CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 裏切りのサーカス (UK BD/Region B) | main | ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン (UK BD/Region Free) >>
気になる英語表現(12-19):金持ちは、宇宙をめざす
Financial Timesが、大金持ちの最新の動向についてとても面白い社説を書いています。

April 27, 2012 7:37 pm
Celestial rewards


どのような内容なのでしょうか。気になります。早速分析してみましょう。
社説は、ヘッドラインを入れて総数5段落335語。 文章は短くて、語彙も平易。楽しんで読んでください。4分半でざっくりと和訳できたら、TOEICで860点。太字の重要語句に注意して、 どうぞ。

**********

Celestial rewards

Once the wealthy were content to indulge their fancies with gothic castles and bridges to nowhere in the Arizona desert, but today’s super-rich are demanding out-of-this-world returns. Sergey Brin and Larry Page, the billionaire Google entrepreneurs, are among a star-studded cast investing in a small US start-up that promises to bring back untold riches from outer space.

Planetary Resources plans to use robots to explore the heavens for asteroids rich in precious metals and minerals. Within 10 years, the company hopes to begin mining. According to its founders, the project could add “trillions of dollars” to global wealth by landing tonnes of gold, platinum, nickel and even water. At a time when so many countries are struggling to create wealth in the face of austerity, this is an enticing prospect.

The idea of a celestial El Dorado is not new. Asteroid mining was first mooted in the 1898 novel Edison’s Conquest of Mars. Since then, the theme has been taken up by science fiction greats from Isaac Asimov to Robert A. Heinlein. Like many of their ideas, asteroid mining was regarded as outlandish until science caught up. In 1996 John Lewis, a planetary astronomer, suggested in his book Mining the Sky that asteroids could hold the answer to the Earth’s diminishing resources. Barack Obama has since ordered Nasa to set a course on exploration aimed at near-Earth objects rather than the Moon.

Messrs Brin and Page may be at the forefront of the new frontier, but they are unlikely to strike it rich any time soon. There are lots of challenges. Minerals may weigh nothing in space, but they become a serious transport risk when they crash into the Earth’s atmosphere at 25,000 miles an hour weighing several tonnes. And precious metals may bring high prices now, but what happens when they begin transporting tonnes of the stuff? Finally, there is the question of who owns asteroids. All of a sudden, the galactic battles of science fiction do not seem so far-fetched.

**********

いかがでしたか。それでは、ヘッドラインから見ていきましょう。

**********

Celestial rewards

*****語句の説明*****

celestial  天の,天上の;天空の

+++++対訳+++++

天からのご褒美

**********

Once the wealthy were content to indulge their fancies with gothic castles and bridges to nowhere in the Arizona desert, but today’s super-rich are demanding out-of-this-world returns. Sergey Brin and Larry Page, the billionaire Google entrepreneurs, are among a star-studded cast investing in a small US start-up that promises to bring back untold riches from outer space.

*****語句の説明*****

be content to  〜することに満足している
indulge X with Y  XをYで堪能させる;好きなようにさせる
fancy  夢,夢想;空想
entrepreneur  起業家
star-studded  著名人がきら星のように居並んだ
riches  富,財宝

+++++対訳+++++

かつての金持ちは、ゴシック建築の城や行き先のない橋をアリゾナの砂漠に作ることによって自分たちの夢を満たして満足していたものだった。しかし、今日のスーパーリッチたちは、この世界の外からの報酬を求めている。グーグルの創業者である億万長者のセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジが、宇宙から知られざる財宝を持ち帰ることを約束したアメリカの小さなベンチャー企業に投資するスターの仲間入りをしたのだ。

**********

Planetary Resources plans to use robots to explore the heavens for asteroids rich in precious metals and minerals. Within 10 years, the company hopes to begin mining. According to its founders, the project could add “trillions of dollars” to global wealth by landing tonnes of gold, platinum, nickel and even water. At a time when so many countries are struggling to create wealth in the face of austerity, this is an enticing prospect.

