CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 気になる英語表現(11-39): 日本、女子W杯で優勝! | main | ザ・ダイバー (Blu-ray Disc) >>
グリーン・ホーネット (Blu-ray Disc)

グリーン・ホーネット [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

原題: The Green Hornet (2011)
上映時間: 1:58:53
2011年1月22日 国内劇場初公開
公式サイト: http://bd-dvd.sonypictures.jp/greenhornet/

ゴウ先生総合評価: C+
  画質(2.40:1): A/A-
  音質(DTS-HD Master 5.1ch): A
  英語学習用教材度: A

セス・ローゲン、ジェイ・チョウ主演による、ブルース・リーが出演した同名テレビドラマの映画化。共演は、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、トム・ウィルキンソン、ジェームズ・フランコ。

監督は、『ヒューマンネイチュア』(2001:レビューは、こちら!)、『エターナル・サンシャイン』(2004)、『恋愛睡眠のすすめ』(2005:レビューは、こちら!)、『TOKYO!』(2008:レビューは、こちら!)、『僕らのミライへ逆回転』(2008:レビューは、こちら!)のミシェル・ゴンドリー。

いまだ29歳という若さなのに、『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』(2007)を始め、コメディアンとして大ヒットを飛ばし続けるセス・ローゲン。本作でも、脚本と製作総指揮も兼務する才人ぶり。個人的に、ローゲンが好きになれないので、本作を劇場で見ませんでした。ですが、Blu-ray Discならば一度くらい見てもよいかと、3Dプロジェクターがまだ到着していないので、2D版BDを取り寄せたという次第です。

舞台は、現代のロサンゼルス。当地で『デイリー・センチネル』(The Daily Sentinel)という新聞を発行しているジェームズ・リード(トム・ウィルキンソン)は、早くに妻を亡くし、ひとり息子のブリット・リード(セス・ローゲン)とふたり暮らし。

厳格な父親に反発してか、ブリットは親が金持ちであることをいいことに遊び呆ける毎日。ところが、ジェームズが蜂に刺されて62歳で死んでしまい、新聞社がブリットのものになってしまうと、このままではいけないと徐々に思い始めます。

そこで、父の遺志を継いで荒廃したロサンゼルスを救うために、ブリットはジェームズがホームレスから救い上げたマーシャル・アーツの達人でさまざまな発明をするカトー(ジェイ・チョウ)と組んで、自警団活動を開始することにします。

しかし、そこへ暗黒街のボス、ベンジャミン・チュドノフスキー(クリストフ・ヴァルツ)が立ちふさがるのでした……。

セス・ローゲンによるヒーロー映画、特に『バットマン』のパロディと解釈しました。スーパーヒーローとはかけ離れた頭脳と体力の持ち主であるブリットが、本来添え物のロビン少年的存在であるカトーの力を借りて、それなりにまともになっていくという通常とは逆の展開です。

発想の面白さは買いますが、それでもローゲンが演じるブリットは魅力薄。見る前から思っていましたが、見てもやっぱりニンではないことを確認しました。カトー役の台湾出身のジェイ・チョウが颯爽としているだけに、見劣りします。

そして、長年のファンとしてガッカリしたのが、キャメロン・ディアスの老けぶり。秘書の面接シーンで登場したときの化粧の濃さには、あんぐりと口を開けてしまいました。

脇をトム・ウィルキンソン、クリストフ・ヴァルツ、ジェームズ・フランコという芸達者が固めても、主役たちがこれでは、魅力に欠けます。

期待していたミシェル・ゴンドリーの演出も月並み。あのぶっ飛んだ映像美学が、大予算映画の本作では開花しなかったようです。

というわけで、個人的にはペケ。ヒーロー映画に求めるカタルシスが満足に得られなかったのですから、採点も辛くなります。

内容: C

++++++++++

画質(2.40:1): A/A-

Gump TheatreにてPS-3から1080/24p信号をHDMIケーブルによってVSA-LX55経由でDLA-HD1に送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、10 Mbpsから36 Mbps。
  
撮影は、『シービスケット』(2003)でアカデミー撮影賞にノミネートされたジョン・シュワルツマン。当ブログでレビューしている担当作品は、『アルマゲドン』(1998:レビューは、こちら!、『パール・ハーバー』(2001:レビューは、こちら!、『ミート・ザ・ペアレンツ2』2004:レビューは、こちら!、『最高の人生の見つけ方』(2007:レビューは、こちら!、『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』(2007:レビューは、こちら!、『ナイト ミュージアム2』(2009:レビューは、こちら!)。

