)


音声: ドルビーデジタル・ステレオ 2.0

うれしいことに、すべてに英語字幕がつきます。


US盤BDのほうが、特典は充実しています。



仕様は、次の通りです。

  容量: 2層50GB
  映像: 1080p/2.40:1/MPEG-4 AVC
  音声: DTS-HD Master 5.1(英語)
      DTS 5.1(仏・西語)
  字幕: 英・西・仏語

特典は、次の内容です

    Deleted Scenes (HD; 16:01)
    Stone Cold Savages (HD; 33:53)

    Feature Commentary with Director Oliver Stone.
    Feature Commentary with Producers Eric Kopeloff and Moritz Borman, Co-Screenwriter/Novelist Don Winslow, Executive Producer/Co-Screenwriter Shane Salerno and Production Designer Tomas Voth

    Theatrical (2:10:58) and Unrated (2:21:10) versions of the film

Amazon.comで、今日現在14.99ドル(定価34.98ドル)。欲しくなります。

☆値段だけだと、UK盤BDも見逃せません。



仕様はUS盤に準ずるのに(特典内容は不明)リージョン・フリー。今日現在Amazon.co.ukで7.00ポンドしかしません。

++++++++++

国内盤BDに対して色々文句をつけましたが、アクション映画としてはなかなかの出来。映画ファンなら、見る価値は十分にあります。まずは、レンタルBDでお試しください。
| 外国映画(ヤ行) | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1061810
トラックバック