*****語句の説明*****

asteroid  小惑星
rich in  …が豊富な
mining  採鉱
land  …を手に入れる
austerity  耐乏,緊縮財政;厳格さ,質素
entice  …を誘惑する

+++++対訳+++++

プラネタリー・リサーチ[惑星探査]社は、ロボットを使って、宇宙を探索し、貴金属や鉱物に富んだ小惑星を見つけ出すことを計画している。10年以内に、同社は採鉱を始めたいと希望している。その創業者たちによれば、このプロジェクトが成功すると、「何兆ドル」も世界経済にプラス効果を与えることができるという。何トンもの金、プラチナ、ニッケル、そして水さえも手に入れられるからだ。緊縮財政に直面した中で富を創出しようと多くの国がもがいている時代に、これはそそられる予想である。

**********

The idea of a celestial El Dorado is not new. Asteroid mining was first mooted in the 1898 novel Edison’s Conquest of Mars. Since then, the theme has been taken up by science fiction greats from Isaac Asimov to Robert A. Heinlein. Like many of their ideas, asteroid mining was regarded as outlandish until science caught up. In 1996 John Lewis, a planetary astronomer, suggested in his book Mining the Sky that asteroids could hold the answer to the Earth’s diminishing resources. Barack Obama has since ordered Nasa to set a course on exploration aimed at near-Earth objects rather than the Moon.

*****語句の説明*****

El Dorado  黄金郷;エルドラド:南米の想像上の宝の都市
moot  …を議題にのせる;…を討論する
outlandish  風変わりな,突飛な;異国風の
astronomer  天文学者

+++++対訳+++++

宇宙の黄金郷というアイデアは、新しいものではない。惑星採鉱が最初に議論されたのは、1898年の『エジソンの火星征服』であった。それ以来、このテーマは、アイザック・アシモフからロバート・A・ハインラインまで偉大なSF作家たちによって取り上げられてきた。彼らのアイデアの多くと同じく、小惑星採鉱は科学が追いつくまで突飛なものだとみなされてきた。ところが、1996年に惑星天文学者のジョン・ルイスが『空を採鉱する』という本を出し、その中で小惑星が地球の減少する資源に対する答えを持ちうると示唆した。バラク・オバマは、それ以来ずっとNASAに月ではなく地球に近い天体をめざした探検に針路を取るように命じている。

**********

Messrs Brin and Page may be at the forefront of the new frontier, but they are unlikely to strike it rich any time soon. There are lots of challenges. Minerals may weigh nothing in space, but they become a serious transport risk when they crash into the Earth’s atmosphere at 25,000 miles an hour weighing several tonnes. And precious metals may bring high prices now, but what happens when they begin transporting tonnes of the stuff? Finally, there is the question of who owns asteroids. All of a sudden, the galactic battles of science fiction do not seem so far-fetched.

*****語句の説明*****

Messrs  Mr. の複数形
strike it rich  …が豊かな鉱脈を掘り当てる
all of a sudden  突然
far-fetched  こじつけの,ありそうもない

+++++対訳+++++

ブリン氏とペイジ氏は、新しい辺境の最先端にいるのかもしれない。しかし、すぐに豊かな鉱脈を掘り当てることなど、ありえそうにもない。たくさんの困難が待っている。鉱物は宇宙では重さはないが、地球の大気圏に何トンという重さをもって時速25,000マイルで衝突するときには、深刻な運搬上のリスクとなる。さらに貴金属はいまなら高価で取引されるが、何トンも運ばれ始めればどうなるだろう。最終的には、小惑星の所有者に関して問題が発生するはずだ。突然、SFの世界のものだった銀河系の戦闘が、それほどありそうもないことのように思えなくなる。

++++++++++


Financial Timesが取り上げるにふさわしく、宇宙探査を経済学的影響から論じていて、なぜか頬が緩みます。どれだけの費用がかかるか分かりませんが、成功すれば、目覚しい富が創出されるはず。なんとも、夢のある話です。

しかし、どうしてこれが日本で話題にならないのでしょう。日本のような資源のない国こそ、積極的にこういう投資を利用すべきなのに。グーグルの創業者の自由な発想がうらやましい限りです。

個人的には、このスケールの大きな発想が、日本の若者から生まれてくれればと願わずにいられません。そのためにも、日本を飛び出して、アメリカで勉強してもらいたいと願ってしまいます。

当英語塾は、いつでもそのお手伝いをいたします。自己変革を本気で行う覚悟のある方のお問い合わせをお待ちしております。

INDECは、夢と希望をもった若者を応援しています!

公式サイト: http://indec.jp


| 気になる英語表現 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1061278
トラックバック