機材は、パンアリ435、パナビジョンのパナフレックス・ミレニアムXLとプラチナ35mmフィルム・カメラ、ファントムHDカメラ、レッド・ワンHDカメラを使用。

全体的に柔らかいフィルムルックな画質ながら、解像度は高く、細部がスポイルされてはいません。彫りも深く、なかなか味わい深い絵。

色温度は、やや低め。オレンジ系が支配的な色あい。やや茶色が強くなりがちですが、フィルムの癖でしょう。色数は多め。肌の質感はかなりナチュラル。ただし、キャメロン・ディアスの肌が年相応に見えるのは辛い限りです。

暗部情報は豊富。階調も滑らか。大画面の近接視聴も、問題なし。A評価画質とは、やや差があります。

音質(DTS-HD Master 5.1ch): A

VSA-LX55からリア・バック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル再生。伝送レートは、2.1 Mbpsから3.2 Mbps。音量は、マイナス9デシベル。THXサラウンドEXを選択。

伝送レートは低めながら、壮絶な音。シャープでクリアで、厚みたっぷり。左右前後上下にみっちりと埋まる音密度。やや定位があざとい印象ですが、リア・バック・スピーカーが大活躍するケレン味たっぷりの音。アクション映画にはふさわしいサウンド・デザインです。

ノイズフロアは低く、銃声・打撃音の重さはリアルそのもの。アンプを換えたばかりですので、これがBDのせいなのかアンプのせいなのか判断に困りますが、相当な音声情報が入っていることは事実です。

セリフの抜けは、問題なし。超低音成分は、大量。ややブーミーになりがちですが、調整可能な範囲。迫力満点の音であることは間違いありません。

英語学習用教材度: A

日本語・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。セリフの量は、アクション映画にしては多め。俗語・卑語は、F-wordを含め、かなり使われ、テクストとして使うには注意が必要です。なお、特典は豊富ですが、英語字幕がつかないので、評価はここどまりです。

英語字幕も、シネスコ画面の中に定置するタイプ。ソニー・ピクチャーズも変わりました。大歓迎です。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆原題は、The Green Hornet。訳せば、「緑のスズメバチ」。この場合の定冠詞は、種類全般を表す働きをしていると理解してもよいのでしょう。カトーがいますから。

☆カトーに対する自分の優位性を訴えるブリットのセリフの中に、「オレがサイモンで、お前がガーファンクル」とあるのに、大笑い。長年サイモンとガーファンクル・ファンをやっていますが、ここまで赤裸々に事実(!)を語ったのを公の場で聴いたのは初めてでした。可哀想、アーティー。

☆1億2000万ドルの製作費で、アメリカで9878万ドル、海外で1億2904万ドル、計2億2782万ドルの売り上げ。大ヒットではありますが、この製作費だとちょっともの足りない結果です。

BDの特典は、次の通り。まずは、音声特典。

  製作者による音声解説:
    ミシェル・ゴンドリー(監督)
    セス・ローゲン(脚本/製作総指揮)
    エヴァン・ゴールドバーグ(脚本/製作総指揮)
    ニール・H・モリッツ(製作) 他

音声は、ドルビーデジタル 2.0ch (192 kbps)。残念なら、英語字幕はつきません。

次に、映像特典。

   .咼妊編集クリエーター 
  ◆〔じ開シーン集 (26:33)
   サイコー!な撮影現場 (7:18)
  ぁ 抜餾諭疋潺轡Д・ゴンドリー監督 (9:33)
  ァ 悒哀蝓璽・ホーネット』の脚本 (10:35)
  Α.ールな脇役:ブラック・ビューティ (7:17)
  А.好織鵐・ファミリー:アームストロング一家 (7:39)
  ─.トーを探して (6:00)
   セットをブッ壊せ (14:04)

映像: 
  ◆.轡優好魁Ε汽ぅ此2.30:1?)のHD画質 (AVC/1080p)
  〜 ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質 (AVC/1080p)

音声: ドルビーデジタル 2.0ch (192 kbps)

残念なことに、すべて英語字幕がつきません。

++++++++++

金持ちのドラ息子が遊び半分で自警団を構成する。結果さえ出ればよいと言えばそれまでですが、どうしても抵抗があります。3Dプロジェクターを買っても、3Dで見直すことはないでしょう。関心をもたれた方は、まずはレンタルBDでお試しください。

| 外国映画(カ行) | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1060971
トラックバック