CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン (UK BD/Region Free) | main | トイ・ストーリー 3D (レンタル3D BD) >>
ミュージック・オブ・ハート (BD)

ミュージック・オブ・ハート [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ

原題: Music of the Heart (1999)
上映時間: 2:03:14
2000年9月9日 国内劇場初公開
公式サイト: http://music.asmik-ace.co.jp/

DVDレビュー: 2012.02.04 Saturday ミュージック・オブ・ハート (DVD)

ゴウ先生総合評価: B
  画質(1.78:1): A/A-
  音質(DTS-HD Master 5.1): A/A-
  英語学習用教材度: C+
メリル・ストリープ主演による音楽ドラマ。共演は、アンジェラ・バセット、グロリア・エステファン、エイダン・クイン、クロリス・リーチマン。その他、アイザック・スターン、イツァーク・パールマンなどのプロのヴァイオリニストも出演。監督は、『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』 (2011)のウェス・クレイヴン。

今年の2月にDVDを見直したときに、4月4日にBlu-ray Discがリリースされると知り、出たらすぐに取り寄せたBDです。ヒットしなかったためなのでしょう、アメリカではBDの発売がまだですから、BDで本作を見たければ、国内盤を利用するしかありません。

ストーリー展開その他は上掲のDVDレビューを参照していただくとして、見直して痛感したことをひと言付け加えさせてもらいましょう。

それは、メリルの自然な演技に舌を巻くと同時に、それは強烈な薬のようなもので、凡庸な監督だとメリルの演技に振り回されるのかもしれないということです。

たとえば、新しいアパートにメリル演じるロベルタが息子ふたりを連れて引っ越してきた夜に長男と話すシーン。

離婚が間近で気持ちがふさぐロベルタに息子が話しかけて始まる会話ですが、どう考えても、映画全体の流れからすれば、カットすべきです。冗長に思えるからです。ですが、メリルのロベルタになりきった姿を見ると、決心が鈍りそう。それくらい上手いのです。

しかし、そういうシーンを刈り込んでこそ、映画としての緊迫感は高まるはず。メリルの演技の卓越さに、監督も編集も幻惑されてしまっています。それが、本作の感動を薄めている気がしてなりません。

実際、あと20分は縮められそう。メリルを使いこなせる監督は、半端でない決断力を持たないと勤まらないというよい証拠になってしまっているのが、残念なところです。

内容: B-

++++++++++

画質(1.78:1): A-

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080/24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映して います。1層25GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、0.03 Mbpsから50 Mbps。

撮影は、『いとこのビニー』(1992:レビューは、こちら!)、『マルホランド・ドライブ』(2001:レビューは、こちら!)、『ハッカビーズ』(2004:レビューは、こちら!)、『迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-』(2005:レビューは、こちら!)、『ジャケット』(2005:レビューは、こちら!)、『あぁ、結婚生活』(2007:レビューは、こちら!)、『ラッキー・ユー』(2007:レビューは、こちら!)、『恋と愛の測り方』(2011)のピーター・デミング。

機材は、詳細は不明ながら、パナビジョンの35mmフィルム・カメラ(パナフレックス・ミレニアム?)を使用。オリジナ ル・アスペクト比は、1.85:1。

現在のBD画質水準からすると、かなり見劣りする映像。グレインが粒立つことなく、べたっと潰れがちになって、彫りもそれほど深くなく、細部がかなりスポイルされています。そのせいで、DVDよりもましとはいえ、思ったほどのHi-Def感が得られません。

発色は、ニュートラル。色数は、多め。場面によっては、ハッとするほど鮮やか。ただし、肌の質感は、いまひとつものたりません。どうしてもツルツルしすぎるように見えます。暗部情報は、まずまず。夜間シーンがそれほど見づらくないのが、救いです。

大画面の近接視聴は、一応問題ありません。

音質(DTS-HD Master 5.1): A/A-

Oppo BDP-93からパイオニアVSA-LX55にHDMI接続して、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネルによる再生。伝送レート は、2.0 Mbpsから3.8 Mbps(PS3にて計測)。音量は、マイナス12デシベル。THXサラウンドEXを選択。

DVDのDTSの音も悪くありませんでしたが、やはりBDが上。ただし、思ったほどの差ではありません。

ただうれしくなったのは、カーネギー・ホールの響きに迫真性が強まったこと。無人の状態でメリルが弾くヴァイオリンの響きと、満員のホールでは音が違うのは当然。その差が、BDでははっきりと分かります。これで、もっと分解能が高ければ、悪くありません。

ノイズフロアは低いですが、やや雑味が乗っている印象。おかげで、拍手がしゃっきりとせず、べたつきます。もっと澄み切った音であったらと惜しまれます。

セリフの抜けは問題なし。発音に聴き取りにくさはありません。超低音成分は、ほとんどなし。そのせいもあってか、高音の伸びに欠ける恨みが残ります。

A-評価に落とすかどうか悩んだことを記さなければならないのが、残念な限りです.

英語学習用教材度: C+

日本語字幕・日本語吹替えつき。BDになったら収録されると思っていた英語字幕が、相変わらずつきません。セリフ量は多め。俗語・卑語はある程度使われますが、テクストとして十分に使えます。ですが、英語字幕がない以上、使いにくいことは事実。特典も、DVDとほとんど変わらず、評価を上げる材料になりえていません。

++++++++++

BDの特典は、次の内容。まずは、音声特典です。

  ウェス・クレイヴン(監督)、マリアンヌ・マッダレーナ(製作)による音声解説 

音声は、ドルビーデジタル 2.0(192 kbps)。残念なことに、英語字幕はつきません。

次に、映像特典。

   .蹈戰襯拭Εスパーリ来日インタビュー (16:08)
  ◆_山攫録の舞台裏 (2:10)
   カーネギーホールの舞台裏 (4:32)
  ぁ〔せ藩僖掘璽鵝粉篤腸鮴發弔/10:32)
  ァ Music Of My Heart” ミュージック・ビデオ (4:42)
  Α.潺紂璽献奪・ビデオ メイキング (1:16)
  А.ぅ鵐織咼紂悉
     ジョシュア・ペル (0:34)
     カレン・ブリッグズ (0:31)
     マーク・オコナー (1:09)
     アーノルド・スタインハート (2:39)
     アイザック・スターン (3:09)
     マイケル・トゥリー (0:40)
     チャ−ルズ・ヴィール・ジュニア (3:26)
  ─.リジナル予告編 (2:32)
   日本語ティーザー (1:07)
   日本語予告編 (2:00)
   日本語TVスポット#1 (0:16)
   日本語TVスポット#2 (0:31)

映像: 
   銑・ァ銑─Ν・ スタンダード・サイズのSD画質(1.33:1/MPEG-2/480p)
  ぁΝ・ レターボックスのビスタ・サイズのSD画質(1.78:1/MPEG-2/480p)

音声: 
   銑ぁΝΑ銑 ドルビーデジタル 2.0 (256 kbps)
  ァ.疋襯咫璽妊献織襦Ε好謄譽 2.0 (448 kbps)

残念なことに、英語字幕はつきません。

DVDから増えたのは、Г離ぅ鵐織咼紂悉犬世韻任后

++++++++++

BDとしての完成度が高くないのが、残念。まずは、レンタルBDでお試しください。
| 外国映画(マ行) | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1061280
トラックバック