CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 天空の城ラピュタ (レンタルBlu-ray Disc) | main | ジョナ・ヘックス (Blu-ray Disc) >>
インセプション (レンタルBlu-ray Disc)

インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ

原題: Inception (2010)
上映時間: 2:28:07
2010年7月31日 国内劇場初公開
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/dvd/

ゴウ先生総合評価: A-
  画質(2.40:1): A/A-
  音質(DTS-HD Master 5.1ch): A
  英語学習用教材度: A
レオナルド・ディカプリオ主演による大ヒットSFアクション。共演は、 渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、キリアン・マーフィ、ピート・ポスルスウェイト、マイケル・ケイン。監督は、脚本を書いて製作も務めた『ダークナイト』(レビューは、こちら!)のクリストファー・ノーラン。

劇場に行く気でいたのに、その混雑ぶりに躊躇していたら、いつの間にか公開終了。トホホと思っていたら、今月22日にセルBDの本編ディスクと同じ仕様であるレンタルBlu-ray Discがリリース。これ幸いと、それを利用することにしたのでした。

いやあ、ひと言、濃厚。夢を三層、四層に展開させて、複数の人間でそれを共有し、他人の意識をコントロールするというのですから、無意識の存在と個人の自己同一性という哲学的問題に挑戦しているのですから。しかも、それを見事な娯楽作品にまとめています。このクリストファー・ノーランの豪腕には、脱帽するしかありません。映画史に残る作品となることでしょう。

ドミニク(ドム)・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は、他人の夢の中に侵入してアイデア(extract)を盗む特殊な産業スパイ。

ある日、世界的に強大な日本人企業家であるサイトー(渡辺謙)に売り込みをかけると、サイトーから他人の頭脳にアイデアを植え込むこと(inception)を依頼されます。ターゲットは、ライバル会社の創業者モーリス・フィッシャー(ピート・ポスルスウェイト)の後継者である息子のロバート(キリアン・マーフィ)。彼の夢の中に入り、その会社を解体させるように仕向けてくれというのです。

その困難さと危険性に一度は拒絶するコブですが、離れて暮らす子供たちと会えるようにしてやるとサイトーからオファーを提示されると、承諾します。コブは、自殺した妻モル(マリオン・コティヤール)を殺害した容疑で指名手配されており、子供たちのいるアメリカに入国することができなかったのです。

そこで、コブはスペシャル・チームを構成します。コブとずっと仕事をしてきたアーサー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)、夢の世界を構築する「設計士」のアリアドネ(エレン・ペイジ)、他人になりすまし思考を誘導する「偽装師」のイームス(トム・ハーディ)、夢の世界に導入する鎮静剤を作る「調合師」のユスフ(ディリープ・ラオ)、それにサイトーを入れた6人でロバートをターゲットに「植え込み」を始めるのでした……。

本作の凄さは、人間の恐怖が死にないというテーマを高々と謳い上げていること。夢の世界で死ぬことは、単にそれよりも一階層上の現実世界に戻ること。つまり、死は「覚醒」という救いを与えることにもなるだけだから、死は怖くないというのです。

ところが、問題は夢を見ている中で夢を見ている二階層以上の夢の場合。夢を見ている、現実よりも一階層下でトラブルが起きて、二階層の夢が崩壊すると、意識は現実世界に戻れなくなり、「虚無」(limbo)の果てに沈みこんでしまうという設定。そして、この虚無の世界では、常に絶望を抱えて生きることになり、これは死よりも怖いことだというのです。まるで埴谷雄高の『死霊』を読んでいるかのよう。

この複雑な入れ子の中に組み込まれるのが、亡き妻モルへのコブの愛であり、ロバートが抱く亡き父モーリスへの思いであり、コブが見せる子供への父性愛。そこに現代人の世俗的野心と特殊チームの強固なチームワークが絡められるのですから、たまりません。

別の言い方をすれば、『ミッション・インポッシブル』のIMFチームを使って、『ウォール街』の策略を実行するために、哲学的アプローチを採用しているわけで、面白くないはずがないのです。ストーリー展開を七面倒くさいと思いさえしなければ、上質のエンターテインメント映画だと理解できるはずです。

それでもひと言いわせてもらえば、もう少しコンパクトにできなかったかと思います。2時間半は長すぎ。特に、コブがモルとの思いを回想するシーンは、冗長に思えます。どれだけカットするかは、難しい選択ではありますが。

ともあれ、クリストファー・ノーランの天才ぶりに舌を巻くしかない秀作です。

内容: A-

++++++++++

画質(2.40:1): A/A-

Gump TheatreにてPS3からHDMIケーブルによって1080/24p信号をTA-DA3200ES経由でDLA-HD1に送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50 GB。コーデックは、VC-1。伝送レートは、0.07 Mbpsから43 Mbps。

撮影は、『メメント』(2000)以降、『インソムニア』(2002)、『バットマン ビギンズ』(2005:レビューは、こちら!)、『プレステージ』(2006:レビューは、こちら!)、『ダークナイト』(2008:レビューは、こちら!)とクリストファー・ノーランと組んできたウォーリー・フィスター。機材は、アリカム、パナビジョンなどのありとあらゆるカメラを使用した模様。

解像度も高く立派なHi-Def画質だとは思いますが、どこか深みを感じさせない絵。実際、スクリーンに近づくと、細部がつぶれがちになっていることに気づきます。この辺り、VC-1コーデックのせいではないと考えたいのですが、どうしてもそう考えてしまいます。

大半のシーンの色温度は低めで、茶色系が支配する色あい。雰囲気は、他のノーラン映画に共通しています。その色あいは、陰影の深い絵作りに結びついており、暗部情報の豊富さが本BDのキモ。ゆえに、黒が沈まないプロジェクターだと正確な再現が難しそう。HD1でもギリギリ最低ラインをクリアしていると思います。ですが、先日試聴したビクターのDLA-X7あるいはその上位機DLA-X9だとどのようになるのだろうと思ってしまいます。

ともかく、フィルムルックな雰囲気を作り出すためには、相当高度な再生システムが必要なBDであることは間違いありません。

音質(DTS-HD Master 5.1ch): A  

TA-DA3200ESからリアバック・スピーカー2本を付け加えた5.1チャンネル再生。伝送レートは、2.8 Mbpsから5.8 Mbps。

音の迫力は、半端でありません。透明度が高く、シャープでクリアな音が放縦に飛び出し、ドラマに深みを与えます。それでいて、メタリックな響きが乗らないので、不快さを覚えずにすみます。

アクション・シーンでは左右前後上下に音が乱舞して、観客を映画の世界に叩き込むのはもちろん、静かなダイアローグが展開する中で、静かな音楽が流れ、周辺に雨を降らせられたりすると臨場感は高まり、映画を見ている快感に襲われます。

セリフの抜けは、最高。甘さやサ行のきつさはどこにもありません。超低音成分の量は、相当なもの。とはいえ、飽和してブーミーになることはなく、タイミングもきちんと考えられており、好感がもてます。

英語学習用教材度: A

日本語・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。セリフ量は多め。それでいて、俗語・卑語は少なく、安心してテクストとして使えます。しかも、レンタルBDなのにメイキングはつきますし、それには英語字幕がつくという嬉しさ。

ただし、英語字幕は、残念なことに、シネスコ画面の下にはみ出すタイプ。ワーナーの悪い癖です。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆原題も、Inception。普通は、「始まり」と訳します。しかし、ここでは“in + cept + ion”と分けて、「概念(concept)に入る(in)こと」という意味で理解すると、「ある想念の植え込み」という意味が理解できると思います。つまり、何かを考えることからすべてが「始まる」ということを表した単語なのです。

レオナルド・ディカプリオの芸達者ぶりは、さすが。自然な演技なのに、いつの間にか引きつけられています。アカデミー主演男優賞を獲るのは、時間の問題だと改めて思わされました。

☆本作を彩るふたりの女優。そのひとりマリオン・コティヤールは、もうそこにいるだけでミューズ。ディカプリオが慕い続けることが分かる存在。余人に換え難い迫力があります。

☆もうひとりのエレン・ペイジ。『JUNO/ジュノ』(2007:レビューは、こちら!)と『ローラーガールズ・ダイアリー』(2009:レビューは、こちら!)の主役。決して美人ではないのですが、大人びてきて、ぐっと惹きこまれます。ディカプリオと絡むシーンが多いのですが、全然負けていません。おかげで、ディカプリオの「おじさん度」が高まっていますが(?!)。

渡辺謙は、「何かをもっている」俳優です。これだけのハリウッド映画に出演できるのですから。その存在感はすごいです。高倉健さんや松田優作が簡単にはできなかったことを楽々とやってくれていて、日本人として嬉しくなります。

☆大好きなキリアン・マーフィが、映画を締めてくれています。父親の愛情を求める金持ちのナイーブな青年というのをきちんと演じていてたまりません。

☆モルの父親で、コブの恩師である大学教師として登場するマイケル・ケイン。ほんの少しの登場ですが、この重鎮が出ることで映画の品位がぐっと上がる気がします。クリストファー・ノーランの映画だから、出るのでしょうねえ、このひとも。

☆1億6000万ドルの製作費で、全米で2億9253万ドル、海外で5億3292万ドル、計8億2545万ドルの売り上げ。これだけ難解な映画をこれだけヒットさせる。すごいとしか言いようがありません。

レンタルBDの特典は、セルBDの本編ディスクに収録されているものと同じです。

  。廝促燹璽咫璽張◆
  ▲侫ーカス・ポイント (計44:11)
    映画「インセプション」を創造する
    日本の城:夢が崩れる時
    パリのカフェ崩壊
    無限階段を建てる
    貨物列車
    街中での銃撃戦
    傾くバー
    回転する廊下
    雪山の要塞
    無重力状態のシミュレーション
    虚無:夢世界の深層をデザインする
    要塞爆破
    夢の音楽
    夢の共有

,鉢△瞭睛討脇韻検,蓮↓△瞭睛討鯔槓圓粒催箇所で見せる形式を取っています。

△留覗はビスタ・サイズのHD画質(VC-1080p)で、音声は何とDTS−HD Master 5.1ch。しかも、英語字幕つき。内容も面白いし、これは優れた特典です。

セルBDには、次の内容の特典ディスクが付く模様です。

ビハインド・ストーリー:
 夢と滞在意識:最先端の研究
 「インセプション」序章
エクストラ:
 ハンス・ジマー:「インセプション」プレミアにて
 コンセプトアート・ギャラリー
 プロモーションアート・アーカイブ
予告編集&TVスポット集:
 予告編 1(特報)
 予告編 2
 予告編 3
TVスポット集(Characters、Back to Reality、Extractor、Point Man、Architect、Simple Idea、Change、The Dream Is Real、The Beginning、Real、Bullet、Wake Me Up、Ten Hours)

++++++++++

集中力を要求する映画ですが、一見の価値は十分にあります。真価を味わうためには、再生環境を整える必要がありますが、このBDの水準は相当に高いものです。オススメします!
| 外国映画(ア行) | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1060755
トラックバック